【アオアシ】作者の小林有吾はどんな人物?アオアシを描くことになったキッカケや作品にかける思いとは!?

スポンサーリンク

ビッグコミックスピリッツで絶賛連載中(既刊27巻)のアオアシの作者、小林有吾さん。

アオアシは選手の動きや戦術といった見どころポイントが押さえられていて、サッカーに関する知識や理解がより深まるように作られています。

 

そんな累計発行部数1,000万部、2022年4月にはアニメ化されることも決定している超人気漫画は作者のどのような生い立ち、キッカケから誕生したのか詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【アオアシ】作者「小林有吾」はどんな人物?

アオアシ/©小林有吾

愛媛県松山市出身で、地元愛が大変強く、現在も愛媛県に在住されています。

また、地元のサッカークラブ愛媛FCのサポーターでもあります。

2018年愛媛FCが成績低迷し降格の危機に瀕した際にはスタジアムのスタンドに自身の作品アオアシのビッグバナーを2枚提出し、貢献されていたそうです。

 

2020年に「アオアシ」で第65回小学館漫画賞一般部門を受賞されました。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】作者「小林有吾」の漫画家までの道のり

アオアシ/©小林有吾

作者の小林有吾さんは、一度就職されたのち、子供の頃からの唯一の夢でもある「漫画を描きたい」気持ちを諦めきれず、24歳で漫画家を志したそうです。

親に迷惑をかけ、ダラダラと日々を過ごしていた自分と決別する決心を作ってくれたのが“漫画”みたいです!

 

スポンサーリンク

【アオアシ】アオアシを描くことになったキッカケは?

アオアシ/©小林有吾

元々、地元の愛媛FCの影響で大のサッカーファンだったそうなのですが、「自分にサッカー漫画を書くのは無理だ。」といった思いから当初はサッカー漫画を描く気は全く無かったようです。

ところが、転機が訪れたのが当時のスピリッツ副編集長からの「ユースを舞台にしたサッカー漫画が欲しい」という一言。

 

一度は断ったとのことなのですが、当時のスピリッツ副編集長が、多くの有名漫画家さんを育てた経歴をお持ちの方だったそうです。

「そんな方が、実績もない自分にこれだけ薦めてくれるというのは何か理由があるのでは?」と考え直したことがキッカケで“アオアシ”という大人気漫画が誕生しました。

 

そんなアオアシには作者の小林有吾さんは特別な思いがあるそうで、漫画家として売れない時期が続いた際の勝負作がアオアシだそうです。

とにかく主人公は、小林有吾さん自身が感情移入できるように作ろうと考えていたそうで、そのために主人公の青井葦人を愛媛出身という設定にされたそうです。

小林有吾さんも母子家庭で、姉弟は姉ひとり、3人家族というのも主人公と一緒で、アオアシの作品内で主人公が上京する際に母から手紙を貰うシーンがあるのですが、小林有吾さん自身同じように母から手紙を貰っていたそうです。

 

この自身を投影したことが作品の面白さにも繋がっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】モデルとなった愛媛FCとは?

アオアシ/©小林有吾

愛媛FCは、日本の松山市を中心とする愛媛県全県をホームタウンとするJリーグに加盟するプロサッカークラブです。

現在はJ3リーグで試合を行っており、元日本代表の森脇良太選手なども所属しています。2020年の総観客数はコロナ禍の影響で31,757人と落ち込んでしまっていますが、2019年は総観客数79,373人となっています。

 

試合当日には、さまざまなイベントが行われおり、地元の方々や全国各地のサポーターから愛されているクラブです。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】スピンオフ「ブラザーフット」にかける作者の思いとは?

アオアシ/©小林有吾

元々、アオアシを描き始めた当初から「愛媛FCをモデルにしたチームを描きたい」という思いがあったそうです。

そこで生まれたのがアオアシの主人公、青井葦人の兄でもある青井瞬をメインに置いた“ブラザーフット”。

「Jユースの魅力をフルに見せたい。」という作者の思いから、華やかなクラブを紹介するだけではなく、設備が全然整っていない、いわゆる弱小クラブを主軸にした物語となっており、そのモデルが愛媛FCとなっています。

 

「漫画家という自分の仕事をフルに生かしてクラブを押し上げられるのは幸せなことだと思います。」と語っていることからもわかる熱い愛媛FCへの思い。

そんな、愛媛FCへの熱い気持ちやビッククラブではない、小さなJクラブのサポーターの気持ちを見事に代弁したサッカーファン必見の作品となっております。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】作者「小林有吾」の現在は!?

アオアシ/©小林有吾

現在もビッグコミックスピリッツで連載中の”アオアシ”。

そんなアオアシの作者、小林有吾さんのアオアシにかける思いには熱いものがあり、「サッカーを全然知らない、興味がない方にも面白いと言ってもらうこと」を目標にしているそうです。

物語も新展開に入り、熱気が冷める気配がないアオアシですから今後も小林有吾さんのアイデアに目が離せなさそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ

アオアシ/©小林有吾

サッカーや地元に対する熱い思いから、人々を夢中にさせてくれる作品を生み出す小林有吾さん。

“アオアシ”や“ブラザーフット”はサッカーファンにはもちろんのこと、サッカーを見たことない人に取っても熱中できる作品となっており、幅広い人気を博しています。

 

今後も小林有吾さんの作品、活躍に注目していきたいですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒スピンオフ作品「ブラザーフット」はどんな内容?葦人の兄「瞬・・

⇒花の名言「人間は考える葦である」はどこで生まれた?どんなシ・・

⇒FWからDFに転向した主人公「青井葦人」はどんな人物?彼の持・・

⇒ファンが選ぶ名シーン特集!感動した!心動かされたシーンとは・・

⇒花ちゃんの夢はスーパー外科医!?アシトや杏里との関係に注目・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA