スポンサーリンク

【アオアシ】もう1人の3年生FW藤宮!引退後に目指す道とは??

スポンサーリンク

部活動よりは少ないとはいえ、30人以上の選手が所属するエスペリオンユース。

これだけ人数が多いと、作品中で扱いの差に濃淡が出るのは仕方がありません。

これから紹介する藤宮は、最上級生でありながら活躍の場面がない、ある意味で不遇なキャラでした。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】藤宮姫央のプロフィールは??

アオアシ/©小林有吾

名前は、藤宮 姫央(ふじみや きお)

アシトたちの2学年先輩に当たります。

義経たちと同期ですね。

実はこの学年でFW登録されているのは、義経と藤宮の2人だけだったりします。

背番号は2年生の栗林と阿久津がレギュラー番号の10と4を使っているため、3年生で唯一の控えである「12」です。

背番号の法則はこちらを参照してください。

もうね、この時点で藤宮の扱いが察しられます。

【アオアシ】それぞれの選手の背番号には意味がある?主要キャラの背番号について大公開! (manga-netabare-kanso.com)

入学式でサッカー観の相違から衝突するアシトと朝利。

単行本では5巻になります

朝利はアシトを「Bチームで5番目のFW」と位置付け、先輩FWが既に2人いることを説明します。

気になるのはそこでイメージとして描かれた藤宮です。

桑田は髪型が特徴的なので、まあ分かります。

しかし藤宮は短髪は同じですが誰だこれ?

まだキャラが固まっていない時期によくある、マンガならではのギャップぶりです。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】藤宮は花形のセンターフォワード!

アオアシ/©小林有吾

東京時リーグ第一節の対戦相手は成京高校。

藤宮はセンターフォワードでスタメン出場です

まだFWだったアシトが左で、右は橘のスリートップ。

エスペリオンは、4-3-3のシステムで試合に挑みます。

キャプテンは平が担当しました。

学年は藤宮が上ですが、この辺りは育成重視のチーム方針なのでしょうね。

試合は前半が0-3とボロボロのエスペリオン。

逆転には最低限4点は必要です。

FWには美味しいシチュエーションのはずですが、藤宮に見せ場はありませんでした

この試合はケンカした1年生が結束するエピソードのため、トライアングルを会得したアシトを中心に1年生で4得点という結末になりました

藤宮はハーフタイムの控え室で何やら文句を言っているのですが、考え中のアシトには耳に入っていないようでした。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】FWとしての藤宮の存在感とは??

アオアシ/©小林有吾

第二節は久留米第一戦です。

藤宮は再びセンターフォワードに起用されます

今度は右に橘に代わり桑田が入りますが、アシトは左FWとしてスタメンに残ります。

試合結果は3-0で圧勝するエスペリオン。

しかし、ゴールを決めたのは、アシト、黒田、平の3人でした。

藤宮は得点はおろかアシストにも絡めません

ハーフタイムでアシトの隣に座っていたくらいの存在でした。

この試合は福田が観戦したため、選手は相手よりもベンチが気になります。

藤宮が福田を意識するほどのパフォーマンスを披露したかは疑問ですが。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】藤宮が活躍しない?ノーゴールの日々!

アオアシ/©小林有吾

都リーグ4連敗と後がないBチーム。

まだ第六節を終えたばかりですが、清水は早くも降格圏のチームに危機感を覚えます。

圧倒的に得点力が不足しています

未だに無得点の橘はうなだれるばかりです。

FW陣の奮起を促す清水。

下級生にここまで言われて、FWとして藤宮の心境はいかばかりか気になります。

では、アシトがDFに転向以降、Bチームの得点はどれくらいでしょうか?

第三節の東京VANS戦は、0点。

第四節の関東学園戦は、0点。

第五節の東京国堂館戦は、0点。

第六節の江戸川実業戦は、0点。

気がつけば、リーグは9位で降格圏。

総得点数も武蔵野の17点に対して7点と、ダブルスコア以上つけられています

これでは清水が怒るのも無理ありません。

ちなみに、多摩体戦ではリハビリ中の義経が出場したため、藤宮は控えでベンチを温めます。

ドンマイ。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】藤宮最後の活躍!?執念のヘディングシュート!

アオアシ/©小林有吾

そして武蔵野戦。

相手はそれまで全勝中のチームです。

現時点でのBにおいて、ベストメンバーを発表する伊達。

義経はもうBにはいません。

FWのセンターはやはり藤宮でした。

MFとDFの各1名ずつは未定の中、FWの3人は早々と固定する辺りに伊達からの信頼がうかがえます

試合序盤はダイレクト・サッカーに徹するエスペリオンが有利に展開。

アシトは橘、竹島はロアンにロングボールを送ります。

2人ともシュートでフィニッシュして良い感じでしたが、藤宮にはパスが届きませんでした。

武蔵野が武藤の指示により、エスペリオンの攻撃に対応してきたからです。

これにより見せ場を失った藤宮。

前がかりに攻めたアシトが献身的にセンタリングを上げますが、頭で合わせた藤宮はヒットしません。

“パスッ”という擬音もまたショボい。

悔しがる藤宮ですが、このこぼれ球に反応したのが橘がアクロバットシュートで同点に追いつきます。

結果的に橘へのラストパスとなりました

その藤宮にはヘディングでのチャンスがもう1回ありました。

コーナーキックをした黒田からのセンタリング。

混戦から頭に合わせましたが、残念ながら枠から外れてゴールになりませんでした

結局、このプレーが藤宮にとって最後の輝きとなりました。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】ユース退団を決めた藤宮!次の選択は??

アオアシ/©小林有吾

各クラブで細かい事情は異なりますが、ユース生にも引退の時はやってきます。

転機となるのは9月ごろ。

トップに昇格する見込みのない選手には、その旨が直接伝えられます。

そこから先の選択肢は人それぞれです。

エスペリオンでは3年生の4選手が退団を決意しました

残念ながら藤宮もその1人です。

一色は海外挑戦のプロジェクトで渡欧。

後にアルメニアの1部リーグに合格したことが判明します。

中川と斎藤は希望する大学の推薦がもらえず、一般入試受験に専念をします。

そして藤宮は?

サッカーからは完全に引退をするようです。

第二の道として、理学療法士を目指すことになりました

理学療法士の資格を取れば、将来はスポーツ選手のリハビリなどに関われる可能性がでてくるはずです。

かくして、藤宮の物語は終わり・・・ませんでした。

藤宮は青森戦を観戦に来ると、3年生たちには連絡をしていたのです。

3年生たちの想いを背負う馬場にとって、微力ながら力になったかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

アオアシ/©小林有吾

最初は主人公と同じポジションのため、割りを食った印象の藤宮。

何だかんだでアシトはAに踏み留まったことから、Bの藤宮と絡む場面は全体練習を通じてもありませんでした。

そもそもセリフがあったのか怪しいキャラでしたが、もしかしたら数年後はリハビリトレーナーとしてチームスタッフに名を連ねているかもしれませんね

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA