ワンパンマンのスイリューの強さの秘密は!?ジェノスとどっちが強い?

イケメン格闘家のスイリュー!

ただの一般人ながらS級ヒーロー並みの強さを持つ彼の秘密を徹底分析!

同じくS級ランクのイケメンヒーローであるジェノスと比べて、どっちが強いか比較してみましょう!

 

スポンサーリンク

スイリューとは?

冥躰拳(めいていけん)という拳法の使い手であるスイリューは、一般人でありながらも、あまりに強すぎる青年です。

イケメンでモテモテの彼は、女の子好きな面もありますが、サイタマと同じで強すぎる故の退屈感を感じ、刺激と賞金を求めてスーパーファイトに出ています。

考え方はポジティブですが、今まで恵まれていた為に、どこか人生をなめているような性格の持ち主です。

 

スイリューはスーパーファイトで4連覇を果たしたレジェンド!

スーパーファイトとは、大規模で行われるワンデートーナメントの異種格闘技イベントで、いろんな分野の格闘家が参加します。

今回で22回目になるこの大会ですが、過去には怪人ガロウも覆面姿で出場し優勝していました。

その大会でスイリューは、過去に4連覇をしたほどの実力者なのです!

 

スイリューは冥躰拳を使いこなし、S級ヒーロークラス!

スーパーファイトの決勝戦でサイタマと戦うまでは、冥躰拳も使わずに全て一撃で勝ち進んで来たスイリュー!

A級ランクのヒーローですら一撃で倒してしまうほど実力がある彼は、予選のメンバーの中でもサイタマ以外は眼中になかった所を見ると、相手の力を見極める目も確かなようです。

スイリューに限らずS級ヒーローやサイタマもそうですが、本気で戦う機会が無いというのが、既にその人の強さを物語っているのでしょう。

 

冥躰拳について

冥躰空龍拳 (めいていくうりゅうけん)

超高速回転しながら連撃を繰り出す事で、床に落ちないままの体勢で、空中で竜巻のように打撃を食らわせる技です!

 

スポンサーリンク

冥躰震虎拳 (めいていしんこけん)

闘技台が割れるほどの威力で、地面に足を打ち込みながら繰り出す打撃技です!

強く踏み込む事で打撃の威力が増すこの技は、特殊な歩法を使いながら前進して、相手の体に叩き込みます!

 

冥躰鳳昇拳(めいていほうしょうけん)

これは怪人化したチョゼと戦った時に使用した技で、冥躰震虎拳からの連続コンボで繰り出しました!

コークスクリューブローのように拳を回転させて放つ事で、対象物を抉りながら破壊します!

 

スイリューは遊び人で人生が楽しいことをモットーとしている!

賞金目当てでスーパーファイトに出場しているスイリューは、サイタマと同じで強すぎる故に退屈で物足りなくなってしまうので、腕試しが出来るような強い奴との出会いを求めているようです。

強すぎるスイリューにとってのスーパーファイトは、人生を楽しく過ごす為にお金と強者を求められる、退屈しのぎの場でしかないのでしょう。

 

スイリューは、いつからヒーローを目指すようになったの?

スーパーファイトの決勝戦後、怪人になったゴウケツとバクザンにボロボロにされたスイリューは、勝てない相手にも立ち向かっていくヒーローの姿や、圧倒的な強さのサイタマを見て、ヒーローになりたいと思ったようです。

(案の定、サイタマへの弟子入りは断られてしまいましたが……)

 

スイリューとジェノスはどっちが強いのか!?

スーパーファイトで4連覇をしているレジェンドのスイリューは、いくら強かったとはいえ4連覇後の3年間は何もしていませんでした。

それに比べてサイタマの弟子でS級ヒーローでもあるジェノスは、怪人や強者との戦闘経験を積み、日に日に強くなっています。

武装パーツのバージョンアップで強くなれる事もありますが、故郷の仇である謎のサイボーグを倒す為に、強くならなければならないという強い意思を持っています。

実際に手合わせしているシーンも見てみたいですが、メンタルの差でジェノスが勝つんではないかと私は思います。

ワンパンマンという漫画はメンタル面は関係なく、力でねじ伏せてしまう場合が多いので、もしかしたら意外とあっさりスイリューが勝ってしまうかも知れませんが、イケメン対決では引き分けという事にしておきましょう。

 

まとめ

強さと格好良さを兼ね備えたスイリューは、凄く魅力のあるキャラクターです。

女の子好きの面がどう評価されるか分かりませんが、作中ではかなり人気のあるキャラクターだと思います。

今時の若者のような価値観を持ちながらも、どこか人間臭さを持っている彼は、22回目のスーパーファイトでバクザンやサイタマと戦った事により、今までの人生観を改めるきっかけになったのではないでしょうか。

とにかく強く、今まで負けた事がなかった彼の冥躰拳は、通常の相手に対しては圧倒的な破壊力を持ちますが、力の差がある相手には全く通用しない事を知り、もっと大事な事に気付いたようです。

初めての敗北によりヒーローになる事を志した彼が、今後どういった形で成長して現れるのか、期待しながら見届けましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.