【ワンピース】新世界を牛耳る四皇!!頂上戦争後のメンバーとその強さとは!?

スポンサーリンク

今回は物語後半の海、「新世界」において重要な存在である四皇について考察していきたいと思います。

まだまだ謎も多い四皇ですが、いまや物語にとって欠かせない存在になっていますね。

それでは、四皇をひとりひとり紐解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】海軍すら手を出せない存在

四皇という存在がワンピースの中で初めて明らかになったのは、エニエスロビー編がひと段落ついたころにルフィの元を訪れたガープによって語られましたときです。

グランドライン後半の海、「新世界」において長く皇帝のように君臨し続ける四人の海賊、それが四皇です。

いずれもが幾数もの拠点や傘下を抱えており、その戦いの様はまさに「戦争」と呼ぶにふさわしい規模の物です。

海軍本部、王武七武界、そして四皇がグランドラインの三大勢力と呼ばれ、新世界で海賊は、「四皇に従うか、抵抗し続けるか」とも言われています。

新世界を支配する四皇たちの勢力はすさまじく、この三大勢力のパワーバランスの乱れは世界を混乱に招きかねないために、海軍本部でさえ四皇には迂闊に手を出せないという状況が長期に渡って続いている現状です。

 

【ワンピース】白ひげ海賊団 エドワード・ニューゲート

四皇のひとりであり、ゴール・D・ロジャー亡きいま「世界最強の男」と謳われる海賊、それが白ひげことエドワード・ニューゲートです。

ロジャーの生前は酒を酌み交わす仲でもあったのですが、ロジャーとは違いラフテルにも海賊王という地位にも全くといっていいほど興味を示していませんでした。

そんな白ひげが唯一求めたもの、それは家族です。

若い頃から家族がいなかったと思われる描写もあり、白ひげは自らの海賊船のクルーたちのことを「息子」と呼んで愛していました。

「人間みんな海から生まれた子」という考えを持っており、宿敵であったはずのロジャーの実の息子のエースに対しても愛情を持って接し、エースもまた白ひげを親父と慕っていました。

能力は「グラグラ」の実による地震人間。

大気にひびを入れたり、マリンフォード全体をひっくり返すなどの荒技で、海軍本部たちも混乱に陥らせるほどの力です。

 

余談ではありますが白ひげ海賊団一番隊隊長のマルコが語っていたように、白ひげはケチな面があったり酒の差し入れをもらうことを好んでいたのですが、それは節約したお金で救われない国や街の力になるためでした。

また、白ひげの縄張りには他の海賊たちも簡単に入っていけなかったので、差別を受けていた魚人島や、兵力に乏しく海賊に怯える国からも感謝されており、海賊団のメンバーのみならず白ひげという男は沢山の人に愛されたのでした。

 

【ワンピース】頂上戦争での白ひげVS黒ひげ

持病の悪化と海軍の巧みな戦略によってギリギリまで追い詰められた白ひげは、エースと海賊団を自らを犠牲にして逃走するよう指示を出します。

そんな満身創痍の白ひげの元に、かつてのクルーであった黒ひげこと、マーシャル・D・ティーチが現れます。

白ひげ海賊団の絶対の掟である「仲間殺し」を行った黒ひげに対して怒りを爆発させた白ひげは、黒ひげを圧倒、死の寸前まで追い込みます。

しかし、インペルダウンの狂人とも呼べるメンバーを引き連れてきていた黒ひげは形勢逆転。

白ひげは刃物やピストルで全身をボロボロにされてしまい亡くなってしまいます。

それでも白ひげの背中には、相手に背を向けたものに付く「逃げ傷」は一切ありませんでした。

その後黒ひげは白ひげをマントの様なもので覆い、自らもその中に入り込みます。

一体何を行っているのかと息を飲んで見つめる海軍の目にしたものは、グラグラの実の能力を手にした黒ひげでした。

悪魔の実の能力者はひとつの能力しか持てないのになぜ・・・。

謎は深まるばかりですが、今後のワンピースの展開がまた楽しみになりましたね。

 

【ワンピース】現在の四皇メンバー

白ひげ亡き今の四皇のメンバーは、「赤髪のシャンクス」、ビックマムこと「シャーロット・リンリン」、「百獣のカイドウ」、そして白ひげのかつてのクルーたちと壮大な戦争を繰り広げ勝利した黒ひげが現在の四皇です。

 

