ハンターハンター クロロのその後!ヒソカ、クロロのこと大好きじゃん。

ハンターハンターでも登場人物の中でも人気キャラのクロロ=ルシルフル、そんな彼の正体は、悪名高き盗賊集団「幻影旅団」の団長。

強さとカリスマ性を備えていることもあり仲間からの信頼が厚いけれど、その分厄介な相手からも目を付けられることも多く、作品中屈指の危険人物ヒソカからも執拗に狙われていますよね。

ヒソカとの対決は?クラピカとの因縁は?

まだまだ先の見えない展開と、今後いつ再登場するのかなど目が離せない状態です。

今回は、そんなクロロ=ルシルフルについてのお話を紹介していきます。

長らく作中に登場していなかったので、一度おさらいしてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クロロはクラピカに鎖を刺された後に、念能力を封じられた?

 

ヨークシンシティでの一件で、クロロはクラピカによって彼の念能力である「律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)」を心臓に刺され「念能力の使用禁止」「旅団員である仲間との接触禁止」の2つの条件を強いられました。

これを破れば即刻命を落とす為、この件でクロロは念能力を封じられることとなったのです。

「術の使用者であるクラピカを殺せば鎖は消えてクロロは助かるのでは?」という意見が旅団員の間でも出ましたが、クラピカはクロロを恨んでいる為「死後によって強まった念がクロロを殺してしまう恐れがある」という不安要素があったので残された旅団員はクラピカへの報復は見送ることにしました。

そして、クロロは念能力を封じられる前にネオンに占ってもらった結果に従って、自らの念能力の復活を目指して東へと除念師を探しにいくことにしたのです。

 

【ハンターハンター】クロロの除念はアベンガネにしてもらった?

アベンガネは、ゴンやキルア達と共にグリードアイランドをプレイしていた人物です。

アベンガネの念能力は除念、クロロが探していた除念師として条件は当て嵌まります。

そしてこのグリードアイランドは実はゲームといっても実際に現実世界で存在している島で行われていたのですが、この島はクロロが除念師を探しに目指した東の位置にあったのです。

クロロは東に向かって行くとグリードアイランドに辿り着いたので、除念師はグリードアイランドの中にいると確信しました。

このことからも、アベンガネがクロロが求めていた人物だと言えます。

 

【ハンターハンター】ヒソカも除念に協力した?

クロロはグリードアイランドに辿り着きはしましたが、グリードアイランドは念能力者で尚且つゲームソフトからでないとゲームの中に入れず、プレイ出来ない仕組みになっています。

現実世界から島へ侵入しようとしても排除されてしまい、クロロもそれは例外ではありませんでした。

そこでクロロはゲームソフトを入手し、実力のある念能力者に自分の代わりにグリードアイランドで除念師を探してもらうことにしたのです。

そして、除念師探しの依頼をした実力のある念能力者ことがヒソカです。

ヒソカは当初、幻影旅団に加入しているとされていましたが、それは偽りであったということが作中で明かされました。

クロロは、旅団員との接触をクラピカの念能力によって禁じられていたので当然旅団員を頼ることは出来ませんでした。

そこで、グリードアイランドに潜入しても実力劣りしない人物として旅団員ではないヒソカを選んだことは、概ね納得は出来ます。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ヒソカは除念協力の対価に、クロロとの戦闘を条件にした?

そもそもヒソカが偽ってまで旅団に加入していた理由は、クロロと戦いたいからという理由でした。

クロロは、ヒソカが旅団員と偽っていたということはヒソカ本人から明かされるまで知らなかった訳ですが、ヒソカが自分と戦いがっていることはずっと知っていたのです。

そしてヒソカは、念能力を使え万全な状態のクロロと戦うことを望んでいました。

クロロが念能力を使えなければいつまで経っても戦うことが出来ない為、除念には協力的な態度を取っています。

ですが、協力的な態度のヒソカも、勿論タダで依頼を了承した訳ではありません。

「念能力復活後、タイマンでの対決」を条件にヒソカは依頼を了承しました。

 

【ハンターハンター】アベンガネはとても優秀な除念師ではあるが、クロロの除念はできなかった?

グリードアイランドに潜入したヒソカは、同じくグリードアイランドをプレイしていた旅団員に遭遇します。

元々ヒソカと旅団員の関係は良いものではなく、一触即発になり兼ねない状況となりましたがヒソカはクロロから除念師を探す依頼を受けたことを明かします。

団長であるクロロの除念は旅団員も望んでいたことなので、一時休戦という形でその場は治まりました。

そしてヒソカはアベンガネに接触しクロロの除念を膨大な報酬と引き換えに依頼し、アベンガネはこれを了承します。

現実世界に赴き、クロロの除念をすることとなったのです。

 

【ハンターハンター】アベンガネによって除念はされたが、強力な念獣がクロロにはついていた?

アベンガネは具現化系能力者で、念能力を喰らうことが出来る念獣を儀式によって具現化し呼び出すことが出来ます。

この念獣を使って除念を行うのですが、念獣は対象となる念能力次第で姿や形が変わり、また強力であればあるほど大きくなるという決まりがあります。

クラピカは一族を滅亡させた幻影旅団を相当恨んでいるので、クロロに対する念能力は強力であったと考えられます。

このことから、クロロを除念する際に現れた念獣は大きな念獣であったと推測出来ます。

そして、もう1つアベンガネの除念には決まりがあり、念獣で除念は出来るがかけられた念能力の解除条件を満たす、あるいは念能力の使用者が死亡するかでないと念獣は消えず、アベンガネに付きまとうというものです。

「除念して貰ったクロロに念獣がつくのでは?」とも考えられますが、具現化系能力者が具現化したものは使用者の手元から離れると具現化が出来なくなってしまうという根本的な念能力の決まりがあるので、この場合は念獣を具現化し除念したアベンガネに念獣がつくという解釈が無難でしょう。

 

まとめ

クロロの念能力を封じられてからのお話を紹介しましたが、どうやらクロロを語るにはヒソカが必ずと言っていい程登場しますね。

作品を読んでいても分かるように、戦闘狂であるヒソカはクロロと戦いたくて仕方がないので自分の為とはいえ場合によっては喜んで協力していることが分かります。

そしてクロロの除念は成功し、念能力が復活していると考えて良いでしょう。

クロロ対ヒソカ、今後どうなるのかますます本編が見逃せませんね。

休載も続きがちなハンターハンターですが、その分連載が再開されれば喜びは倍増されそうです。

みんなで楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.