『食戟のソーマ』292話!考察!ついに対決!遠月学園VSノワール!

スポンサーリンク

今回のBLUEにノミネートされたノワールは“いつでもどこでも必殺料理を作れる”異能者たちでした。

そんな「裏」の実力差を見せつけられて呆然とする「表」料理人たちの中で、アンが推挙した遠月学園の生徒たちは調理に挑もうとしています。

 

スポンサーリンク

食戟のソーマ292話のネタバレ

それでは食戟のソーマ292話『持つ者と、持たざる者』の要点をまとめてみます。

この「第三の門」の様子を観戦しているのは何とえりなの祖父:仙左衛門。

彼は遠月学園の生徒たちがブックマンの言う所の「異能」と称するに近い次元に達しつつあることを確信しているようです。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

「異能」の才を持つ「表」料理人

「とにかく必殺料理を出して見ろって話でしょう?」

附田祐斗『食戟のソーマ』292話より引用 

まずは前第一席の司からです。

彼が取り出したキラリ光るその武器、いや道具は長大な「グレーター」です。

本来グレーターはチーズやレモン、トリュフなどを細かくおろすために使用される道具ですが、ブックマンが見たこともないほどのナガブツです。

調理をすべく心を落ち着かせて構える司は剣を携えた騎士のよう。

「さぁ 語り合おうか・・・!」

そう静かに言うと次の瞬間牛フィレに対してフェンシングのような突きの連打!

凄まじいスピードでグレーターを使い牛肉をおろしていきます!

弾力のある牛肉を的確におろすにはよほどの腕がなければ不可能ですが、グレーターの長いストロークを活かした剣術のような調理動作にブックマンたちも驚きます。

仙左衛門もノワール達にも決して引けを取らないだろうとの太鼓判。

次は田所です。

彼女はオーブンで塊肉を丁寧に焼いていきます。

しかも数分おきに裏返しては均一に火を入れることに抜かりはありません。

ここからどう仕上げるか別の女性のブックマンは気になるようです。

普通は肉を休ませながら、じんわりと内部に熱を入れていくはすです。

しかし田所は塊肉を切って皿に並べるとガスバーナーで表面を焼き始めました!

彼女は伸ばしたのは料理を“魅せる”ことです。

それは十傑入り後に多くの諸外国を巡り学んだことに由来します。

文化の違いから料理の魅せ方を組み替える必要に迫られた時、美味しさを増大させるアレンジの能力が求められたのです。

そうして出来上がった料理は、ジューシーな肉を大輪の牡丹に“魅せた”一皿!

「何という美しさ!肉の輝き・・・魅力が2倍にも3倍にも増幅し迫ってくる!!」

まさに田所が持つ“心遣い”の発現です。

仙左衛門もBLUEにおいても皿を彩るだろうと期待を寄せています。

そして“魅せる”といえば見逃せないもう一人の人物がいます。

今度はタクミにスポットが移ります。

知れば知るほど「とんだコンクール」だとボヤきながらも調理器具を取り出します。

「あの包丁はー!!」と驚く大泉。

右腕に装着したのはメッザルーナという半月包丁!

1年生時の秋の選抜で美作に敗れましたが、その挫折をバネに己の刃を今日まで磨き、その刃から繰り出される美味は異能へと昇華されつつあります。

 

スポンサーリンク

怒れるサージェ

サージェは奮戦する遠月の生徒たちを見ながら“骨のある者”と言いつつ、一方で情けなく立ち尽くす「表」の料理人たちを睨みつけ一喝します。

「軟弱者が・・・!!調理台に向かう覚悟なき者は今すぐ立ち去れ!!!」

その様子を仙左衛門と一緒に見ていたのはソーマの父:城一郎です。

ソーマの異能を問われるも“ただのちっぽけな定食屋の倅”にそんなものあるわけないと答える城一郎。

そんな人物がノワールなんて連中相手に渡り合えるわけはない。

そう。

「普通なら」の場合は、です。

 

深夜に開幕する真夏の祭典!

第三の試練の終了から数時間後、城郭本丸へと続く最後の門は開け放たれました。

今までとは明らかに違う熱気。

そこにはBLUEを一目観戦しようと超満員のギャラリーが!

今年の注目度がうかがえます。

城郭、いやバトルフロアはもはや「異能」と呼ぶべき猛者しか立ち入れぬ領域です。

アナウンサーがコールするのは赤コーナーにサージェ。

対する青コーナーは主人公ソーマの登場です。

ソーマの読めない力に苛立つサージェは、直接戦えばわかるとソーマが持つ「異能」を見せてみろと挑発します。

「異能ねぇ・・・」

と言いつつ何故か余裕の表情のソーマ。

次号いよいよ戦いのゴングです。

 

食戟のソーマネタバレ292話のまとめ

附田祐斗『食戟のソーマ』292話より引用 

ここにきて司はさておき、十傑の中で席次が低い田所とタクミが何故BLUEに招待されたかという理由が何となくですが明らかになってきました。

それはノワール同様に「必殺料理を作れる異能の才能、またはその兆しがあるか」というのが選考基準だったように思えます。

ただ今のところの描写ではトンデモ道具を使える人が異能の持ち主のように見えてしまうのがやや残念です。

そして城郭でのステージ。

多少の無茶ぶりや紆余曲折の感はありましたが、それでも大方の読者が望んだソーマたち遠月サイドと朝陽たちノワールの決戦を、BLUEという最高峰の舞台で勝負させるところまでは話が進んでくれました。

さて次回。

選手紹介の時点で既にプロレスかボクシングかのノリな料理バトル。

ソーマと対峙した時のサージェの怪訝そうな表情は、「第三の門」でソーマが何を調理したかを敢えて描かなかったことと関連がありそうです。

城一郎はソーマに「異能」の才は無いと言っていました。

もし異能でなければ、ソーマはそれに匹敵する“別の力”で合格したことになります。

一度は朝陽に苦杯を味わったソーマでしたが、ノワール相手に現第一席の本気モードを見せて欲しいところです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください