最新ネタバレ305話!ハイキュー!考察!烏野は第2セットも殴り合い!?

最初の1頁は回想シーン。

TVゲームをクリアしたのに“しんなり”としている研磨。

祭りのあと?みたいに寂しい感じですか。

次の頁で話は戻り、第1セットを音駒が取ったことを伝えるアナウンサー。

白鳥沢や稲荷崎を破った烏野を音駒よりも格上と思っていたフシがあったようです。

報道は公正中立に。

地元宮城ではがっかりする商店街の人々。

一方、鵜飼前監督は面白くなってきたな、と音駒の“脳”である研磨に注目します。

 

ハイキュー!!305話のネタバレ

それではハイキュー!!305話「1歩進んで2歩ダッシュ」の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

コートチェンジそして作戦タイム

コートチェンジで久しぶりに日向と研磨が会話をします。

レシーブの上達をホメられ“ヤッター!!!”と喜ぶ日向。

影山が少しもホメなかったこともあり“わかってくれたか”と嬉しそう。

もっともその後の「カッコイイボール拾い」の意味までは伝わらなかったようですが。

 

さて烏野ベンチ。

第1セットを逆転されましたがモチベーションは落ちていません。

変人速攻封じのため、日向がサーブ狙いの標的になっていることは烏野陣営でも気づいていました。

「狙われる おれ・・・!!」

って当の本人が全く気づかなかったのかい(笑)

 

鵜飼コーチは第1セットでタイムアウトを取って教えるべきでしたね。

レシーブミスはなかったものの結局相手の術中にハマって終わったのですから。

続いて菅原が解説。

稲荷崎戦で尾白アランに「膝をつかせる事」で攻撃参加を防いだように、と。

それを聞いて日向の妄想は膨らみます。

 

とうとうオレも全国五本指と同格になっ・・・たと思った瞬間。

「うるせえ」

と口に出してもいないのに影山に先んじられます。

何でもお見通し。

 

そして日向も影山がそんなことで満足していないのは承知しています。

求めているのはレシーブのその先ということを。

とにかく日向に攻撃参加の機会を増やすべく、必ずしも日向が取る必要のないボールは後ろが処理する。

そして黒尾のサーブに注意するとキャプテン澤村が締めます。

 

続いて音駒。

澤村が警戒したサーブについては「(点が)獲れる人は獲ってね」と黒尾が指示。

そして珍しく研磨が積極的です。

「翔陽がいつも10点決めてるところから2、3点でも削れればいいんだ」と。

やはり日向の攻撃参加の回数を減らす=サーブ狙い、の方針のようです。

 

2セット開始

気合いの入る両チームの応援。

第2セットは音駒のローテーションに変化が。

普段は「S1」という前衛の攻撃3枚からスタートする音駒ですが少しずらしてきました。

結果的にネットを挟んで日向と研磨が対峙します。

そしてホイッスル。

音駒福永からのショートサーブはやはり日向狙い。

日向は上手く処理しますが相手の思惑通りに「膝をつかされて」しまいます。

ならば!

 

自陣コートのポジショニングをするや否やライトに向かって横に猛ダッシュ!!

天童も「オッショ」と驚くこの行動。

影山もそれを見越してライトへのトス。

ブロード一閃!!決まった!

烏野の先制。

「第2セット目の覚めるよう先取点-!!!」

両手を広げてコートを駆けめぐり喜ぶ日向。

でも影山はホメてくれない。

しかし“日向へのサーブ狙いで速攻が封じられた訳ではない”という影山らしいアピールだということをコーチは気付いています。

それに応える日向も大したものです。

 

“テキ ハ アラタナ アイテム ヲ テニイレタ”

一連の攻撃を目の当たりにした研磨は不気味な笑顔で日向に語ります。

「面白いままで居てね」

敵(日向)の新しい武器(ブロード)に対して、ゲームの如く攻略できる方法を探すことのできる喜び。

回想シーンのように“しんなり”することはなさそうです。

その表情に“ざわりっ”と何かを感じ咄嗟にバックステップして身構える日向。

この反応、ウシワカにもしていましたね。

危険を察知した猫が全身の毛を逆立てて「フーッ!!!」と威嚇する感じ。

あっ、すいません。

こっちはカラスでした(笑)。

第2セットはまだ始まったばかりです。

今回ここまで。

 

ハイキュー!!ネタバレ305話のまとめ

今回はまず烏野の作戦について。

個人的には作戦の優先順位が違うと思います。

日向への守備フォロー&攻撃参加を増やすことも大事ですが、第1セットの最後の2点や要所で研磨一人に翻弄されていたことを思い出せば、まず最初に考えるのは研磨への対応策が必須でしょう。

鵜飼前監督の言葉通りに彼は音駒の頭脳なのですから。

具体的には音駒の2回戦のように研磨の体力を消耗させる事などですが、話し合いの議題にすら上がっていないのが気になります。

あくまで点取りに拘るという方向でこのまま進みそうです。

 

次に研磨の心情について。

日向に影響されてか、前回の言葉を使えば彼も“翔陽化している”というか前のめり気味の感じがします。

表情には出ていないけれど。

いつもの研磨と様子が違うことには首脳陣も気が付いています。

これから日向たちが仕掛けてくる多様な攻撃をいかに攻略するか、その興奮に研磨がハマり暴走(独りよがり)すると音駒側もいつもと勝手が違う展開になりそうです。

監督の表情が今一つだったのはその辺りを懸念してか?

 

最後に、ストーリーとはあまり関係ないですが日向のブロード描写について少々。

キーワードは「ド」と「ギュバッ」。

まず「ド」から。

日向がレシーブしてからライトに走る足元には「ド」という擬音。

「ド」の最初に書くタテ棒に沿って読者に向かってきます。

「シュッ」や「ダッ」のように斜めの文字では真っすぐに勢いが伝わりにくいのです。

文字と日向の動きがタテ軸線上に重なるから迫力が伝わってくるのです。

 

次に「ギュバッ」

新しい擬音が開発されました。

「ギュ」っと踏ん張り「バッ」とジャンプする一連の動作を、何とも奇妙な、しかしわかりやすく一つの単語、効果音で演出しています。

そして、レシーブからジャンプするまでの2コマに日向を5人も描くなど、その軌跡も視覚的に伝わるような気配りも見受けられます。

決して烏野のコートに6人以上いるわけではありません(笑)

ここまできて、今回のタイトルを思い出しながら今まで説明のあったコマをもう一度ご覧ください。

実は日向がレシーブから体勢を整えて1歩、「ギュ」のところは左足で踏ん張りそこから

ジャンプしているので、ライトまで右足→左足のダッシュで2歩になります。

お気づきになったでしょうか?

最初は水前寺清子『365歩のマーチ』のひねりかと思いましたが、ここまで考えて編集サイドは今回の305話のタイトルを決めたのでしょう(と願いたい)。

たまにはこんな考察も如何ですか?

第二セットがスタートしたばかり。

音駒の頭脳にまだまだやられるのか、はたまた烏野の勢いが勝つのか?

次回も目が離せません!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.