最新ネタバレ『銀魂』689話!考察!ついに銀時と万事屋再会!?ヅラと高杉、それぞれの想いとは。

神楽(婆)との再会を果たした銀さん。

スポンサーリンク

『銀魂』689話!のネタバレ

それでは『銀魂』689話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

神楽(婆)との再会!?

前回、神楽(婆)と再会?した銀さん。

689話は、銀さんによる新八へのツッコミから始まります(笑)

「今のお前にとってはIT社長の如く 女の一人や二人 ランチパックに包んで万事屋にお持ち帰りする事はさしたる事ではないのかもしれない」

と、状況を理解しようと必死な銀さん。

しかし、これ(老けた神楽)は、流石に…

「別のぎんさん きんさん 超えとるぅぅ!!」

と的確なツッコミ。

このまま神楽(婆)といては、流石にバレる!と思った銀さんは、咄嗟に

「今から入浴する所じゃなかったでしたっけ」

と言って、なんとか回避。

しかし、まさかの年上すぎる相手に

「中から白湯が出てきたパックだよ新八!」

とツッコミます。

 

ランチパックとIT社長というのは、恐らく”剛力彩芽”さんのことですね(笑)

銀魂は的確なツッコミが面白いですw

そして、タイトルが「白湯は心が落ち着く」なので、そこの部分の伏線回収ですね。

 

神楽が複数!?

神楽(婆)が再び風呂場に戻ると、中から別の声が聞こえます。

「私 さっきまで風呂入ってたのに なんでまた入ってんだろ」という声が。

どういうことだよ!と動揺していると、風呂場がガラッと開き、中から神楽(ロリ)が出て来ました。

その姿を見て、ピシャッと扉を閉める銀時。

「今週最終回だっけ!?逮捕者出て連載終了!?」

と。

扉が開かないように銀時が戸を抑えていると中から再び別の声が!!

「あれ?下着がなくなってる」という声。

そして、自分の手元に下着があることに気がつきます。

 

神楽が複数!?ということに驚きました。

どういうことなのでしょうか?

神楽(婆)は、なんとなく神楽に似ているだけでしたが、神楽(ロリ)は明らかに神楽!!

しかもめちゃめちゃ可愛くて、眼福でした!

 

銀時、下着ドロボウに間違われる

やばい、と思った瞬間には、時すでに遅し。

寄りかかる扉の両脇からドンッと腕が伸びて来て、「そうか そういう事アルか」という声が。

”アル”の言葉に反応する銀さん、と思った瞬間に頭を掴まれ…。

「下着泥棒ォォォォ!!」

という声と共に投げ飛ばされる銀さん。

その騒ぎに、新八が出て来て、バレそうなギリギリのところで転がって身バレ回避し、そのまま逃げる銀さん。

万事屋に残る神楽は、頭を掴んでいた時に抜けた、手に残る銀髪を見て銀時だということに気づく。

 

やっと出て来た神楽!!

やっぱ神楽はこうじゃなくちゃ!と思えるほどの豪腕っぷり(笑)

髪の毛を下ろしているということもあり、グンと大人っぽく見えますね。

銀時に気づいた神楽の行動は…!?

 

高杉がやって来たわけとは?

シーンは、首相官邸へ移ります。

外は、攻め入る高杉の手下達と、それを守る桂の部下達。

中は、高杉が桂に向けて刀を突きつけています。

そこで、外にいた高杉の手下と思われていた者たちは、別の団体で高杉はそれに便乗して攻めて来たという子を明かす。

「刀一本あれば足りるぜ ヅラ いや総理大臣様よ」と刀を突きつける高杉。

それに対して「新しき国はそうたやすく落ちるヤワな国ではないぞ」と答える桂。

 

689話中盤にして痺れる展開になってきました!!

珍しく「ヅラじゃない 桂だ」と答えなかったヅラ。

すぐに高杉が訂正したからでしょうか?

