【キングダム】冷酷で残虐!!無敗の秦の将軍、桓騎(かんき)の弱点とは!?

スポンサーリンク

大好評連載中のキングダム。

その好評ぶりはとどまることを知りません。

今回は秦国で活躍する将軍、桓騎(かんき)についてお話しして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】桓騎(かんき)とはどんな人?

桓騎(かんき)は元々数々の盗賊団を従える首領でした。

蒙鷔将軍に才覚を見出されてからは、蒙鷔軍の副官として戦場で活躍していきます。

桓騎(かんき)の性格は残虐非道で将軍になった今でも残忍な行為を好み、昌平君から残忍な殺しの禁止を言われるほどの性格です。

この性格は盗賊団時代の名残でもあり、これからもこの行為は続いていくでしょう。

作中では、信と真逆の人間として書かれることもあります。

 

【キングダム】秦国での地位の立ち位置は?

桓騎(かんき)は盗賊団の首領から蒙鷔将軍の副官として活躍し、蒙鷔将軍の死後、将軍となり軍を率いています。

将軍という高い立場にいる桓騎(かんき)ですが、秦国の将軍たちの反応は様々です。

残虐非道な性格を嫌う将軍も多く、警戒している将軍もいる中、実力だけで言えば六将にも劣らない実力の持ち主であることから、その実力に期待する将軍も多くいます。

 

【キングダム】桓騎(かんき)の配下はどんなメンバーがいるの?

桓騎(かんき)軍の配下には盗賊時代からの配下が多く所属しています。

そのため、他の軍にはいないような個性的なキャラクターが数多く存在します。

その中で軍の中枢を担っている重要な4人が存在します。

それが雷土、黒桜、摩論、オギコの4人です。

この4人について少し詳しく説明します。

雷土

自身も軍を率いる桓騎(かんき)軍副官です。

桓騎(かんき)が敵陣に乗り込む際は軍を任されたこともある人物。

大きな図体と傲慢な性格で部下からは怖がられる一面もある。

しかし指揮力があり、戦場での判断力と統率力は素晴らしいです。

 

黒桜

桓騎(かんき)軍唯一の女性副官。

女性でありながら大軍を率いて戦います。

特に騎馬や弓矢に優れているため、戦場の変化を捉えいち早く自軍の有利になるように戦況を動かすことが出来る人物です

 

摩論

桓騎(かんき)軍の参謀です。

桓騎(かんき)の奇策にも対応する戦略に長けた人物です。

自称する通り紳士の振る舞いで、他の兵たちにも対応する紳士ですが、副官の中ではいじられキャラとして扱われているようです。

 

オギコ

桓騎(かんき)お気に入りの千人将です。

独特な風貌と喋りで戦闘や伝令をこなす人物です。

間抜けなキャラクターとしてのイメージがあるが、腕っぷしは強いため桓騎(かんき)から気に入られています。

以上が重要な4人です。

そのほかにもゼノウ一家や砂鬼などのキャラクターがいます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】桓騎(かんき)のこれまでの戦い方と結末は?

桓騎(かんき)が始めて登場したのが山陽平定戦です。

この戦では桓騎(かんき)が魏国の本陣を攻め入り、副将玄峰を討ち取ったことで戦場は好転し、勝利に大きく貢献しました。

それからは、合従軍襲来戦の時に函谷関で張唐とともに韓将成恢を討ち、合従軍にダメージを与えます。

それから秦国の長い内戦が終わり中華統一のための敵国侵略が始まります。

対趙国戦が始まり信と桓騎(かんき)は合同で慶舎を討ちます。

これから先も桓騎(かんき)の活躍は続いていきます。

 

【キングダム】桓騎(かんき)と信の関係は?

作中ではよく信と桓騎(かんき)は対比関係として表されます。

信は人を思い、侵略した国の住民に対しては絶対に残虐な行為は行わず、盗みなども行わない人物です。

しかし桓騎(かんき)は残虐非道な行いを度々行い、戦に勝つために必要とあらば、何百人を殺し耳や目を削ぎ落とし敵将に送りつける残虐な人物です。

そのため両極端の関係である信と桓騎(かんき)は不仲であると言っても良いと思います。

 

【キングダム】桓騎(かんき)軍の特徴

桓騎(かんき)が残虐非道と言われるのは軍の特徴からもうかがえます。

桓騎(かんき)軍の特徴は残虐の一言につきます。

耳を切り落としたり目をくり抜いたりするだけではなく、黒羊丘戦では紀彗将軍を戦線離脱させるため住民を殺し住人で巨大な人の橋を作るほどの残虐ぶりです。

そのようなことが出来る桓騎(かんき)軍ですが、ほかの軍にはない特徴としては拷問軍である砂鬼一家がいます。

桓騎(かんき)軍の拷問は全て砂鬼一家が行っていて、その凄まじさは言葉では表せないほどです。

このように拷問軍がいることが桓騎(かんき)軍の特徴だと言えます。

 

【キングダム】部下に慕われていない?

戦で負けなしである桓騎(かんき)ですが、さまざまな将軍が言うように桓騎(かんき)には重大な弱点があるようです。

ここで弱点はどこなのか説明していこうと思います。

タイトルでは部下に慕われていないことが原因ではないのかとありますが、それはないと思います。

桓騎(かんき)軍は元々盗賊軍です。

その盗賊軍をまとめていたのが首領であった桓騎(かんき)です。

そのため昔からまとめていた副官達や部下には慕われていると思います

 

【キングダム】人を惹きつける魅力がない?

ここでは人を惹きつける魅力がないのかについてですが、魅力はほかの将軍に比べても劣らないほどだと思います。

確かに那貴は軍を移りましたが、そのほかの副官などは桓騎(かんき)に惹かれて軍で活動していると思います。

 

【キングダム】最大の弱点はカリスマ性?

桓騎(かんき)の最大の弱点はカリスマ性ではないのかと言われています。

しかしこれもないと思います。

カリスマ性においても桓騎(かんき)はほかの将軍に比べても劣らないと思います。

逆に劣ってしまうのならば、六将級であると太鼓判を押した王騎と蒙鷔の見る目がなかったことになり、メンツが立ちません。

そのため、これも違うと思います。

 

まとめ

つまり何が弱点かはこの先を見ていかないとなんとも言えません。

しかしこの弱点を突いてくる将軍が必ず出てきます。

この将軍が出てきた時にどのような対応をとるのか楽しみですね。

この先のストーリーをお楽しみに!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です