【アオアシ】ウォーリーを探せ?神出鬼没のちょいキャラ?エスペリオンのPRに欠かせない広報は壬生年宗! 

スポンサーリンク

育成王国のエスペリオンには、スター選手ばかりでなく、後に輝くであろうダイヤの原石たちが数多く存在します。

福田や伊達たちはフィールド内で選手たちを輝かせるスタッフです。

一方、フィールドの外でチームや選手たちを周知させようと、PRをするのが広報の仕事になります。

そんな大所帯チームの広報を担当するのが、これから紹介する壬生になります

一見すると露出度が少ない気がするキャラですが、実は伊達や月島よりも早く登場をしていました。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】壬生年宗のプロフィール!

アオアシ/©小林有吾

壬生 年宗(みぶ としむね)

エスペリオンの広報を担うスタッフです。

キャラ紹介の際には、特にユース限定というクレジットはないので、トップチームからジュニアまでエスペリオンの全チームの広報を担当していると思われます。

身長は平たちと並んでいるシーンを見ると同じくらいなので、170cmは超えているかな。

目は細目で髪は後ろに流しています。

顔のほうれい線は伊達ともいい勝負。

福田が35歳なので、年齢的には上のような印象がします。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】意外と登場が多い?モブキャラの壬生

アオアシ/©小林有吾

壬生の名前と役職が判明したのは23話ですが、初登場は記念すべき第1話だったりします

場面はエスペリオンの事務所に遡ります。

福田に電話する花に早く代わってと、後ろからせかす人物をよ~く見ると壬生でした

気が付きました?

どうやら花ばかりでなく、福田はスタッフに連絡なしで四国に墓参りで帰省したようです。

広報としてはスタッフのスケジュール把握は大切ですからね。

まして明後日は首位決戦というセリフもありましたので、焦る気持ちも分かりますよ。

壬生はそのほかにも、セレクションの1次選考の会議にも出席していました

これも会議室全体を描いたシーンの1コマなので、意識して探さないと発見できないかも。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】エスペリオンの広報スタッフは?

アオアシ/©小林有吾

また、同じ広報担当としては、アシトがセレクションを受験した時には眼鏡をかけた緑川耕一というキャラが登場しました

受験生たちにトップチームの食堂を開放した人ですね。

ほかには、11対22の変則マッチを取材しようとした金子たちを笑顔でお断りしました。

やはり広報たる者、断りつつも好印象な感じがします。

役職的には壬生とどちらが上とか表記がないので、同格ではないかと思われます

 

スポンサーリンク

【アオアシ】ユース選手の入寮を案内!

アオアシ/©小林有吾

エスペリオンユースに新入団したアシトたちに、ユニホームの支給や入寮のあれこれを教えてくれたのが壬生でした

寮は元々トップチームが使用していたもので、いわばJリーグ仕様。

食事はもちろん、トレーニングルームが完備され、ユニホームの洗濯もスタッフ任せ。

これで月々5,000円!

俺が住みたいくらいだと豪快に笑い飛ばします。

その後は入団式までに諸々の仕事をこなす壬生

記念写真では緊張気味のアシトに大きな声で自己紹介と、リクエストをしながら自分で撮影もします。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】焼肉パーティーの引率担当も!

アオアシ/©小林有吾

京成戦で0-3からの大逆転勝利を飾ったBチーム。

祝勝会はみんな大好きな焼肉でした。

ありがとうメインスポンサー!

海堂電機ご令嬢の杏里による粋な計らいによる全額おごりです。

今日は気兼ねなく盛り上がって欲しいと最初に挨拶をする壬生。

どうやらノリは良さげなキャラです。

ライブビューイングでの栗林のデビュー戦もあり、いい感じで終わった焼肉回。

伊達や月島の姿は最初からなく、同日はAチームが青森遠征で福田も不在のため、現地解散の責任者として最後までアシトたちと一緒だったようです

スタッフも大変ですね。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】広報のお仕事拝見!

アオアシ/©小林有吾

では実際の広報とはどんな仕事をするのでしょうか?

作中では直接描かれるシーンは殆どありませんが、ここでは壬生が関係すると思われる仕事を紹介していきます

 

1:記者会見

広報のメインといえばやはりコレ。

まずはユース入団式です。

『ゴットファザー』を奏でる暴走族の爆音と共に大遅刻した冨樫のアレですが、伊達が上手く場を収めてくれました。

今度は、義経・山田・志村のトップ昇格合同記者会見です。

記者の数を見ても育成王国エスペリオンの注目度の高さをうかがわせます。

そして、栗林のプロ契約の場面です。

さすが「エスペリオンの至宝」。

矢継ぎ早に質問する記者に対して、さすがの壬生も「質問は1人一つ」と慌てて仕切るほどでした。

 

2:情報発信

チームのPR活動として重要な仕事です。

エスペリオンほどのメジャーであれば、オフィシャルサイトがあるのは当たり前でしょう。

試合結果はもちろんのこと、選手紹介やイベントの案内など、多くの情報をチェックしながら適時更新を行っていると思われます。

 

3:対外折衝

金子記者などマスコミへのPRESSの記者証の発行は必須でしょう。

またプレミアリーグの動画は試合2日後に配信されています。

公式外伝『ブラザーフット』では、アシトの兄である瞬や同級生の七波が見ていましたね。

配信元は別会社のようですが、アシトのインタビューなどはマジレスすると肖像権の帰属はエスペリオンにあるので、事前のチェックはしていると思われます。

リーグ戦は原則土曜日に開催なので、配信までの準備や承諾など、様々な手続きは土~日曜日の休日に行われているはず

 

4:グッズ販売など

前述の撮影されたアシトの写真は、エスペリオンのオフィシャルブックに掲載されます。

これには刷り上がったらオカンに送ろうとアシトも思うほど。

レイアウトの組版、校正、校閲をはじめ、サポーターが購入する多くのグッズのデザイン、販売にも関与していると思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

アオアシ/©小林有吾

広報といえば、ある意味チームの顔であります

極端な話をすれば、世間の風評被害は広報の対応次第。

ヘタを打てばマスコミの餌食になりかねません。

もっとも壬生のキャラからすれば、今のところマスコミとの関係も良好かと思われます。

ユースでの活躍が認められて、念願のトップチームとの練習が叶ったアシト。

そのトップには、ドイツリーグへの移籍が決まった日本代表の出口がいます。

また記者会見がありそうですね。

エスペリオンが強いほど、これからも記者会見の数は増えていくでしょう。

いつしか、壬生の段取りでアシトが会見に臨むシーンがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA