【ワンピース】麦わら海賊団の仲間!アラバスタ王国の王女ビビの再登場はいつ?

スポンサーリンク

ワンピースの大切なキーワード、「仲間」を更に強く印象付けたアラバスタ編。

あの時のクルー全員が×印を掲げたシーンに感動した人も多いのではないでしょうか。

クロコダイルと戦い、大きな陰謀に立ち向かった仲間の中にビビはいました。

初登場の時とは随分印象の変わったビビ。

作中でその姿が見られなくなった今も変わらず人気があります。

魚人島編からずっと噂されている世界会議編でのビビの登場。

果たして、あれからビビはどんな成長を遂げているのでしょうか!

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ビビの情報をおさらい!どんなキャラクター?

ネフェルタリ・ビビはサンディ島アラバスタ王国の現国王、ネフェルタリ・コブラの娘です。

2月2日生まれ、初登場時には18歳で、悪魔の実は口にしておらず孔雀の羽を模した武器を使って戦います。

 

バロックワークス在籍時のコードネームは「Ms.ウエンズデー」を名乗っていました。

アラバスタに戻るまでは髪型をポニーテールにしていましたが、王国に戻ってからは髪は降ろしているようです。

元反乱軍のメンバーとは幼馴染で、特にリーダーのコーザとはお互いを信頼しあっていました。

バロックワークスとして出会った頃の性格は、本来のビビとは違う様子なので必死に本当の姿を隠していたのだと思われます。

責任感が強く、上に立つものとしての心構えを幼い頃から父を見て学び、その国を思い振舞う姿はドラム王国のドルトンも感心していました。

 

【ワンピース】ビビの初登場から別れまで!アラバスタ編エピソードをおさらい

アラバスタ王国内では、降らない雨を巡って反乱軍と国王側が対立していました。

近隣に降るはずの雨を奪い、局所的に雨を降らせるダンスパウダーという粉を国王軍が運んでいたのを市民が目撃した事が始まりです。

緊張が高まっていく中、王女であるビビはアラバスタ王国でヒーローとして人気のあるクロコダイルが実はアラバスタ王国を乗っ取ろうと画策していた事に気付きました。

クロコダイルはアラバスタでヒーローとされ、国民に高い人気がありましたが、実はバロックワークスという犯罪結社のボスだったのです。

ビビはイガラムとカルーと共にバロックワークスに潜入し、「Mr. 9」とペアを組んでラブーンを食料にしようと襲撃したところでルフィ達と出会います。

ビビの事情を知ったルフィ達は一緒にアラバスタに行き、ビビを助ける事にしました。

反乱軍と国王軍はクロコダイルにより、激突寸前でしたが、国を一番に思うアラバスタの王コブラによりなんとか膠着状態を保っていました。

反乱軍も国を思うが故に戦おうとしているのが分かり、なんとか戦闘になるのを避けたいビビ。

ビビ達の動きを察したクロコダイルは刺客を送り込み、ルフィ達はそれぞれ戦闘になります。

それぞれが戦いに勝利しましたが、国王軍と反乱軍の戦闘が止められない勢いにまで膨れ上がった時に国民が待ち望んでいた雨が降ります。

その雨が降った事で、ビビの声は届き全員が武器を捨て、クロコダイルの陰謀は麦わらの一味全員が勝利した事で破られました。

その後、海軍がアラバスタに麦わらの一味を捕まえる為にやってきた時にビビは船に乗って一緒に冒険を続けるのか、国の王女に戻るのか2択を迫られます。

ビビは国の為に残る事を選びましたが、離れていても仲間だという事を示して麦わらの一味は冒険を続けて今に至ります。

 

【ワンピース】二年前に別れたビビが再登場する予定はある?

実はビビは既に本誌で再登場しました。

ビッグマム編が終了した後に本誌は世界会議編からワノ国編に続きましたが、世界会議編で各国の王が集まります。

その際に、アラバスタ国の女王として世界会議に参加するビビの姿が登場しました。

そして、その席には今までの冒険でルフィ達によって救われた他の国々の面々や、共闘したメンバーも見られます。

ビビは相変わらず、自由なお姫様で見張り台に立って風を感じているのを家臣達が必死になっている姿も登場しました。

麦わらの一味として一緒に航海していた事を今でも勿論忘れていないようです。

今までも色々な予想が立てられていた世界会議編。

単行本に収録されるのはもう少し先ですが、今までの冒険で登場してきた国々の登場人物達がみんな笑顔でルフィ達について話すシーンは思わずこちらまで嬉しくなります!

 

スポンサーリンク

【ワンピース】二年後のビビはどうなった?画像はある?

2年後の姿も勿論登場しました!大きくは変わっていないようです。

気持ち少し大人になったような気もしますが、性格は変わっておらず相変わらずのビビです。

自由奔放な面もありますが、周りを不快にさせるものではなく、幼い頃から国を思った立ち振る舞いができる賢さがあります。

世界会議編で他の王達とどんな会話をするのかも楽しみです。

国の代表として、父である国王ネフェルタリ・コブラと共に世界会議に参加していました。

 

【ワンピース】ビビが天竜人?気になる噂の真相は

天竜人については徐々に明らかになってきています。

元・天竜人の王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴが登場した事で様々な事が判明してきました。

まず、天竜人は元々は800年前に「巨大な王国」と戦った20の国のそれぞれの王の子孫です。

20人の王達は「巨大な王国」と戦った後に1つの組織を作りあげました。

それが今現在登場してくる、世界政府の始まりだそうです。

そしてその内の19人の王達はそれぞれの家族を引き連れてマリージョアに住むことになり、その末裔たちが現在の天竜人と呼ばれる存在になりました。

この王達の中で唯一、マリージョアに住むことを拒否して国に残ったのがビビの先祖であるネフェルタリ家の王です。

ビビや国王コブラの国や国民に対する考え方を見ると、先祖代々が大切にしてきたものを守っているような気がします。

恐らく、ネフェルタリ家は国民と寄り添い、国に対する責任を持つ為にアラバスタに残ったと予想しました。

天竜人である、とは言えませんが元々天竜人になれる地位があったのにそれを捨てたのがネフェルタリ家、ビビのご先祖様達です。

 

まとめ

革命軍の活発な活動に、各国の内情に大きく関わる事件に関わってきた麦わらの一味。

世界会議編でも大きく議題に上っている事だと思います。

船は降りましたが、ビビがあそこで船を降りたのは伏線になっているのは間違いないので、世界会議編だけではなく今後も登場する事が予想されています。

実は仲間であるビビがそこにどう関わってくるのか?

麦わらの一味でもあるビビが各国に及ぼす影響はどうなのか?

これからの展開も楽しみですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください