最新ネタバレ『ハイキュー!!』305話Ver2!考察!日向VS孤爪?!やられてばかりではいられない!期待の第2セット開始!!

白熱する烏野VS音駒の試合は、激闘の末第、1セットを音駒が奪いました。

接戦を制したのは、音駒の脳と呼ばれる孤爪と言っても過言ではありません。

面倒な事が大嫌いで、これまで必要以上に動かなかった孤爪は、烏野との試合でその頭角をメキメキと現してきたのです。

 

そんな音駒との戦いを、烏野メンバーはどう凌いでいくのでしょうか。

今回も目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!305話!のネタバレ

注目の第2セット目が始まります。

1セット目を先取しても微塵も油断しない音駒を相手に、烏野メンバーは気合いを入れ直して試合に向かいます。

音駒の孤爪は昔から“楽しいゲームの終わり”ほど悲しむタイプの男の子でした。

「ゲームオーバーよりゲームクリアの方が悲しい」

弧爪の根底はまさにその言葉、そのものなのでしょう。

日向のレシーブを褒めつつ、難しい事ほど出来るようになると興味が湧く、と言う孤爪。

きっと日向への言葉だけでなく、自分自身が1セット目で覚えた得意な分野に興味を持ったのではないでしょうか。

 

進化する日向、日に日に強くなる烏野との試合は、孤爪の攻略魂に火をつけてしまったのでしょうね。

もちろん凄まじい勢いで成長する孤爪に負けてばかりの日向ではありません。

試合の中でさらに開花する強さに注目です!

 

狙われる日向!変人速攻は封印されてしまうのか?!

2セット目までのタイム時間、音駒メンバーがサーブの時に日向を狙ってきたことを確認していました。

以前、菅原が尾白アランに膝をつかせる事で攻撃への対処を遅らせる、その対処法が日向にも向けられているのです。

日向がサーブレシーブする事で、これまでのように変人速攻が使えなくなる、という事を考えていたメンバーをよそに、当の本人は自分が狙われている事を喜んでいます。

さすが鋼の心臓ですね!

もちろん影山の鋭い突っ込みでばっさり切られてしまうのですが(笑)

その後も田中や澤村がその対処法を考えていきます。

結局、日向じゃなくても取れる時は、後ろのメンバーがレシーブする事で話は収まります。

もちろん黒尾の驚異的なサーブも1本で切らなければいけません。

 

その間に音駒サイドでも作戦が練られています。

チームカラーをしっかりと受け止め、その上でどんな作戦で行くか!

サーブで獲りつつ、孤爪は日向の獲得点を削れば良い、と発言します。

これまでとは違う孤爪のやる気に監督も嬉しそうですね。

強敵・音駒との2セット目…。

やらなければいけない事がたくさんある烏野メンバーはどんな試合を魅せてくれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

進化する日向!変人速攻はそんなに弱くないと証明して見せました!

日向を狙えるサーブの上手い選手を増やしてきた音駒は2セット目、第一球からきっちり日向を狙ってきます。

作戦通り、ネットぎりぎりで日向にしか取れない位置に落ちるサーブは誰の目にも日向の速攻を防いできたように見えました。

けれども、日向も成長しています。

田中が打つためにレフトに回り込み、澤村は後衛にいる、と瞬時に判断し、レシーブをあげた直後にライトに走りこみます。

そのまま影山のパスを受け、ブロードを成功させてしまうのです。

瞬発力のある日向ならではの作戦ですね。

これには観客も敵も味方も驚くしかありません。

予想もしなかった日向のブロードで見事、先制点を奪った日向の嬉しそうな笑顔も印象的ですね。

1セット目を取られた焦りなどは微塵も感じさせない、日向の先制点に歓声が上がった事でしょう。

鵜飼監督はその影山のトスを見て、わざわざ日向にボールを打たせた事を指摘します。

無理をしてでも、日向に打たせる事で変人速攻はまだまだ健在だ!と見せつけたのです。

影山もまた、ものすごい負けず嫌いですものね。

素直で率直な日向との相性の良さを、ここでも見る事ができて爽快です!

周りの驚き顔や黒尾の嫌そうな顔、日向の嬉しそうな顔をすべてスルーして、孤爪に目を向ける影山。

よっぽど孤爪をライバル視しているのでしょうね。

あの影山にここまでライバル視されるなんて、やっぱり孤爪もすごい選手だったと言えるでしょう。

影山のガンつけも無視して日向を見る孤爪(笑)

「面白いままでいてね」

日向ににっこりと笑いかける孤爪は、この試合を心の底から楽しんでいるのだと思います…けれども!!

顔が!

笑顔が非常に怖い!!(笑)

普段表情をほとんど出さない孤爪が笑うとちょっと怖いんですね…。

思わず日向も飛び下がったシーンに思わず笑ってしまいました。

 

『ハイキュー!!』ネタバレ305話のまとめ

一球毎に成長を続けるような、白熱した第2セット目が始まりました。

先制点は烏野の日向!

目も覚めるような攻撃に、少しは焦るかと思った孤爪は、日向の攻撃に満足そうに笑うのでした。

まだまだ終わらないこの戦いで、両チームはどれだけ成長するのでしょうか。

次回は誰が活躍するのか、目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください