最新ネタバレ『ワンパンマン』126話!考察!ハゲマントだからか?

前話でヒーロー狩りであるガロウに深手を負わせ、怪人協会の幹部である災害レベル竜のムカデ長老を倒したサイタマ達。

怪人協会と全面戦争という形になったヒーロー協会は、人質にとられたヒーロー協会の重役である、ナリンキの息子を助ける為にS級ヒーロー達を召集します。

まとまりの無いS級ヒーロー達が、同じ目的の為に協力し合って戦う事が出来るのか、126話を追ってみたいと思います!

 

スポンサーリンク

『ワンパンマン』126話!のネタバレ

それでは『ワンパンマン』126話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

S級ヒーロー召集!ヒーロー協会は本気で怪人協会と全面戦争!?

ヒーロー協会の幹部達が、前話での戦いを振り返る所から物語が始まります。

ムカデ長老を倒したとされているキングの強さを再確認し、バング達によってガロウに深手を負わせる事が出来た事は評価されましたが、息子のワガンマを誘拐されたナリンキは怒りが収まりません。

S級ヒーロー1位であるブラストを呼べという声も上がりますが、彼を命令で動かす事は難しいようでした。

ブラストは自由意志でしかヒーロー活動を行わず、目立った行動をする事も嫌う性格のようです。

ここにきて謎だらけだったブラストの素性が、やっと少し見え隠れして来ましたね。

その強さだけはヒーロー協会の幹部達も認めていて、目立った活動をしていなくてもS級1位を守り続けているのは、やはり本物の強さを持っているという事なのでしょう。

 

スポンサーリンク

S級ヒーローが続々と集結!

新たに登場したヒーロー協会のセキンガルと名乗る男が、今回の人質救出作戦の指揮を執る事になり、ナリンキの怒り一先ずを収めます。

S級ヒーロー11位の超合金クロビカリと10位の豚神、そして2位のタツマキを召集し、セキンガルは3人に現状を伝えます。

S級ヒーロー9位である駆動騎士が単独でゴーストタウンに潜入しましたたが、発信機からの信号が途絶えている事から、やられた可能性が高いと知らされます。

S級ヒーロー8位であるゾンビマンも単独でゴーストタウンに向かい、S級ヒーロー4位であるアトミック侍とその弟子達であるイアイアン、オカマイタチ、ブシドリルもヒーロー協会本部に駆け付けました。

A級1位のアマイマスクとS級17位のぷりぷりプリズナーも召集し、S級5位である童帝は師匠であるメタルナイトにも助けを求めながら、急いで怪人協会の本拠地を特定しようとしていました。

しかしメタルナイトは簡単には協力してくれず、怪人王オロチという存在するがいる事と、一人で正義を成す為の力を蓄えておけとアドバイスするだけでした。

 

地獄のフブキ、サイタマ宅を訪問するが……

フブキ組の緊急会議をする為に、何故かサイタマ宅を訪れたフブキですが、そこで見たのは異様な光景でした。

インターホンを鳴らすと誰だか分からない爺さんがドアを開け、部屋の中に入るサイタマとキングが呑気にゲームをしています。

バングとジェノスはボロボロになっていて、ゲームに夢中になっているサイタマはフブキに気付きもしませんでした。

一人、必死で緊急会議をしようするフブキですが、サイタマとのあまりの温度差に困惑し、状況を整理するのに精一杯のようです。

この二人は相性が良いのか悪いのか、いつもテンションの温度差が違うので、会話がちぐはぐですね。

フブキは真面目過ぎるせいか、いつも力の抜けているサイタマが不思議でしょうがないのでしょう。

何故かS級上位のヒーロー達とも仲が良く、知らぬ内に強者から信頼されているサイタマが、もしかしたら羨ましいのかも知れませんね。

 

サイタマ、ガロウをぶん殴りに行く!

ムカデ長老と戦っていた現場に、実はヒーロー狩りのガロウも居た事を後で知ったサイタマは、自分を狩りに来ない事が許せないとガロウをぶん殴りに行きます。

ヒーローネームがハゲマントだから相手にされなかったと思っているサイタマは、居場所も分からないガロウを探しに家を出て行ってしまいます。

ついでに白菜も買って来ると言い残した所を見ると、白菜を買いに行くついでにガロウをぶん殴り行こうと思っているようにも見える所が、実にサイタマらしい行動でした。

 

『ワンパンマン』ネタバレ126話のまとめ

最後はナリンキが怪人協会を討伐する為に、独自で編成したナリンキ私設部隊を送り込む所で話が終わります。

特注のバトルスーツを着た七人の精鋭達は、怪人協会相手にどこまでやれるのか!?

やられキャラ丸出しの存在ですが、一応展開を期待しましょう。

126話はバトルシーンもなく、一度落ち着いて話を整理する回になりました。

ヒーロー同士の人間関係や、各々の思惑を少しずつ見せて話に深みを持たせる感じが見えます。

ゾンビマンの登場やメタルナイトと童帝のやりとりなど、伏線を張っている所も今後の展開が気になりますね。

個人的にはタツマキやアマイマスクが大暴れする所がもっと見たいですが、まだちゃんと戦っていないキャラクターも多いので、全面戦争が始まってからが面白くなりそうですね。

今回はバトルシーンが無かったので、次回は大ゴマを使ったサイタマのハゲしいバトルシーンに期待したいですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.