最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア』185話!現役ヒーローの強い想い!ヒーローという存在は!!

“ヒーロービルボードチャートJP”
年に2回行われるヒーローの番付大会であり、1年間の活動、事件解決数、社会貢献度、国民からの支持率を元にヒーロー公安委員会がランキング形式で発表します。
上位にランクインしたヒーローほど、国民からの期待が大きく認知度も高いのです。

ヒーロービルボードチャートJP

1位:エンデヴァー
2位:ホークス
3位:ベストジーニスト
4位:エッジショット
5位:ミルコ
6位:クラスト
7位:シンリンカムイ
8位:ウォッシュ
9位:ヨロイムシャ
10位:リューキュウ

この10名がランクインしたのですが、今回はそんな現役ヒーロー達がそれぞれの想いを伝えます。

オールマイトが引退した今、現役ヒーロー達はどんな想いで、戦うのでしょうか。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』185話!のネタバレ

現役ヒーロー達がそれぞれのヒーローとしての役割を果たそうとしている中で、最年少22歳のホークスは取り繕わない自分自身の言葉で他のヒーロー達をあおっていきます。

それは真面目でお利口な発言ばかりが並ぶ中で、異端のように思われました。
しかし、会場で見ていた観客たちは納得せざるを得ない言葉だったのです。

いったいどんな気持ちでその言葉を言い放ち、1位のエンデヴァーを挑発したのでしょうか。
若いという事はそれだけで、どんな場所でも強気に見えるものですね。
そんな若い力にエンデヴァーはどう返すのか…。

ベテランエンデヴァーの迫力も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

ランキング10位に入ったヒーロー達。それぞれの想いは熱い!!

オールマイトの引退からヒーローの象徴とも言える存在感は無くなったように思われていました。
ヒーロー公安委員会が“ヒーローはオールマイトだけではない”という事を示すために開催したヒーロービルボードチャートJP!

一人一人のコメントが始まります。
リューキュウは救えたはずの命を救えなかった事に対し、辞退したかった…と伝えます。
そんなリューキュウに6位のクラストが熱く理解を示すのでした。

クラストは熱さや勢いがちょっとオールマイトに似ていますね(笑)
やるべきことは変わらない、とヨロイムシャ。
ウォッシュは“ワッシャ”としか言わないのでしょうか(笑)

シンリンカムイもヒーローらしい働きを想い、クラストはいつも熱いまま!
悪い事を考えている相手をぶっ飛ばす宣言をしたミルコ。
名声の為に活動しているのではなく、数字も執着していない事を伝えるエッジショット。

それぞれがヒーローとしてあるべき姿を、言葉にする中…。
つまらなそうに聞いていたホークスがついに口を開いたのです。

 

最年少の若きヒーロー!ベテランヒーローVSホークス!!

総合的なランキングではなく、支持率の重要さを話し出すホークス。
ヒーローの象徴だったオールマイトが引退した事を引き合いにだし、今まで通りで良いのか?と問い掛けるのです。

支持率だけならばエンデヴァーは4位!
休止中のベストジーニストが1位を取っている状況で、ヒーローの世界を変える節目となる日に、もっともらしい事を言い続ける他のヒーロー達を煽ります。

18歳でトップ10内に入り、一気に駆け上がった最速・最年少のヒーローは恐いもの知らずですね…。
マイペースというには、なかなかの自信家のようです。
自分の次は1位のエンデヴァーだという事を分かった上での、発言で会場中ざわざわしている中でのエンデヴァーの登場です!

 

1位の貫禄!ベテランヒーロー・エンデヴァーの答え!!

ホークスに煽りに煽られたエンデヴァーは元No1ヒーローのオールマイトとの会話を思い出していました。

平和の象徴とはなにか…エンデヴァー自身もヒーローとし手の姿に悩んでいるのかも知れません。

「答えはとてもシンプル」

その言葉を聞いてエンデヴァーの出した答えは本当にシンプルなものでした。

「俺を見ていてくれ」

ただそれだけを語り、会場中のざわめきを吹き飛ばしたエンデヴァーにホークスも満足そうです。
ただ面白半分に煽っていたのではなく、エンデヴァーの覚悟を見たかったのかも知れませんね。

オールマイト引退後に、ヒーローの中にも精神的に新たなリーダーが必要だと思っていたホークスは、エンデヴァーにそれを求めていたのでした。

ただ普通の善い事を言うだけのヒーローではオールマイトの存在を打ち消す事は出来ないと思ったのでしょう。
エンデヴァーの言葉を聞いて、かっこよかったと伝えるホークスもまた、かっこいいヒーローですね。

 

『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ185話のまとめ

エンデヴァーのヒーローとしての姿に納得したホークスはチームアップを申し出ました。
それは地元で聞かれる嫌な目撃談“脳無”の存在でした。

前回の戦いでヒーロー達に大きな傷跡を残した脳無が今度はどんな敵になって姿を現すのでしょうか…。
さらに進化した脳無との戦いが始まろうとしています。

新たな想いを秘めたヒーロー達、学園のヒーロー候補生達からも目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.