【ワンピース】黒ひげ海賊団 マーシャル・D・ティーチ

ワンピースにおいて、黒ひげほど謎の多い海賊も珍しいかもしれません。

エースやマルコの口にする、「あいつは人間としての構造が人と違っている。」というフレーズは何を意味しているのでしょうか。

巷でよく語られているのは、「黒ひげ=ケルベロス説」

これは海賊旗がケルベロスのようなマークをしていることに加え、ケルベロスには頭が三つありそれぞれが交代で眠っているために黒ひげは人の倍の人生を生きているということでしょうか。

また黒ひげは登場するシーンによって歯並びや歯の欠け具合が異なっているという点も、黒ひげが三つの人格を持っているという裏付けかもしれません。

最後に、コミックスのSBSのコーナーで「七武界の子供の頃を書いて」といったリクエストで尾田先生によって描かれた黒ひげは、夜に空を見ながら涙を流していました。

これは「頭(人格)が三つあるから眠れない黒ひげが存在する=みんなが眠っているのに黒ひげは寂しい思いをしている」のではないかという考察もあります。

24億ベリーを超える超新星の今後の大暴れは、海だけでなく世界全体を揺るがしていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】赤髪海賊団 シャンクス

ルフィが海賊に憧れた切っ掛けとなり、命の恩人でもあるシャンクス。

彼はロジャーの公開処刑から独立して自らの海賊団を結成し、早々と四皇の地位に登りつめます。

ルフィを救う際に片腕を失うまでは、七武界のミホークともしのぎを削り合ったともいわれています。

海賊として相当に強いことは明らかなのですが、シャンクスは何かと謎の多い人物でもあります。

その一例は、なぜあれほどの海賊が一年間もイーストブルーを拠点にしていたのかなどです。

ゴムゴムの実を探しに来ていた、ポーネグリフを探しに来ていたなど諸説ありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

賞金額は不明ですが、ルフィの懸賞金が15億ベリーに達したときに「もうすぐ会えそうだな」という意味深な言葉を残していたため、それに近い額なのかもしれませんね。

 

【ワンピース】ビッグマム海賊団 シャーロット・リンリン

ホールケーキアイランドを支配する、大食いの巨人、ビックマム。

夫43人、息子46人、娘39人、計129人という大所帯の一家です。

何よりも甘いものが大好きで、食べたいものが食べられないと食いわずらいが発動する始末。

夢は差別のない国を作ることとされていますが、これは幼い頃に育てられたマザー・カルメルからの影響が多いのでしょうか。

戦闘能力は相当に高く、ルフィとサンジ、カポネ・ベッジやジェルマ99などが束になってもあらゆるものを蹴散らしていくほどの破壊力を持ちます。

能力はホルホルの実の使い手で、対象の相手からソウル(寿命)を奪い取ることが出来、国民や敵は自分の寿命を抜かれてしまわないかと不安におびえています。

また、雷のゼウス、太陽のプロメテウスなども自在に操り、ホールケーキアイランド編では誰もビックマムに手が出ませんでした。

 

ちなみにカイドウとは過去に縁があったらしく、現在「ワの国」にいるルフィたちを追いまわしていることから、再びどのようにストーリーに絡んでくるのかが見ものですね。

 

【ワンピース】百獣海賊団 カイドウ

ドフラミンゴの販売していた人工悪魔の実、「SMILE」を使い、大量の能力者を所持する船長。

かつては敵船につかまったり海軍に処刑されたり、最近では空島からの飛び降り自殺を図ったりとするのですが、なぜか彼のことを殺せた者は誰一人としていないのです。

これはオペオペの実による不老不死手術の影響か、それとも旧友のビックマムによるソウルの力で寿命を延ばされたという説が有力です。

現在はまだまだ情報の少ないカイドウですが、ルフィとユースタス・キャプテン・キッドを一瞬で叩きつぶしたシーンからも、その尋常ではない強さをうかがわせます。

果たして麦わら&ローはカイドウを倒すことが出来るのでしょうか・・・

ビックマムもワの国に乗り込んできた場合、ワの国は一体どうなってしまうのでしょうか。

 

【ワンピース】ルフィが5番目の皇帝?

現時点では黒ひげの次に懸賞金が高いのがルフィだと推測されます。

実力的にもシャンクスのセリフからも、海軍からの注目度からなども踏まえて、ルフィは5番目の皇帝と呼ぶにふさわしいかもしれませんね。

果たしてルフィはどの皇帝を最初に倒すのでしょうか。

 

四皇のまとめ

白ひげと海軍の頂上戦争によって海の均衡が崩れてから二年間の間にルフィたちは見違える成長を遂げました。

しかし、今のままではルフィひとりで四皇を倒すのは難しいと思います。

けれどローやサボなどの頼もしい仲間もいるわけだし、何よりまだまだ発展途上のルフィですから、力を合わせて四皇のトップに立ち海賊王になる日をいつの日か見てみたいですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください