スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太のハイプレスでの泥臭いプレー!!優等生を焚き付けたものとは??

スポンサーリンク

何かと個性的な面々が集まっているエスペリオンですが、そんなチームをまとめ上げてきたのが、優等生タイプの高杉榮太です。

主将肌の持ち主で、チームの中でも1位、2位を争うほどに真面目な性格な高杉ですが、試合では泥臭いプレーを躊躇なく見せるなど、サッカーに対してはやはり熱さを持ったプレイヤーとなっています。

今回はそんな、高杉榮太についてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太のプロフィールは??

アオアシ/©小林有吾

高杉は、アシトたちの1学年上の先輩で、高校2年生です。

漢字は少し難しいのですが、高杉榮太(たかすぎえいた)と読みます。

身長182cm体重は72kgと、体格にも恵まれていますね。

エスペリオンのジュニアユースの出身選手で、ユースのレギュラーに定着していることや、U-18日本代表にも選出されていることからも、エスペリオンユースの中でも特に並外れた選手であることがわかります、いわゆるエリートですね!

また高杉は色んな意味で問題児が多いエスペリオンユースの中では珍しい、真面目で優等生なタイプです。

誰が見ても間違いなく主将肌の選手だと思います!

 

スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太のポジションは??

アオアシ/©小林有吾

ポジションはミッドフィルダー、フォワードともにそつなくこなせる万能型で、どこのポジションでもハイクラスにこなすことができます

実際にプレミアリーグ天王山の船橋学院戦では、絶対に負けられない極限状態の中で、5レーンアタックを完成させ、惜しくもオフサイドになってしまったものの高杉自身がゴールネットを揺らしています。

テクニックはもちろんのこと、冷静にシュートを決めきるメンタル面でも屈強な選手と言えそうですね。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太はキャプテンシーの持ち主!!中村平最後の試合に向けチームを鼓舞した!!

アオアシ/©小林有吾

高杉は先ほども書いた通り、個性的なキャラクターが多いエスペリオンユースの中でも真面目な性格で、優等生キャラとして常にチームをまとめ上げています

なので、自分からチームの輪を崩す行動や発言は絶対にしません。

チームのことを第一に考える主将肌の高杉ですが、実際にU-18日本代表の選出で主力選手が数名抜けることになり、エスペリオンの主力が1年生となった際には、不安の色を隠しきれずにいました。

ですが、そんな中でも音楽を聴いていたり、ベンチプレスに夢中になっている阿久津の姿を見て、「後輩が育っていないのは俺たちの責任でもある。なのに、その態度はなんだ!」と怒号を上げます。

いかにチームのことを考えているかがわかるようなセリフですね。

また、ジュニアユースの頃から一緒にサッカーをやってきた中村平が船橋学院戦を最後にサッカーから引退すると語った際には、「船橋戦、点差を広げよう。平を出すために。」と仲間のためにチームを鼓舞する姿が印象に残っています。

こういったシーンからも高杉のキャプテンシーの高さがわかりますね

 

スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太が船橋戦で戦意喪失のなか、栗林に言われた一言とは??

アオアシ/©小林有吾

5レーンアタックを完成させ、勢いにのるエスペリオンでしたが、その後トリポネの個人技によって逆転され、さらにアシトが退場してしまったことから完全に戦意を失ってしまいます。

そんな時、栗林からお前がみんなを焚きつけたんだぜ。10人になったところで戦意喪失かよ?」「みんなには雑念ぐらいにしかならなかったろうな、平のことが!とキツイ言葉を浴びせられました。

この言葉をきっかけに、高杉を始め、エスペリオンの選手たちは再び熱意を取り戻し、何とか同点で船橋学院戦を終えるのでした。

 

スポンサーリンク

【アオアシ】高杉榮太は船橋戦のあとユースの副主将に!!

アオアシ/©小林有吾

船橋学院戦を終えた高杉は阿久津の下へと歩み寄ると、衝撃的な一言を発します。

それは「阿久津。2年生の総意だ。お前に正式に、主将をやってもらいたいんだ。」と。

この高杉のセリフに驚いた『アオアシ』ファンの方は多いのではないでしょうか。

確かに船橋学院戦で、逆転を許した際に諦めていなかったのは、栗林と阿久津だけでしたが、それでも性格に難があり、高杉とは犬猿の仲だった阿久津に主将を譲るという決断は、物凄い決意があったからだと思います。

ただ、もしかすると犬猿の仲だったからこそ、誰よりも阿久津の強みを理解し、自分にはないけれど、阿久津にはある主将の器というものを感じたのかもしれません

いずれにしても、副主将という立場には変わりましたが、主将の阿久津を始め、上手くチームのバランスを取ってエスペリオンを【ユース史上最強のチーム】へと成長させていってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

アオアシ/©小林有吾

今回は個性的なキャラクターたちが多いエスペリオンでは異色の優等生、高杉榮太についてご紹介してきました。

船橋学院戦を機に副主将となりましたが、それでもチームにとって欠かせない選手の1人であることは間違いありません

今後はエスペリオンのトップチーム、プロの世界に足を踏み込んでいくような実力の持ち主なので、高杉の活躍からは目が離せませんね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒一番人気があるキャラは?・・

⇒北野蓮はどんな人物?青森星蘭高校の実力派の活躍ぶりやプレー・・

⇒エスぺリオンの至宝「栗林」とはどんな人物?天才と評される彼・・

⇒桐木曜一の内に秘めた強烈なエゴとは??ユースNO2の実力が・・

⇒中村平は引き際が美しい気配りの男!?去り際の涙が胸を締め付・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA