最新ネタバレ318話!ハイキュー!!考察!テツ&研磨はお隣さん。夢中になる時間の「終わりの始まり」へ 。

スポンサーリンク

無料で人気漫画や人気アニメを見たい場合、必ず電子書籍+動画配信のあるサイトを使うことがおすすめです!

無料で漫画やアニメを見たい場合は必ず電子書籍と動画配信のあるサイトを使うことがおすすめです!

漫画を本屋で買うよりも、無料で漫画が読める方がいいですし、またTVでは再放送されていないアニメも見放題なのが断然いいです。

大好きなマンガの場合、普段なら400円~500円もお金がかかっていた単行本が3冊(1300円分)もタダで毎月読める方法があります。

また人気アニメも見放題で、ワクワクしながら楽しめる方法です。

子書籍のサイトの中でもFODプレミアムを使うことで、毎月1300円分も読みたい漫画が「無料」で読めて、人気アニメも「見放題」なんです。

今なら1か月無料でお試しキャンペーン中なので、もし気にいらない場合は、1か月以内の解約であればお金はいっさいかかりません。

前回のシンクロ攻撃合戦を制したのは、日向のレシーブによる得点。

その興奮がまだ続いているようです。

それもそのはず。

デュースで追いつかれて、負けたら最後の崖っぷちで第2セット奪取ですから。

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!318話のネタバレ

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

それではハイキュー!!第318話『相棒』の要点をまとめてみます。

といっても水谷豊主演のドラマのレビューではありません。

今回はテツこと黒尾と研磨の出会いを中心に話が進みます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

第3セットに向けての休憩タイム

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

観客席では第2セットを取られて悔しがる茜。

何よりもレシーブで点を取られたこと。

“粘りの音駒”としてボールを繋げて勝ってきたチームがお株を奪われた恰好です。

最初のページに「繋げ」と書かれた横断幕が何とも皮肉。

第3セットに向け、”夢中”な時間の終わりを意識し始めるか、とは猫又監督。

リエーフは20点取ると意気込みます。

これで自滅するパターンだと知ればこそ、黒尾は筋トレを例えヘヴィな1点を取れと指示。 

これで空回りせずに済みそう。

そして虎には最後のスパイクを褒めてみます。

チームメイトに気配りの声をかけるタイミングも絶妙。

監督、コーチも安心して見ていられます。

そんなよく喋る黒尾を見て、研磨は黒尾と初めて会った日のことを思い出します。

実は研磨以上に、人見知りで引っ込み思案だった当時のことを。

 

黒尾と研磨、そして猫又監督との出会い

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

それは研磨が7才の時。

黒尾家が隣に引っ越して来たことから始まります。

最初は親の後ろでお互いを様子見。

研磨の黒尾に対する第一印象は「へんなあたま」

今でも基本的には変わっていない、その髪型です。

年が近いから仲良くなれるという大人理論は、子供の世界には通用するとは限りません。

お互い無口で格ゲーをする時間が続きます。

ソフトは「バーチャーファイター4」・・あれ?「バーテェ」?

誤植か、敢えかは判断が迷いますが。

そんな中「やりたいこと」を聞かれて黒尾はバレーボールを持ってきます。

二人による初めての自主練?。

レシーブの腫れを「ただの」内出血と言った黒尾を少し尊敬する研磨です。

ある日の土曜日にバレーボールの練習を訪れた二人。

スパイクは背が高いと打てないから・・・とう黒尾ですが

「じゃあネットを下げればいい」

と背後から猫又先生(監督)の声。

まずは、できることの喜びを。

そこから”好きこそ物の上手なれ~”の流れが教育者的な台詞ですね。

物事にのめり込むには、最初が大事というのを分かっていらっしゃる。

スパイクを一生懸命する黒尾の姿を見て、研磨は何となく思った。

「クロはこの日を忘れないんじゃないか」と。

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

事実、この日を境に急速にウザく、もといバレー好きになっていく黒尾(笑)。

研磨の家に行けばバレーのDVD鑑賞回。

セッターの細かい動きに気付く研磨。

4時間以上見てもスゴイ集中力です。

やはりセッター向きだと言う黒尾でしたが、それよりも「参謀」という言葉にグッときているようです。

黒尾は引っ越してきて環境に慣れてきたか、コミュ力が上がっていきます。

そんな折、研磨の父親から、息子をサッカーにでも誘ってくれないか、と言われます。

あまり外出しない息子を案じての親心でしょうが、

「研磨は好きなことなら一生懸命やるから大丈夫」と黒尾は答えます。

それを家の中で聞く研磨。

長い回想がここで終わります。

 

スポンサーリンク

「ごみ捨て場の決戦」は終わりの舞台へ

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

研磨は呟く「クロがただのパピリ風野郎ならば一緒にやっていない」

バレーはやるより見る方が好きと思うけど、「さてとやらなくちゃ」と思う気持ちは悪くないよ、と言い腰を上げます。

ファイナルセットに向けての円陣は、コーチ、監督、みんなが一緒です。

しんどい時間は超えてきた。

だからこそ

黒尾「ごほうびタイムだ」

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

いいこと言うなあ。

これを聞いて音駒チームの士気が上がり、フゥー!!!!と鼓舞します。

アツイ!

烏野側もつられてフォー!!!!とマネするほど。

そして、このご褒美は両チームの3年生にとっては、どちらかが最後。

何故なら、敗北 = 引退 だから。

今週はここまで。

 

ハイキュー!!ネタバレ318話のまとめ

古舘春一「ハイキュー」318話より引用

第305話冒頭でも、研磨の家で二人がゲームをするシーンがありましたが、まさかのお隣同士だったとは。

この手のご近所さんは、主人公×ヒロインという組み合わせが王道だというのに。

男×男で一部のファンが喜びそうな設定です。

それにしても子供時代とはいえ黒髪の研磨が新鮮。

それと家族構成。

黒尾の家は、父親、爺さん&婆さんと本人の四人家族のようです。

回想シーンで特に言及はなかったですが、母親に何かあったのを機に越してきたと考えるのが妥当かな。

親同士の小さい台詞の中で「実家のー」とありましたので、黒尾の父方の出身が研磨の家の近くなのかもしれませんね。

一方の研磨の家は一人っ子かな。

息子の内出血を見てニヤつく母親。

家でゲームをしているよりも、外で遊んでくれた方が健全と思っての事でしょう。

それにしても目元は母親似です。

また、黒尾が研磨以上に人見知りだったことは驚きです。

研磨は当時からこの性格の様ですが(笑)

先に話しかけてきたのが研磨だったとうのも何か意外。

その会話の取り違えが、後の二人に影響を与えるバレーというのも面白いです。

猫又監督との出会いもさりげなく織り交ぜています。

円陣を組むシーンは、その監督と黒尾が隣り合わせというのも感慨深いです。

「けんま7さい」時の出会いだから、逆算すると黒尾とは10年の付き合い。

前述したサッカーのお誘いの件を聞いて、研磨にとって黒尾は自分を一番理解してくれている“相棒”と感じたのでしょう。

だからこそ、相棒のために「さてとやらなきゃ」という言葉がでたような気がします。

それにしても、今回は「パリピー風」と言葉で攻めていますね。

本来は“パーティーなどに参加する人”的な意味ですが、転じて“チャラい、不誠実な”というニュアンスを表現したくて使用したのかな。

 

さて次回。

両チームとも、最終セットへの具体的な対策は語られず終いでした。

この辺りは試合が進むにつれて、回想シーンを挟みながらの解説になりそうです。

先取点と主導権はどちらが先に握るのか要注目です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください