【鬼滅の刃】時透有一郎はどんな人物?性格や双子の弟「無一郎」との見分け方は?なぜ彼は死んだのか!?

スポンサーリンク

時透有一郎は、霞柱・時透無一郎の双子の兄です。

双子というだけあって2人の姿形は瓜二つですが、性格は真逆です。

きつい言葉を連発する有一郎ですが、その言葉の裏には家族を想う優しい気持ちが隠されていました。

有一郎と無一郎の見分け方とは?

有一郎の強さとは?

わずか11歳で死んでいった有一郎の悲しい最期とは?!

無一郎の最愛の兄、時透有一郎についてとめてみました!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎のプロフィール!

時透有一郎は、霞柱・時透無一郎の双子の兄です。

幼い頃に鬼に襲われ、わずか11歳で亡くなっています

無一郎とは瓜二つの双子で、背丈や髪型も一緒です。

有一郎の両親は2人が10歳の時に他界しています。

母は風邪をこじらせて肺炎になって死亡し、父は母の為に嵐の日に薬草を撮りに行ったきり崖から落ちて死亡しました。

双子の祖先は上弦の壱・黒死牟が人間だった頃の”継国家”であることも判明しています

長い間に苗字は継国から時透に変わっていますが、双子が始まりの剣士の末裔と言うのは事実です。

10歳で両親を亡くした有一郎は、残された弟を守りたい一心で過ごしていました。

その優しさがようやく伝わったのは死ぬ間際ではありましたが…。

有一郎は死亡していますが、その後も無一郎を精神的に支え続けました。

無一郎が黒死牟戦で死亡した際に2人は邂逅を果たしています

無一郎に死なないで欲しかったんだ…無一郎だけは…

有一郎は厳しい兄ですが、本当は不器用なだけ。

弟思いの優しい兄なのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎はどんな性格!?

有一郎は初登場時点ですでに亡くなっており、登場する場合は無一郎の記憶の中のみです。

当時の無一郎から見た有一郎は”言葉のきつい人”でした。

実際、冷酷できつい言葉を度々吐き出しています。

亡くなった両親に対しても、きつい言葉をかけて無一郎とは喧嘩になっています。

有一郎は母に何度も休むよう言い、嵐の中薬草を取り出ていこうとする父も止めました。

でも両親は有一郎の言葉を聞かず”家族の為に”無理をして死んでしまいました。

有一郎は両親の死で1つの答えを導き出しています。

情けは人のためにならず

有一郎は一貫して、誰かのために何かをしようとはしませんでした。

あまねが双子に始まりの剣士の子孫であることを伝えにきても追い返しています。

何か企んでいるに決まっている

有一郎は頑なに無一郎をあまねから遠ざけようとし続けました。

「無一郎の無は無能の無」

「無一郎の無は無意味の無」

きつい言葉をかけられ続けた無一郎は、有一郎に嫌われていると思っていました。

でも本当の有一郎は家族思いの優しい性格をしています

ただ、不器用なだけだったのです。

実際、本人も物言いがきつい自分を気にしていました。

有一郎の数々のきつい言葉は、家族を守りたいが故の言葉です。

優しいから、人の為に頑張りすぎる家族を心配して、生きていて欲しくて、過激で冷たい言葉を使ってしまうだけなのです。

誰かの命だけではなく、自分の命も大切にしてほしいと心から願っていたのですね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎と無一郎の見分け方!

双子である有一郎と無一郎。

髪型や背丈も同じ2人は瓜二つであり、見分けるのは至難の業と言えそうてす。

話をさせればすぐにわかるのですがw

そんな2人ですが、見分けるポイントはなんとか2つあります。

1つ目は服装の違いです。

2人とも同じ柄の着物を着ているのですが、ベースとなる色が辛うじて違います。

有一郎は黒色ベース、無一郎は白色ベースとなっているので、これが1番見分けやすいと言えるでしょう。

2つ目は目つきの違いです。

無一郎を守ろうと必死に気を張っていたせいもあるでしょうが、有一郎は眉毛が上を向き、怒っているような顔をしていることがほとんどです。

逆に無一郎は自信なさげな下がり眉。

2人はその程度しか違いがないくらい同じ見た目をしています。

無一郎が黒死牟戦で死亡した時、再会した有一郎は亡くなった11歳のままの背丈であり、14歳となった無一郎が頭半分大きいのが新たな違いとなっています

これは切ない違いとなりましたね…。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎は強かったのか!?

有一郎も無一郎と同じく始まりの呼吸の剣士の末裔です。

もしかしたら秘められた力があったのかもしれませんが、残念ながら披露する機会なく鬼に殺されてしまいました。

鬼が入ってきた時、有一郎はとっさに無一郎を庇ったのかもしれません。

一瞬で腕を落とされ、有一郎は満足に戦うことはできませんでした

無一郎は有一郎が襲われたのを見て我を失いました。

無一郎が我に帰った時には鬼を返り討ちにしていました。

この時にはすでに朝日が昇っています。

その間、少なくとも5時間くらいはたつでしょうか…。

有一郎は無一郎が帰ってくるまで生きていました。

有一郎は死にそうになりながらも、弟の無事を祈っていました。

無一郎はずっと有一郎に嫌われていると思っていました。

最後に兄の本当の想いを知ることができたのは、有一郎の生命力の強さのおかげです。

有一郎は”最愛の兄”だったと、無一郎は深く理解したはずです。

有一郎は肉体的な強さはまだ成長段階であった為、未知数と言わざるを得ませんが、精神的な強さは11歳としては並外れて強かったものと思われます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎の最期!?

有一郎は鬼に襲われ、致命的な重傷を負い、無一郎が鬼を返り討ちにして戻ってきた時にはすでに虫の息でした。

有一郎は死ぬ直前まで、うわごとのように無一郎の無事を祈り続けていました

神様…仏様…どうか弟だけは助けてください…弟は俺と違う心の優しい子です…人の役に立ちたいというのを俺が邪魔した…

無一郎は兄の言葉を聞いて、自分が兄に嫌われていたのではないということを悟りました。

二人は心から嫌いあっていたわけではなく、ただすれ違っていただけだったのです。

有一郎は優しすぎる両親の死を見てきました。

どんなに善良に生きていても神も仏も助けてはくれない…それもわかっていました。

それでも、有一郎は弟の無事を祈らずにはいられなかったのです。

わかっていたんだ…本当は…無一郎の無は無限の無なんだ

有一郎の最後の言葉は無一郎に大きな力を与えました。

“お前は自分ではない誰かのために 無限の力を出せる選ばれた人間なんだ”

無一郎は有一郎の言葉通り、最後まで誰かの役に立ちたいと願い、戦い抜きました

無一郎が黒死牟戦で死んだ後、2人は再会し、抱き合いました。

黒死牟の子孫の末裔だった有一郎と無一郎。

思えば始まりの剣士だった黒死牟と縁壱も双子でした。

無一郎が死に、始まりの剣士の一族はここで途絶えることになります

最初も最後も双子とは、なんだか運命的な最期でしたね…。

 

スポンサーリンク

まとめ

時透有一郎は霞柱・時透無一郎の双子の兄です。

有一郎と無一郎はパッと見ただけでは違いがわからないほどそっくりな双子でした。

見分けるポイントは服の色と目つきです。

有一郎は言葉がきつく、無一郎は有一郎が死ぬ間際まで嫌われていると勘違いしていました。

でもそれは全くの間違いです。

有一郎は誰よりも無一郎の無事を願っていました。

10歳で両親を亡くし、無一郎だけは守りたいと願った有一郎。

無一郎を危険な目に合わせない為に、あまねを追い返し、無一郎が誰かの為に戦うことを拒否したのです。

不器用すぎて、上手く伝えられない有一郎は無一郎とすれ違いの日々を送ります。

…ある夏の日、鬼が2人を襲います。

有一郎は腕を落とされ、致命傷を負ってしまいました。

無一郎が我を忘れて鬼を返り討ちにしている間、有一郎は無一郎の無事を祈り続けていました。

そのことを知った無一郎は、有一郎の本当の気持ちをようやく知ることになるのです。

無一郎は黒死牟との戦いで命を落とし、有一郎と再会を果たします。

有一郎は最後まで無一郎が無事に生きていくことを願っていました。

『無一郎に死なないで欲しかったんだ…無一郎だけは…』

結果としては早すぎる再会になってしまいましたが、有一郎は誰かの為に死ぬまで戦い抜いた無一郎を抱きしめてあげました。

2人は現世でも双子として生まれ変わっていました。

新しい人生では仲良く楽しく大人になってほしいですね!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒時透無一郎は黒死牟の子孫!?明かされた衝撃の事実!命懸け・・

⇒心に突き刺さる名言の数々!鬼滅の刃名言まとめ!・・

⇒十二鬼月・上弦の壱!「こくしぼう」とは?実力No.1?正体に・・

⇒柱を演じる声優さんが豪華すぎ!柱担当の声優さん9名をご紹・・

⇒鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落と・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です