【アオアシ】エスぺリオンの純正DF「竹島龍一」はどんな人物?サッカースタイルや活躍ぶりは?

スポンサーリンク

竹島は序盤から登場し、アシトと共に成長していく主要な登場人物です。

そんな竹島の人柄や、プレーについて、そしてチームメイトとの確執などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】竹島龍一はどんな人物?

アオアシ/©小林有吾

竹島はアシトと同じエスペリオンユース1年生で初登場から武蔵野蹴球団との試合前までは赤髪リーゼントでスラムダンクの桜木花道を彷彿とさせる髪型でした

事実、武蔵野蹴球団との試合前に絶不調のチームと自分自身に気合を入れる為に竹島は丸刈りにしますが、赤髪リーゼントが気合を入れるのは丸刈りが相場と決まっていると言っており、本人も桜木花道を意識しているようでした。

その他にも同級生でユースからスカウトでエスペリオンに加入した冨樫との因縁など常に物語に登場し続けているメインのキャラクターです。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】竹島龍一はジュニアユース昇格組!

アオアシ/©小林有吾

竹島はアシトとは違いエスペリオンのジュニアユースから昇格してきた昇格組です。

ユース昇格直後は、昇格組は昇格組、セレクション組はセレクション組で仲良くしており、同じチームでもアシトと竹島が打ち解けるのはかなり後で、アシトがDFにコンバートされてからのお話です。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】竹島龍一のDFとしてのスタイルは!?

アオアシ/©小林有吾

竹島は攻撃的サッカーをモットーとするエスペリオンの中で非常に珍しい、超守備的DFです。

全員攻撃と言ってDFも含めて全員攻撃に行ってしまった時も、GKを1人にするわけにはいかないと、しっかりDFに残っていました。

そんな竹島はアシトがDFにコンバートされた時に、一緒に夜練に参加しDFの基本的な動きや、ロングキックのコツなど色々なことを教えてくれる面倒見の良いキャラでもあります。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】プレー中は真面目だが普段はチャラ男?

アオアシ/©小林有吾

また、竹島はプレー中と普段の性格のギャップがすごいキャラでもあります。

試合中は非常に厳しく、アシトがDFにコンバートした後の紅白戦などでは、特に厳しく指示をしたり、同じ失敗を2回しそうになったことに対して強い口調と険しい表情で指摘しています

アシトは当然この竹島の試合中の言動にはかなりビビっていました。

しかし試合が終わると竹島は一変します。

試合中の表情とはまるで別人のようにニコニコして、練習場に彼女を連れてきているのです。

そして、試合中に怒った事の理由や改善策などを丁寧に説明してくれます。

竹島曰く、「俺、サッカーとプライベート完全に分けるタイプだからよ!」と言っていますが、あまりの豹変ぶりにアシトも呆然としてしまうほどです。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】竹島龍一vs大友栄作!

アオアシ/©小林有吾

前述した彼女を練習場に連れてきたことで、大友の逆鱗に触れます。

それを見た大友は鬼の形相になり、嫌いなやつランキングの1位に圏外から竹島が一気に上昇しました

ちなみに大友嫌いなやつランキングですが、1位に竹島がなり、2位はモデルと結婚するサッカー選手、3位は朝利、4位は自分のことを名前で呼ぶ女と付き合う男がランクインしています

大友はセレクション組なのでユースから竹島と出会いましたが、竹島は小学生の頃からエスペリオンの練習にクラスの女子を連れてきていたので、その頃に大友がいたらもっと嫌いになっていた事でしょう。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】竹島龍一と冨樫慶司の関係は?

アオアシ/©小林有吾

結論から言うと、ユースに入団当初、竹島と冨樫と関係は最悪でした。

今でも仲良しではないですが、Bチームでセンターバックでコンビとして、そしてAチームでもコンビを組む程にまで関係は改善しましまた。

そもそも2人の関係が最悪だったのは2人が小学生時代、エスペリオンのジュニアでの練習の頃まで遡ります。

冨樫はエスペリオンのジュニアに練習生として、すでにエスペリオンのジュニアに入団していた竹島と出会いました。

そのジュニアの練習試合で失点しそうだが、クリアに向かえば怪我をするかもしれないというシーンで竹島をはじめ、ジュニアの選手は怪我のリスクを回避するために足を止めました。

しかし練習生の冨樫は、怪我のリスクを恐れずクリアに向かい、ゴールに突っ込みました。

ここで冨樫が竹島と決定的な確執を生む発言をします。

それは「怪我をしない。プロになる。勝つ。この順番だよ。お前ら、アカデミーのサッカーは。この順番を守るために、どっかで差し引きしながらサッカーやってるんだ…でも1番反吐が出るのは、その自覚がねえことだ」というセリフです。

このセリフが竹島の心にずっと残っており、冨樫に嫌悪感を抱いていました

それがきっかけでユース入団後、殴り合いの喧嘩にまで発展してしまったのです。

この確執が解消されるきっかけになったのが、Bチームの武蔵野蹴球団戦でした。

ことの発端は前半終了間際、前述のクリアに向かうと怪我をするリスクがあるシーンに竹島と同様に冨樫とジュニア時代から確執がある黒田が直面します。

ジュニア時代はリスクを回避するために足を止めた黒田でしたが、今回は迷うことなくクリアに向かい、クリアすることはできましたがポストに頭を直撃し、流血してしまいました。

このプレーには冨樫も驚きを隠せませんでした。

そしてハーフタイム、自分の弱さと向き合うと決めた竹島は冨樫と協力してプレーする事を提案します

竹島や黒田の成長を目の当たりにし、サッカーに関係ないこだわりが残っていて前を向けていないのは自分だけなのだと痛感し、後半からは竹島と協力してDF、主にチャレンジアンドカバーを確実に行うためにコミュニケーションを取りながら試合に臨むことになります。

その後試合で、互いに互いのことは嫌いだと明言はしますが、互いの能力を認め合い得意不得意を活かし合うという、連携が取れた素晴らしいコンビに成長していきます

後にこのコンビは、Aチームの主力がU-18日本代表や怪我で選手不足になった時は、Aチームのセンターバックコンビとして試合に出場し、素晴らしい連携でエスペリオンの勝利に貢献しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

アオアシ/©小林有吾

ここまで、エスペリオンでは珍しい守備職人である竹島龍一を紹介しました。

アシト達1年生はエスペリオンユースに入団した当初は昇格組とセレクション、スカウト組で確執があり、竹島はその確執の中心人物だったのです。

アオアシという物語で技術の成長はもちろん、精神面でも成長を描くためには、竹島が自分の弱さと向き合い過去のしがらみに打ち勝つことは非常に重要なシーンだったのではないでしょうか

今後もアシトと共にDFラインを担う竹島の活躍に期待したいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA