スポンサーリンク

【キングダム2】麃公役を演じたのは誰?秦軍総大将・麃公VS魏軍総大将・呉慶の戦いはこの映画最大の見どころ!!

スポンサーリンク

『キングダム2 遥かなる大地へ』では信がいよいよ大乱中華の真っただ中へ!

今作では信の初陣がメインエピソードになります。

そこで注目したいのが秦軍の総大将・麃公です。

信が初めて参加した秦軍は麃公の指揮下にあり、今回のエピソードの屋台骨と言える人物だからです。

信が目指す“大将軍”でもあり、存在感も抜群!

また麃公は原作でもとても人気のキャラクターなのですが、彼を演じたのが意外な名俳優だったことも大きな話題となっています

それでは『キングダム2 遥かなる大地へ』に登場する麃公は一体どんな活躍をするのか、誰か演じているのか、簡単に予習しておきましょう!

 

スポンサーリンク

【キングダム2】映画第2弾「遥かなる大地へ」公開日はいつ?

キングダム/©原泰久

興行収入57億円を超える大ヒットとなった実写映画『キングダム』から3年、ようやく待望の続編の公開日が近づいてきました!

実写映画第2弾『キングダム2 遥かなる大地へ』は2022年7月15日(金)公開予定です。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】映画第2弾「遥かなる大地へ」原作はどの辺り?

キングダム/©原泰久

前作『キングダム』では、原作コミックス1~5巻の王都奪還編にあたる内容が描かれました。

第2弾『キングダム2 遥かなる大地へ』はその続きからとなるでしょう。

具体的にはコミックス5~10巻の内容になると予想されます

理由はあらすじやPVが蛇甘平原の戦い(5~7巻)であることと、PVやキャストから刺客急襲編(8~10巻)も含まれていると考えられること

『キングダム2 遥かなる大地へ』は前作より3か月後から始まる信の初陣がメインエピソードとして描かれ、重要人物・羌瘣のピックアップ、そして今後に続く呂不韋との対峙など、見どころがたっぷり凝縮されていそうです!

 

スポンサーリンク

【キングダム2】蛇甘平原の戦いとは?

キングダム/©原泰久

今作で描かれる蛇甘平原の戦いとは、紀元前245年に起きた魏の滎陽(けいよう)を巡る秦と魏の大戦です。

滎陽は黄河沿いにある秦と魏の国境の地で、両国にとっての最重要拠点の1つ。

奪取したい秦は各地の軍を集結させながら大将軍・麃公を総大将として15万の軍勢で滎陽を目指し、守りたい魏も各地から軍を結集させ大将軍・呉慶を総大将とし同じく15万の軍勢で迎えうちました

秦軍は国境手前の城に入り軍を整えてから滎陽攻城戦に臨む予定でしたが、しかし魏軍が予想外にもその城の1つである丸城を落とし討って出てきてしまいます。

そこで麃公はあえて魏軍の得意な平地戦を買い、滎陽手前の蛇甘平原での戦いに切り替えました

とは言っても軍の編成もままならない状態、しかも布陣も先を越されてしまい、本来攻めるはずの秦が後手に回された劣勢の開戦となったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】第4軍合戦場での戦い

キングダム/©原泰久

信が属する秦軍第4軍が蛇甘平原に到着した時、先行して魏軍副将・宮元の軍と戦っていた第2軍はすでに半数以上の兵を失っていました。

第4軍が戦線に合流したことで勢いはついたものの、魏軍が投入してきた装甲戦車隊によって秦軍前線は一気に壊滅状態になってしまいます

装甲戦車とは魏軍が誇る最強兵器。

いわば車輪に刃のついた馬車であり、怒涛の如く戦場を駆け回るそれらに対し、歩兵は為す術なく蹂躙されてしまうのです。

そんな中、信が配属された縛虎申隊は、信の武力と羌瘣の策を中心に奮戦し多くの生存者を残したのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】麃公と縛虎申の関係性とは?

キングダム/©原泰久

歩兵が壊滅状態に陥っても総大将・麃公は動きを見せませんでした。

しかし第4軍騎馬隊千人将のひとりであり、信たちを率いる縛虎申は焦ってはいませんでした。

それは戦の勝利のためなら自らの命も含め如何なる犠牲も厭わないという考えを持っているからであり、且つ総大将の麃公を「あの方ほど戦に強い将を他に知らない」と信頼しているからです。

現況が如何に劣勢であろうと、縛虎申は「全ては麃公将軍の策の内である」として一切勝利を疑っていませんでした

 

スポンサーリンク

【キングダム2】麃公の策とは?

キングダム/©原泰久

信たち縛虎申隊が奮戦するも秦軍全体の劣勢は決定的であり、この機に宮元軍が全軍での攻勢に転じたためもはや勝負は決したかに思われました。

しかしここで、微々たる抵抗かと思われた縛虎申隊の奮戦に麃公が反応。

第4軍合戦場が大火を呼び込むポイントだとし、第4軍だけでなく第1・2軍も含めた全騎馬隊をここに突撃させたのでした。

そしてこれを“大局を覆す麃公の意思”と捉えた縛虎申は、縛虎申隊を連れ宮元の布陣する丘に突撃。

縛虎申が壮絶な相討ちとなりながらも宮元を討ち、縛虎申隊が見事蛇甘平原の丘を1つ奪取したのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】麃公軍の強さとは?

キングダム/©原泰久

縛虎申隊が丘を奪取している間に、魏軍総大将・呉慶が布陣していた丘を下り迫ってきていました。

するとそこに突如、麃公を先頭にした騎馬隊が出現し、驚くべき勢いで呉慶軍に突っ込み蹴散らしていったのでした。

麃公は戦場を「炎」と捉え、その炎が燃え盛った時…つまり大局が動く匂いを感じ取った時に自ら出陣して敵総大将の首を狙うという本能型の武将。

呉慶が丘を下りてきた機を見逃さなかったのです。

動き出した麃公の覇気と武力は凄まじく、彼を先頭にした麃公軍の進撃は正面から止められる軍は存在しないと言われ、六大将軍・王騎も認めるほどの強さを誇ります

麃公軍の強さの源は、麃公自らが先陣を切ることで極限まで昂る闘気と、主である麃公を守るために死に物狂いでついて行こうとするプレッシャーであり、麃公自身の強さも併せてとてつもない破壊力で敵に襲い掛かるのです。

麃公が動き出したことで、蛇甘平原は一気に本軍同士の直接対決に持ち込まれました。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】麃公VS呉慶

キングダム/©原泰久

呉慶は配下の将軍で「将狩り」と言われる朱鬼と麻鬼を差し向けるも、秦軍の勢いは止まらず守備陣を突破し、いよいよ呉慶の元まで辿り着きました。

とはいえ魏軍本陣には兵力が麃公軍の倍以上もあり、魏随一の知将である呉慶なら一度丘へ戻り立て直せば、じっくりと麃公を討てる可能性がありました。

しかし呉慶は退きませんでした。

呉慶は武力では勝算がないと分かっていながらも「侵略者に対し絶対に退くことはない」という強い意志で麃公と直接向かい合ったのです。

ここに「本能型」の麃公と「知将型」の呉慶、武将として相反するタイプの大将軍の直接対決が実現。

蛇甘平原の戦いは予想外にも、総大将同士の一騎討ちに決着が委ねられました

 

スポンサーリンク

【キングダム2】蛇甘平原編の結末

キングダム/©原泰久

呉慶が善戦するもやはり麃公の圧倒的な武には及ばず、総大将対決は麃公が見事呉慶を討ち勝利しました

呉慶の戦いぶりを麃公は「見事な大炎であった」と讃えたのでした。

その後、呉慶を失った魏軍が復讐に立ち上がるかと思われましたが、魏軍は呉慶を失った悲しみから戦意を喪失し撤退。

こうして蛇甘平原の戦いは秦軍の勝利で幕を下ろしましたが、目的の滎陽奪取には至らないまま本国へ戻ったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム2】映画で麃公役を演じたのは誰?

https://twitter.com/kingdomthemovie

『キングダム2 遥かなる大地へ』で麃公を演じているのは豊川悦司(とよかわえつし)さん

1962年3月18日生まれ、大阪府出身、アルファエージェンシー所属の俳優です。

豊川悦司さんは「トヨエツ」の愛称でおなじみ、もはや説明不要の実力派名俳優さんですよね。

今作にキャスティングされたことについて豊川悦司さんは「就職試験に受かった気分」とその喜びを表現していました。

ただし驚くべきは麃公役であること

豊川悦司さんは長い経歴の中で幅広い役柄を演じていらっしゃいますが、やはり渋くてクールで色気漂う印象が強いので、「バァア!」と本能のままに猛り豪快でユーモラスな麃公を演じるのは皆さん意外だったのではないでしょうか。

だからこそどんな麃公像を魅せてくれるのか楽しみですよね!

豊川悦司さんのキャスティングについて、プロデューサーの松橋真三さんは「野獣のような眼光、巨大な鎧を着こなす体躯、大将軍としての存在感、説得力を考えると豊川悦司さんしか思い浮かばなかった」とコメントしており、PVではすでに大将軍の風格を纏った姿が披露されていますので是非今からチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

実写映画『キングダム2 遥かなる大地へ』では蛇甘平原の戦いが描かれるので、秦軍総大将として大将軍として戦場の炎を感じ取り、最後は自ら大炎を巻き上げる麃公は注目すべき人物

その麃公をトヨエツが演じるという点でも楽しみです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA