最新ネタバレ311話!ハイキュー!!考察!コート上で一人ぼっちの日向 

徹底した日向潰しと敵の攻撃は分かり切っている。

でも取らないワケにはいかないと割り切る影山。

実は今回日向と影山の会話はありません。

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!311話のネタバレ

それではハイキュー!!第311話「おしまいの悲しみ」の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

日向はできることをしっかりやるのみ

この影山の発言で話が進みます。

日向の助走潰しと分かっていながらも西谷が取るのが最善だと。

「マークされるのは“エース”の宿命かね」

ピンチにもまだ笑顔の武田先生に鵜飼コーチ。

こういう時に大人に余裕があるのは子供たちにも心強いですね。

ここで日向が主張します。

殺人サーブで狙われるとか3mの巨人を止めるわけでもない。

しかし、サーブレシーブも良いジャンプも「がんばったらできるやつです」

だからできることをしっかりやる。

結局これといった打開策はなくタイムアウト終了。

 

実は「魔王」の研磨

タイムアウト終了後、音駒のサーブでゲームが再開します。

ボールは前衛の田中と日向の中間。

一瞬お見合いしますが結局日向がレシーブ。

顔を上げてすぐさま体勢を立て直し”前へ”

しかし影山のトスは東峰のバックアタックへ。

これが決まりナイスキープ!

谷地さんもホッとしています。

ようやくサーブ権が移動しました。

日向も田中と一緒に喜びますがその表情は少し冴えません。

どうした?

ここで烏野のローテーションは以下のとおりです。

じわじわ追い詰める音駒に絶好調のサーブ陣が切り崩せるか。

烏野のローテーション
  • 影山・・・サーブ(今ココ)↓
  • 月島↓
  • 東峰↓
  • 澤村↓
  • 日向↓
  • 田中

対する音駒陣営は影山のサーブに4人で対応する構えです。

前衛は研磨とリエーフの2枚。

それでも後ろ4人は“誰に来てもいいぞ”と気迫十分。

ドッと勢いのある影山のジャンプサーブを福永が綺麗に拾う。

それをレフトから山本が決める。

「ビックサーバー影山のサーブを一本で切りました 音駒高校!」

点差が広がらず悔しがる控え組。

今度は研磨のサーブです。

開始の笛が鳴り終わるか否かのショートサーブ。

日向はレシーブするか迷いますが今度は澤村がフォロー。

確かに日向はできることをしっかりやるとタイムアウトの時に宣言していました。

「でもがんばって何でもできるわけじゃない」

研磨はそう言いきります。

日向以外の人間がサーブを拾っても“最強の囮”である日向が判断を迷い、その次への一歩を遅らせる。

100%で跳べない日向なんて影山にとっては興味の対象から外れるはず。

そこまで考えています。

もう預言者の域です。

事実、影山のトスは出だしが遅れた日向ではなく田中に上がります。

ブロックしたボールはアウトですがいい感じでコミットしています。

研磨の思惑通りの試合運びに黒尾は“勇者”ではなく“魔王”の考えだと例えます。

満更でもない研磨がまたエグイ。

 

“魔王”の指示はまだ続きます。

サーバーのリエーフに一度失敗した後衛「6」の位置を狙うようにと。

その場所は日向の後ろ辺り。

しかも澤村⇔日向のポジションチェンジするための進路上の位置。

そしてわざと田中に「6」の位置でレシーブさせて道を遮る。

これではライトに移動することも助走距離も確保できません。

前回でも考察した後衛狙いのサーブについて、単に後ろに空きスペースがあるからではなく、日向の助走距離を潰すために「考えてやって」みた模範解答です

猫又監督もこれならば合格点をくれるでしょう。

ショートサーブばかりが作戦ではない。

その結果、影山のトスはまたも日向には上がりません。

スパイクを打たない日向をここまで存在感のないものにさせています。

音駒のチャンスが続く中「俺も居るぞ!!」とリエーフがバックアタック!!

しかもこれが初めて!

「でもできました」とぶっつけ本番で決めて笑顔のリエーフ。

良い表情です。

それとは対照的に日向の表情が愕然としています。

何故?

 

スポンサーリンク

腹が立つにもどうしようもない日向

しかし折角の追い上げチャンスもリエーフがサーブミス。

姉ちゃんサーブ失敗するたびに気が気でない様子です。

スコアは烏野18-音駒16まで進みます。

 

音駒側は思惑通りの展開にもかかわらず冴えない表情の研磨。

「面白い飛陽が終わっちゃうのは悲しい」

とRPGのゲームを攻略したと時と同じような気持ちになっているのでしょう。

 

一方ブレイクされるもなんだかんだと2点差はキープしている烏野。

ベンチの清水は疲れてはいるが雰囲気は良いと冷静に観察しています。

ただ一人の例外を除いて。

それは何にもできずに後衛に回った日向。

ライバルである研磨はもう目も合わせることもありません。

唇をかみしめ悔しさが滲み出ている日向。

タイムアウト中の明るい表情はどこにいってしまった・・・

頑張れ!

今回はここまで。

 

ハイキュー!!ネタバレ311話のまとめ

今週は良いところが全くないままに終わった日向。

日向は何に対して悔しがっているのか。

  • できることを頑張るといいながらも結果を残せなかったこと
  • 影山からトスが上がらないのは100%の力の全力が出せていないこと

それらもあるでしょうが最大は

  • 研磨にとって自分が“面白い存在”で無くなり興味を失われたこと
  • バレーの楽しさを研磨に伝えきれていないこと

でしょう。

ずっと前から楽しみにしていた対決で相手からの無言のサヨナラ。

人間にとって本当に恐いのは「自分の存在を無視されること」だと思っています。

黒尾が研磨を“魔王”と揶揄したのは、無意識に相手のメンタルまでもヘシ折っていると感じたからではないでしょうか。

かといって後衛で日向ができる面白そうなことは、バックアタックか実戦ゼロのジャンプサーブぐらいだし。

そう考えると日向のメンタルはグラフでいう底の状態がしばらく続きそうです。

 

また影山ですが今回は日向へのトスは一度もありませんでした。

冒頭で述べた日向と影山の会話無しが前フリかと。

「上げなかった」のか「上げられなかった」のかは意見の分かれるところでしょうが、これも研磨の思惑通りの展開です。

影山は当然スパイクが決まる確率の高い人を選びますが、日向には全力プレーをしても99%の状態ではトスを上げないことは研磨にとって想定済です。

音駒は日向潰しが機能している間はブロックする相手を絞りやすいため、敢えて日向にトスを上げて予想を覆す方法もありかと思います。

 

清水の分析を布石に第2セットは烏野の何とか奪取しても、ムードメーカーでもある日向が絶望状態のままだと第3セットは見るべくもない展開になりそうなので、影山あたりが活を入れて気持ちをリフレッシュして欲しいところです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください