【ハイキュー】烏野高校の良きライバル・音駒高校のまとめ!メンバーやモデルとなった高校を大特集!

主人公が在籍する高校、烏野高校のライバル校として活躍している、音駒高校に関して、ご紹介していきます。

現在、春高ではカラス対ネコの真っ最中です。

白熱した試合が続いています。

烏野高校の永遠のライバル校である音駒高校についてメンバーやモデルとなった高校などを紹介します。

良かったらご覧ください!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】音駒高校のレギュラーメンバーは?どんなキャラクターがいる?

音駒高校は、東京にある都立高校であり、通称「ネコ」という風に呼ばれています。

では、音駒バレー部のレギュラー部員を紹介していきます。

まず、孤爪研磨です。

ポジションはセッターです。

彼は音駒の主将である黒尾に、音駒の「背骨」で「脳」で「心臓」と言われており、チーム内でとても重要視されています。 

そんな彼自身はバレーが好きというわけではないようですが、「友達が困るから」という理由で続けているようです。 

鋭い観察眼を持ち、相手がどのように動く等を予測し、対処法を考えるのが得意なゲームメイカー的存在です。

しかし、実力があるにも関わらず、本人は「強いのは俺じゃなくて、皆だから」と謙遜するような性格の持ち主です。

次に、黒尾鉄朗です。

ポジションはミドルブロッカーです。

主将であり、周りからは「クロ」という愛称で呼ばれています。

音駒はレシーブに特化した熟練チームであり、これを率いている実力者です。

 無表情かと思えば、怪しげな薄い笑みを携えていたりと少々つかみどころがないキャラで、試合前に「俺達は血液だ」から始まる鼓舞を言ったりしています。

バレーに対してはとても真面目で、冷静でいて策略家であり、頭脳プレー派です。

そのため、うまい具合に人を煽るのが得意なようです。

ミドルブロッカーでありながら、レシーブもキレがあり、そしてチームメイトを律することができ、主将としての責任感と信頼感を持ち合わせています。

次に、山本猛虎です。

2年生でポジションはウィングスパイカーです。

 特徴的なモヒカン頭でガラが悪く、感情が高ぶりやすく、人情に熱いです。

しかし気性の激しいところがあるため、後先を考えずによく他人に突っかかって3年たしなめられるということが多々あります。 

似たもの同士である田中と衝突していたが、最終的には潔子の美しさを通じて意気投合しました。 

気性は荒いが女性の前では緊張しまくりだったり話しかける勇気はないとか言ってのけたりと案外ウブな面もあります。 

次に、夜久衛輔です。

ポジションはリベロで、背番号は3番です。 

高い防御力が武器の音駒において、特にレシーブの精度を求められるリベロを務めています。 

烏野との練習試合の際には東峰や日向のアタックをとことん拾ったり、カバーやレシーブで大活躍しました。 

試合後には同じポジションの西谷に「リベロの座に居る実力」を評価され、西谷に感心させるほどの守備力の高さを烏野に見せつけました。

次は、灰羽リエーフです。

ポジションはミドルブロッカーです。

高校に入ってからバレーを始め、その恵まれた身長と元々の身体能力とセンスで音駒の戦力として活躍しています。

しかし初心者であることから、パスやレシーブ、サーブなどの基礎はまだ全然で、レシーブ力の高さが特徴である音駒の選手である以上、レシーブ力が要求されることから、通常練習の後に特訓を受けています。

 

他には、副主将でウィングスパイカーの海信行や、バックアタックを打つことが出来る、同じくウィングスパイカーの福永 招平、そしてリベロの芝山 優生がいます。

最後に、犬岡走です。

ポジションはミドルブロッカーの、1年生です。 

気取ったところがなくとても親しみやすい性格をしています。  

音駒バレー部員の中では一番俊敏な動きをすることが出来き、孤爪は彼を使って日向と影山の速攻攻略を試みたりしています。 

実際最終的に、日向を捕らえられるようになり、犬岡は同じ1年生としても、日向にとってのライバルとなりました。 

音駒高校バレー部の中で一番俊敏な動きが出来るとされています。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】音駒高校のチームの特徴は?強さはどれぐらい?

音駒高校には「天才」と呼べる選手はいませんが、高い守備力を有しており穴がないのが特徴です。 

烏養コーチ曰く「しなやか」ということです。 

烏野の全盛期である「小さな巨人」がいた頃も音駒には1度も勝てたことがなく、交流が途絶える前最後の試合でも負けていることが分かっています。

 

【ハイキュー】音駒高校と烏野高校とはどんな関係?かつてどんな交流があった?

音駒高校と烏野高校は、監督同士が昔からのライバル同士でした。

そのため、数年前までは交流があり、互いに遠征も行っていましたが、両監督が引退後は交流が途絶えてしまいました。 

この2チームで行われる練習試合は

「名勝負! 猫対烏! ゴミ捨て場の決戦!」

と近所の人に親しまれていたようです。 

現在は、烏野の烏養監督と音駒の猫又監督、共に全国で戦う約束をしていたが結局その約束は果たされることなく2人とも引退となってしまいましたが、猫又監督の復帰を折りに烏野の顧問である武田の計らいによって交流が復活しました。 

 

【ハイキュー】音駒高校と烏野高校の<ゴミ捨て場の決戦>の意味とは?

音駒高校の通称の「ネコ」と烏野高校の「烏」から、近所ではこの2チームの試合を「ゴミ捨て場の決戦」と呼んでいました。

ネコと烏がゴミ捨て場で対峙するところからきていると思われますが、ゴミ捨て場のイメージは良いものではありませんが、自分たちの縄張りを奪い合っているイメージが伝わります。

 

【ハイキュー】音駒高校のモデルとなった高校がある!?その高校とは

音駒高校のモデル高校は東亜学園と言われています。

ユニフォームも同じ色のため、モデルとされた確率が高いです。

たしかに似ています。

 

まとめ

烏野高校のライバル校である音駒高校について今回は紹介しました。

以前から交流があり、また守りの堅い音駒高校は烏野高校にとって切磋琢磨しあってきた大事な相手であることは間違いないでしょう。

天才型というより努力型な音駒高校との決着がつくのはいつになるのか、大変見物な試合になることであろうと思われます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください