最新ネタバレ『ハイキュー!!』304話!まさかの大逆転!利用されたプライド!!

烏野の猛攻によって窮地に追いやられた音駒メンバー。 

会場の誰しもが烏野の1セット獲得を考えました。

攻撃力に優れ、コート内も烏野の雰囲気だと思われていたのですが、その中で孤爪はじっと好機を待っていたのです。

空中戦を制したかのような烏野に爪を掛けるチャンスはあるのでしょうか。 

1セット目のセットポイントとなった烏野が逃げ切るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!304話!のネタバレ

押せ押せムードの烏野を音駒もタダでは逃がしません。 

首相・黒尾のスパイクで食らいつきます。 

どちらが先に点を取るのか…

まさに点取り合戦と言えるでしょう。

両チーム1点も逃せません。

 誰がとってもおかしくない、この状況でセット目を制したのは…。

 

どうしても欲しい1セット!烏野の猛攻撃!!

音駒との初めての試合から、どうしても取れなかった1セット目。

 何回戦おうと、少しの点差で勝利を掴みそこなっていた烏野メンバーは、このセットの重みを全員が感じていました。

自分が決める! 

そうスパイカー全員が強く願ったシンクロ攻撃が始まります。 

全員の心がひとつになって1点を欲しがるからこそ、その攻撃力も増していきます。

どうしても欲しくてたまらない1セット目への執着…。 

1セット目なのに、ゴミ捨て場の戦いもヒートアップしていますね。

 読んでいて思わず力が入ってしまいました。

月島の高い位置からのスパイク!

 東峰のとんでもない想い一発!!

 次から次に繰り出されるスパイクには、一発一発に力がこもります。

 

スポンサーリンク

戦略の立て方!孤爪が魅せた軽やかな点取り方法!!

押せ押せムードで攻撃を繰り出してくる烏野に対し、チャンスを伺っていた孤爪! 

東峰の想い一発をリベロの夜久が上げるとネット際、孤爪が飛びます!

ところが待ち構えていたのは、月島と東峰のブロックでした。 

まるで壁のように待ち構えるブロッカーでしたが、孤爪は焦るところか冷静に判断したのです。

なんとオーバーネットを取られてしまった烏野!!

 オーバーネットとは相手コートにあるボールに触れる反則の事で、スパイクをブロックするつもりが、反則を誘われてしまったのです。

バレー選手でなければ、何が起きたのか分からないかも知れませんね。

 打ってくると思わせた孤爪のファインプレーと言えるのではないでしょうか。 

クールに見えて熱いですね~!!

月島の嫌そうな顔に思わず笑ってしまいました。

そんな烏野メンバーの心底、嫌そうな顔に見向きもせず、得意技を見つけた孤爪!

 成長しているのは烏野メンバーだけではありません。

 

あと1点!譲れない1点の重みは両校同じ想いでした。

派手な攻撃性で押せ押せムードだった烏野に紛れて、音駒は気づけば連続得点を獲っていたのです。

 烏野のような派手さはないけれど、確実に着実に勝利への道を切り開く音駒!

 勝利を欲しているのは、烏野だけではないという事ですよね。

リードされた音駒を追って追いかける烏野! 

怒涛のシンクロ攻撃で攻撃の手を休めません。 

もちろん音駒も粘り強く対応していて、繋いで繋いでなかなか一本を決める事ができません。

粘り強く受け続ける音駒!

 一貫して攻撃の姿勢を崩さない烏野!

音駒は防戦一方のように思えました。 

怒涛の攻撃で音駒を翻弄しているかのように感じたそのボールは黒尾から弧爪へ、ラストボールを烏野コートに返します!

それを見ていた全員が“チャンスボール”と思ったその時!

 弧爪は本当のチャンスを見つけていました。

烏野はアタッカー全員が助走距離をとり、次の一発に備えて動きだします。 

その隙を孤爪は見逃さなかったのです。

ボールは誰にも拾われる事なく、烏野コートに吸い込まれていきました。

 何という事でしょう…!!

弧爪に不敵な笑みが浮かび、次の瞬間、歓声があがりました。

 烏野メンバーがお見合い状態になり、誰もボールを拾わなかったのです。

 烏野のミス、のように思えたボールですが、実は孤爪の絶妙な罠だったのです。

スパイク体勢に入ったスパーカーたち、そしてトスを上げるためにネット際に動いた影山、しかもリベロである西谷の動きまできっちり読んで、ちょうどの場所に落とす…

なんて高度なボール運びでしょうか。

弧爪もまた、虎視眈々と1点を狙っていた一人だったのです。

 

『ハイキュー!!』ネタバレ301話のまとめ

攻撃性の高さが長所だったはずの烏野は、その長所をきっちり利用され、1セット目を取られてしまいました。

 もちろん、あんな高度な事、音駒の脳である孤爪だったから、できた事なのかも知れません。

澤村と田中は、自分が拾うべきボールだった、と膝をつきます。

 鵜飼監督ですら、言葉を失うほどの絶妙なボールだったのでしょう。

どれほど強い相手にも屈せず、攻撃をやめなかった烏野のそのプライドすら、孤爪にとっては狙い目だったようですね。

「烏野の皆 翔陽かしてきてるよね」 弧爪が意味深な言葉を残します。

 弧爪にとっては、狙うべきポイントなのかもしれません!

波乱続きの1セット目はが終り、更なる波乱の2セット目が幕をあける事でしょう。

 ますます目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.