少しさみしかったです(笑)

 

ヅランプ、Twitterにハマる

桂がセリフを言ったその瞬間、上からシャンデリアとともにエリザベスがwww

そして、跪く高杉とそれを指差す高杉を写真に収めるエリザベス…

焦る高杉に「これからの世を動かすのは そんな刀ではない 情報(Twitter)だ」と言うヅラ。

そして、ヅランプのTwitterへ。

暗殺者に襲われたなう。→そばを食べたなう。→を繰り返すヅランプのTwitter。

そして、高杉は核心を突く。

「国民はしってるのかねェ お前が何故 国の中枢に立ったか」

 

カッコいいシリアスシーンになるかとおもいきや、上からシャンデリアに乗ったエリザベス降って来たり、ヅラのTwitterが出てきたりwww

しかし、ここからはシリアスになっていきます!

 

ヅラと高杉の想い

高杉がこの国への思いを語り始めます。

「高杉、お前は師を救うために 他の全てに目をつぶる道を選んだ 俺は、目を見開き 全てを見知る道を選んだ」

あの師(ひと)を救いたい それはお前と同じ気持ちだという桂。

目指すものは同じなのに、やり方や方法は全く違うヅラと高杉。

ヅラは、あの師の残したものは全てを護りたいと言います。

そして、たとえ師を滅してでも全てを守ることが先生を救うことだと考える桂。

しかし、それに対して高杉は「これで心置き無く 総理大臣(おまえ)を利用できる」と言い、斬りかかります。

そして、「銀時(アイツ)は何だろうな」と言う高杉。

「相変わらず てんでバラバラだが そいつをぶつけ合い たどりついた先にある答えなら 先生は」と高杉。

「俺たちは」と桂。

そして「きっとあの頃のように笑えるだろ」と言い、シーンは切り替わります。

 

ここでもしっかり、銀時の存在を忘れない高杉にちょっと感動してしまいました(笑)

師の残した全てを守るためなら、師をも滅ぼそうとする桂と、師を守るためなら全てを滅しても構わないという姿勢の高杉。

対立する2人ですが、銀さんならどうするのでしょうか?

全部守る とか言って欲しいですよね^^

  

神楽の葛藤

シーンは切り替わり、銀時を追いかける神楽に。

神楽は海坊主との会話を思い出します。

そこでは、地球へ帰ること、万事屋に帰ることを止める海坊主。

しかし、止められても神楽は地球へ来たということですね。

そして、帰って来て、新八と再開するシーンへ移り、戦いの後、新八は銀ちゃんが帰ってくると思っていたのかと神楽は新八に問います。

すると、万事屋はやることのない人間がやることだから、だから、やるべきことを見つけた銀さんはもう…と、戻って来ないと思っているという旨を伝えた。

 

そして、回想シーンが終わり、追いかける神楽へ。

追いつきそう、というところで、切なく悲しそうな表情で手を伸ばす神楽。

すると、急に目の前が光り、前の建物が爆発しました。

その時、銀さんは神楽に覆いかぶさってかばっているところで、689話は終了。

最後にかばっている、というところに感動しますよね。

また、神楽が切ない表情で銀さんに手を伸ばす仕草は、これまでの神楽の気持ちの葛藤などが現れていて、感動しました。

 

『銀魂』ネタバレ689話のまとめ

さて、いろんな展開があった689話ですが、シリアスなシーンからギャグシーンまであり、もう見ているこっちもいっぱいいっぱいでした(笑)

最初に気になるのが、何で神楽が3人?もいるの!?という点。

どういうことなのでしょうか…。

夜兎はついに年齢までいじれるようになったのでしょうか!?

また、桂と高杉の、目指すものは同じなのに、自分の護りたいもののために戦うところは、本当に感動します。

そして最後のシーン!!

目の前で爆発がおきた、銀時と神楽。

果たして、ここからどのような展開になって行くのでしょうか!?

今後の展開に期待です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください