最新ネタバレ66話!Dr.STONE考察!50周年号はまさかのテレフォンクイズ!

スポンサーリンク

前回お伝えしたとおり今週はジャンプ50周年記念号!

折込表紙は現連載漫画と歴代のお気に入りキャラとのツーショットで。

千空は作画担当のBoichi先生推しの『To Loveる』のヒロイン(?)ララと一緒です。

尻尾まで描かれてそっくり。

連載中の『ぼくたちは勉強ができない』『ゆらぎ荘の幽奈さん』あたりのラブコメ枠の流れですね。

そして記念すべきセンターカラーはDr.STONEの人気投票結果の発表です。

第1位はやはり千空。

2位以下を大きく引き離してのブッチぎりです。

今までも頭が良くてチョイ悪系のジャンプの主人は沢山登場しましたが、体力カスはやはり斬新です。

個人的にはクロムはジャンプぽい少年だからもう少し順位が上と思っていました。

面白かったのが氷月7位と司12位の順位関係。

第50話「人類最強の武器」で氷月が千空は生きていると司に伝えた時のコマを流用して、自分の順位が上だと氷月が司を煽っているように見えます(笑)。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ65話!Dr.STONE!ゲン石神村に帰る

 

スポンサーリンク

Dr.STONE66話のネタバレ

Dr.STONEの第66話タイトルは“Z=66 ウソつきと正直者”。

ギャグあり涙ありのいい話でまとめています。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

その女、ニッキーにつき

大樹たちが最初に説得させると決めていた相手。

それは三つ編みの監視者である「ニッキー」さん。

性別が疑問でしたが女性でしたねゴメンナサイ。

50周年記念号なので胸元のシャツにジャンプマークが。

他のマンガでも隠しキャラとして描かれているので探してみてください。

 

そのニッキーさんは話に応じる気はありません。

「聞かないよ!!」

ハイかイエス以外の4文字目を喋ればブン殴ると早くも交渉決裂か。

しかし大樹も引き下がりません。

大樹「それでも」(4文字)→ ニッキー“ドフ!!”と右ワンパン!

大樹「かまわん」(4文字)→ ニッキー“ドゴム!”ともう一撃!

ニッキーさん体力に自信ありのようですが、大切な友達の話を聞かせるために耐える大樹の気迫に押されて応じます。

 

リリアンクイズ第一問

千空の墓前で鳴る電話のコール。

さすがのニッキーも驚きをかくせません。

そしてさらに驚くことに電話の主は歌姫リリアン。

もちろんゲンのモノマネです。 

予定通り声マネでアメリカ合衆国は復興していると吹聴します。

助かったー!!と興奮しまくり脳筋の大樹。

この様子ではリリアンが生きていると本気で信じているようです。

ペテンにかかった第1号は敵ではなく味方でした。

一方ターゲットであるニッキーは冷静です。

しかも現役時代にリリアンの歌にどれだけ救われたかとまさかの告白!

昔の部屋にポスター貼っています。

そんな彼女だからリリアンがもし偽物だとしたら

「絶対に許さない・・・!!」

眼が血走っていますが自分の大事なものを汚されたら怒りますよね。

その様子を受話器の向こうで感じた千空とゲンがこれはマズイと血の気が引いています。

「あ・・・うん バイヤーだね」

「ガチなやつだ これ」

「ガチファン来ちゃったわ いきなり」

いや面白い。

最初にガチファンを当ててくるこの展開。

千空の引きの悪さを嘆くゲンに同情したくなります。

 

不審に思うニッキーからファンならではの難易度高い質問がでます。

「これまでのCDの総売上枚数は??」

ごまかす、カンで当てる、失礼とキレる、の三択しかないと考えるゲン。

しかし千空は“論理的”に「当てる」とフェルミ推定を使います。

宇宙船ソユーズの搭乗券が50億円、財産はその倍で100億円以上、ツアー公演などの収入から印税を逆算。

「6千枚以上だ それより上は分からねえ」

それを聞いてゲンはアドリブで回答。

何とか正解のようです。

 

リリアンクイズ第二問

最初の難関をクリアした千空とゲン。

いけると思った二人に予想外の質問がきます。

「3サイズは??」

思わず悶絶。

ニッキーの台詞の吹き出しの形が女性の体形です。

すごいバカバカしい展開ですが一応世界を救う壮大なお話です。

千空は懸命に父・百夜からの送られてきた昔の画像でリリアンの3サイズを推定します。

出した答えは「88・65・85-」 

それを聞いてプロならばリアルな数字は言わないとニッキーは断言。

「アンタはリリアン・ワインバーグじゃない」

実は引っかけ問題だったのね。

ウソがバレてしまいどうする?

 

スポンサーリンク

正直者が得をする

手詰まりかと思いきや千空は動じることなくレコードの準備。

「ハッタリより科学に賭ける」

流れる本物のリリアンの歌声。

石化時代に甦るライブ感。

驚く大樹、杠、そしてニッキー。

何十万回聞いた歌声に偽物ではなく本物だと確信すると同時にリリアンがもう生きていないことを悟り涙します。

でも今聞いた歌の中だけはずっと生きていると喜びます。

千空が彼女に約束できるのはただ一つ。

科学の力でリリアン最後の歌を護ることだと。

千空の誠実な回答に惚れそうだとニッキーさんまさかのフラグ。

それはさておき最後のレコードを守るという利害は一致しました。

ニッキーは「取引成立」とばかりにガウンを脱ぎ捨てます。

カッコええ。

姐さんと呼んでいいですか。

“監視役ニッキーが仲間になった”と最後はドラクエ風画面で終わります。

人を騙すことなく仲間にできたのは良かったですね。

やはり人間正直が一番です。

 

Dr.STONEネタバレ66話のまとめ

今回はニッキー姐さんについて。

本名かニックネームなのかまだわかりません。

千空をはじめ司やそのほか登場人物が日本人の場合は漢字での表記です。

仲間である「あさぎりゲン」の場合は漢字表記で「朝霧 幻」ですが彼女はカタカナです。

恐らく日本人とは思いますが「ニッキー」って漢字でどう当てはめる?

次にその日本人と思った過去のフラッシュバックではセーラー服を着ていました。

年齢は中~高校生ぐらいと考えるのが妥当でしょう。

髪型は石化前から三つ編みのようです。

そして最後に身体にあった多くの傷あと。

イジメか部活など練習によるものか。

いままで司帝国では氷月やほむら、羽京など軍の戦力として期待できる人間を石化解除しています。

前々回でゲンも知らなかった石化解除の優先順位付けなど、その傾向はより顕著です。

とするとニッキーもやはりスポーツなどで凄い経歴の子だったのでしょうか。

体がゴツイことにコンプレックスがありそうなセリフがありましたしね。

そうでなければ司が石化解除のための試しとして深い理由もなく蘇らせたのか。

だとしたら少し可哀想。

ともあれ監視者が味方に付いたのは心強いです。

しかもガチのリリオタ(失礼)なので今度はスリーサイズの質問がきても大丈夫(笑)。

3700年前に地球に謎の石化現象が起きた時、宇宙船ソユーズにいて難を逃れた千空の父・百夜やリリアンたちクルー一同。

その子孫が現在の石神村の住人だとニッキー姐さんが知れば感動もひとしおでしょう。

次にフェルミ推定について。

千空の台詞にもありましたが「論理的な概算」で難しい計算式は特に必要はありません。

ざっくり言うと特定困難な数値を論理的に推論し大まかな答えをだすことで、企業面接で論理的思考を判断するにはうってつけとのことです。

リリアンの3サイズは周囲の人間や備品等から概算しました。

千空のことだからリアルではほぼ正解と思いますが、“アイドルはサバを読むから約〇〇cmは実測値から引く”という思考があればより完璧だったでしょう。

ちなみに今週のジャンプ『キミを侵略せよ』の最後にあった女性の胸のサイズがわかる方程式も一種のフェルミ推定だと思います。

 

次回以降。

心配なのはクロムとマグマの身の安全です。

果たして羽京の凶矢から逃れることができたのか。

そして電池切れ。

予備電池をクロムが渡し損ねています。

千空が今回披露したフェミル推定で司帝国の人口を予測したかは知りませんが、無血開城可能な必要人数を確保する前に電話が使えなくならないよう祈るばかりです。

次回の話はこちら⇒最新ネタバレ67話!Dr.STONE(ドクターストーン)!科学王国出陣!旗を掲げろ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください