【キングダム】千斗雲が強い!満羽との関係性とは!?

スポンサーリンク

千斗雲(せんとうん)は秦魏同盟軍が攻略した什虎の戦いで強敵として立ちはだかった什虎軍の将

圧巻の強さに加え「変態」とも言われるおかしな言動と人柄で大きな話題を呼びました。

本記事ではそんな千斗雲についてまとめました。

驚きの強さや人柄、そこに秘められた悲しき過去や什虎城の戦いでの活躍まで、千斗雲について詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲のプロフィール

千斗雲(せんとうん)は楚国・什虎城の将軍。

ストレートヘアが特徴の長身痩躯の男性です。

初登場は第650話

秦と魏が同盟を組み楚の要地・什虎を取りに来た際、什虎軍として月知平原にて迎えうち、録鳴未や乱美迫と交戦しました。

什虎城の城主は満羽ではありますが、千斗雲はその部下というわけではありません。

千斗雲は元々楚に併合された小国「暦」の大将軍。

千斗雲含む什虎の将軍たちはそれぞれが亡国の残党で、国が滅んだ後もなお楚軍と戦い続けた上に敗れなかったため、観念した楚に生存を許され什虎を与えられたという経緯があります

そのため什虎軍として列国の侵略をはねのけてはいるものの、楚国に忠義があるわけではありません

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲の性格とは?

千斗雲(せんとうん)は奇天烈な発言が多い、変態なほどの戦闘狂

まず初登場が、満羽と共に何故か全裸に外套(靴は履いている)という衝撃スタイルでした。

そして蒙武率いる秦軍が攻めてくるという報を聞くと「嬉しすぎて鼻血通り越してもう半勃ちでいきそうだ」と涙目に。

開戦すると、満羽が出撃したのを見て我慢しきれず出撃してしまいます。

魏軍が参戦してくると「一緒にやっちゃっていいの?」とさらに大興奮し、狙い撃ちされかねない戦場のド真ん中に位置取りました。

戦いの邪魔をする者は敵にも味方にも容赦なし。

千斗雲は自分の強さに自信を持っていて、とにかく戦いたくてたまらないといった感じなのです。

しかし戦に飢え奇行の多いこの性格は、母国の崩壊と共に心が壊れてしまった故のもの

この点については後ほど「千斗雲の過去とは?」の項目でご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲の強さとは?

千斗雲(せんとうん)の得物は大矛。

自ら突っ込み前線を押し上げるタイプの将軍です。

千斗雲は将としては痩せ型ではありますが見た目以上の怪力を誇り、一振りで戦場を切り拓くその強さはさすが戦闘狂なだけあります

そしてなんと録鳴未と乱美迫の2人を相手に互角以上に戦い、それでもまだまだ余裕を見せていました。

他に呉鳳明の本陣を突くという動きも見せていますので、用兵術も巧みな様子。

千斗雲は楽しさを求め自在に戦場を駆け回ってはいるものの、単なる戦闘狂なのではなく、ちゃんと戦争に勝利するために動いていると感じます

強力な武と知を持っているからこそ、最後まで大国・楚にも敗れなかったのでしょう。

しかも什虎城の戦いで千斗雲は終始余裕を持ったままでしたので、その強さはまだまだ底が知れないといったところです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲は実在した?

『キングダム』は史実を元に描かれていますが、千斗雲(せんとうん)はオリジナルキャラクターのようです

同じく什虎軍を率いる満羽・玄右・寿胡王もキングダムオリジナル。

「什虎」という場所も史実には無く、そもそも秦が魏と同盟を組んで楚を攻めたという記録も『史記』にはありません。

つまりこのエピソードすべてがキングダムオリジナルなのです。

ただし別の書物には秦魏が同盟によって楚を攻めかけたというような資料もありますので、恐らくその辺から広げていったのでしょう。

『史記』を追うキングダムが何故無理やり什虎の戦いを描いたのかというと、どうやら後の蒙武の物語を盛り上げるための伏線になっていそうです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲の過去とは?

千斗雲(せんとうん)はかつて小国「暦」の大将軍でした。

千斗雲の過去は、小国「汨」の大将軍であった満羽の過去と重ねて語られています

満羽は汨国を守るため楚を退け続けていた国の英雄であり、王や大臣たちが楚への降服を考え始めても、満羽ら軍部は民を想いこれに反対し戦い続けていました。

しかし満羽たちが遠地で戦っている間に国が降服。

満羽たちは帰る場所と守るべきものを失ってしまいます。

その後彷徨いながらも楚軍と戦い続けていましたが、ある日、知らない間に汨の人間を含んだ楚軍と戦っていたこと、それを殲滅していたことに気づいてしまい、精神が壊れてしまったのでした。

寿胡王曰く「時同じくして千斗雲も同じような境遇に陥り、壊れた」。

つまり恐らくは千斗雲も責任感や愛国心などを持ち楚を退け続けていた国の英雄だったのでしょうが、守ってきたもの・背負ってきたものに裏切られたことで壊れ、このようなおかしな性格になってしまったというわけです。

過去を知ると千斗雲の見方も変わりますよね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】什虎城の戦いでの活躍

什虎城の戦いで千斗雲(せんとうん)は左翼としてスタートしますが、勝手に出ていった満羽を見て我慢しきれず勝手に出撃してしまいます。

その後楚の援軍の到着に不機嫌になりながらも、謄軍・魏軍の出現で「何これ何これ、いいのこんなの?」と大興奮し、各軍の配置変え後は挑発的にド真ん中に位置取りました。

そこへ攻めてきたのは秦・録鳴未軍。

さらに魏・乱美迫軍も乱入。

ところが千斗雲はその状況でもより興奮し、録鳴未と乱美迫をひとりで互角以上に相手取ったのでした。

呉鳳明の策により乱美迫が離脱すると、録鳴未を圧倒し「もっと楽しいところに行ってくるわ」と告げ、魏軍本陣を狙いに動きます。

しかし魏・龍范軍と秦・録鳴未軍に挟まれ、阻まれているうちに什虎本陣が陥落

それを受け什虎軍は撤退を決断し、千斗雲も「あーあ。また生き残っちまったよ」と呟きながら撤退しました。

什虎軍は敗北となったものの、千斗雲の戦いは終始テンションが高く最後まで余裕をもっていたのが印象的ですね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲は死亡した?

千斗雲(せんとうん)含む什虎軍は月知平原で敗北後、什虎城へ撤退するつもりでした。

しかし魏の別動隊によって什虎城も陥落しており、什虎軍はそのまま静かに楚の王都・郢に向かったのでした。

千斗雲たちは再び帰る場所を失ってしまったというわけですね。

郢では媧燐が満羽に会いに行ったようですが、その後の動向は未だ描かれていません

どんな対談になったかは分かりませんが、今後楚軍として再び戦場に現れることが予想されます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】千斗雲と満羽の関係性とは?

千斗雲(せんとうん)と満羽は初登場時全裸で麻雀をしていた2人です。

共におかしなテンションで秦の侵攻を喜んでいた彼らは、いわば“壊れてしまった”2人組。

かねてよりご紹介した通り、2人はそれぞれ背負っていたものに裏切られ、精神が壊れてしまったという過去を持ちます

玄右と寿胡王も同じように全てを失い彷徨っていたあげく楚に降ったという経緯はありますが、“離間の策”を仕掛けられたのは満羽の汨国と千斗雲の暦国だけ。

それは両国が強すぎたからです。

2人はそれほど国のため民のために頑張っていたにも関わらず裏切りにあったという深い傷を持つ者同士なのです。

しかも汨国と暦国が隣接していたこともあり、元々見知っていた間柄だと考えられます。

そんな2人は、恐らく最も理解し合っている関係でしょう。

心が壊れ虚無となってしまった現在も、互いの存在があるからこそ表面的には明るくいられるのだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

千斗雲は什虎城の将軍であり、戦を変態的なテンションで喜ぶ戦闘狂。

しかしその陽気な性格の裏には満羽と同じく“背負っていたものに裏切られる”という悲しい過去があり、おかしな人柄以上に奥深い人物となっています。

そして心が壊れていても、楚を退け続けていたその実力は本物。

什虎城の戦いでまだまだ余裕が見えた千斗雲ですから、今後更なる活躍が見たいですよね。

果たして再び登場するのか注目していましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です