【キングダム】合従軍内で手腕を振るう臨武君(りんぶくん)!ハゲているのにカッコイイ!?臨武君の強さとは?

スポンサーリンク

楚の第一陣を任された臨武君

その風貌とは裏腹に、実力は確かなものでした。

合従軍での活躍と共に臨武君について解説していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】汗明が信頼する楚の将軍 臨武君(りんぶくん)

戦国七雄の中でも最大の国土を誇る楚。

戦力も合従軍の中で一番でした。

楚軍は3軍からなり、第1陣を臨武君、2陣を媧燐、最後に控えるのが、合従軍の武の象徴である汗明でした。

その汗明が絶大な信頼をよせているのが、第1陣の臨武君でした。

戦は規模が大きければ大きいほど、その開戦の口火を切る役目は誉れ高き栄誉となります。

合従軍の総大将は楚の宰相である春申君で、楚は最大の国土と戦力を持ち合わせている事から、開戦の号令は楚がかける事となります。

春申君から汗明に指示が出されると、汗明から先鋒の役目を指名されたのが臨武君でした。

この大戦の口火を切る誉れ高き者は、臨武君貴様だぁぁ!

汗明の激を受け取った臨武君でしたが、汗明と臨武君の激が長すぎたせいか、臨武君の激が終わらぬうちに、秦将麃公が空気を読まず突撃してきますw

なんと開戦の口火を切ったのは、守る側の秦軍になってしまったのですw

 

スポンサーリンク

【キングダム】臨武君の義弟は?

楚軍の第1陣を任された臨武君。

実力の程は汗明より絶大な信頼を得ている事からも、相当な腕前だと予想されます。

しかしながら、こう言っては失礼ですが、決してイケメンではありませんw

どちらかと言うと・・・

そんな臨武君ですが、結婚はしています

しかも奥さん超美人!

何故に!!??

名を白翠といい、日本風に言えば大和撫子タイプです。

そして白翠には弟がいて、名を白麗

女みたいな名前ですが、れっきとした男で武将です。

臨武君の軍に配属された千人将の一人で、中華十弓の一人に数えられる程の弓の達人で、騰軍の鱗坊は白麗の弓で頭を射抜かれ、死亡しています

白麗はその弓で秦を滅ぼす為、そして姉の為にも臨武君を守る為に戦っているのです。

姉思いのいい子ですね!

 

スポンサーリンク

【キングダム】臨武君は意外と美的感覚にうるさい?

臨武君は決してイケメンではありません。

更に髪型が超変なのですw

基本的にはハゲ(ボウズ)なのですが、横にある髪の毛をまとめて先を尖らせ、上に上げているせいで、カニがハサミを上げているように見える髪型なのです。

汗明も同じ様な髪型ですが、汗明はハゲてはおらず、全体的に髪の毛はありますが、横をまとめて尖らせ、上に上げているのは全く一緒です。

恐らくは、臨武君が汗明の真似をしているのではないでしょうか。

臨武君は楚の大将軍を目指しており、「楚の巨人」とまで言われる汗明を尊敬しているかと思われます。

そんな尊敬すべき大将軍と同じ髪型を、録嗚未は「そのおかしな頭切り刻んで・・・」と言っています。

それを聞いた臨武君は思わず「ピキッ」と感情が怒りに変わっていましたね!

鱗坊にも「その常軌を逸した髪型に・・・」と言われ、またしても「ピキッ」っときていましたね!

臨武君は録嗚未の実力を認めながらも「美的感覚はイマイチ」と酷評しています。

多分大部分の人が「録嗚未正解!」と言うのではないでしょうかw

にしても、楚ではこんな髪型が流行っているのでしょうかねw

 

スポンサーリンク

【キングダム】合従軍編での臨武君の役目は?

臨武君は合従軍の先鋒を任されましたが、その役割は蒙武・騰軍を打ち破る事でした。

後ろに控える蒙武軍までというのは無理があるかもしれませんが、騰軍は確実に破っておきたいところだったのでしょう。

そしてその自信もあったのだと思います。

臨武君は髪型が変ですが、実力は本物でした。

国土の広い楚は、色々な国と対峙しています。

敵は六国だけではなく、百越という匈奴と同じ種族の蛮族とも戦っていたのです。

百越の獰猛な将を自ら呼び込み、勝負し勝利してきたのです。

そうして臨武君は将軍に成り上がったのです。

大国楚で将軍になるには、とてつもない競争を制さないといけませんでした。

そんなとてつもない競争を勝ち抜いた臨武君は、騰軍に負けるとは微塵も思っていなかったのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】函谷関戦で録嗚未を圧倒する強さ

臨武君は髪型を馬鹿にされながらも、録嗚未を圧倒します。

白麗の弓の援助もありましたが、なくても録嗚未と互角以上の勝負になっていたのではないでしょうか。

臨武君は同じく元王騎軍第五軍長の同金を、一撃で葬っています

録嗚未までも・・・

録嗚未は元王騎軍の第一軍長で、王騎軍のなかでも最強と噂されていました

その実力通り、臨武君軍を一気に突破し、臨武君本陣までたどり着いてしまいます。

さすがは録嗚未と秦軍は誰もが思ったはずですが、その録嗚未ですら圧倒されてしまうのです。

楚の中華十弓の一人、白麗の弓の驚異もある中での戦いを強いられますが、それを差し引いても臨武君の強さは認めざるを得ない程でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】騰に敗れた臨武君

録嗚未のピンチについに騰が動きます!

王騎亡き後、元王騎軍を見事にまとめあげた騰。

ファルファルファル・・

独特の螺旋を描く剣技で録嗚未同様、一気に臨武君本陣に辿り着きます。

録嗚未相手にでさえ余裕を見せていた臨武君が、初めて冷や汗をかきます。

大国楚で将軍にまで上り詰め、更に上の大将軍を目指せると、自分の実力に相当な自信のあった臨武君ですが、騰もまた中華にその名を知らしめた王騎大将軍を傍らで支え続けた自負がありました。

お互いのプライドをかけた一騎打ちになりますが、誰もが想像できなかった事がおきます。

録嗚未ですら苦戦させられた臨武君を、騰は逆に圧倒するのです。

臨武君は何故自分が苦戦しているのか理解ができませんでした。

そんなはずはない!

楚で熾烈な競争を勝ち抜いた自分が負けるはずがない!

そう信じて武器を振り下ろす臨武君でしたが、王騎を支え続けた騰の剣が臨武君に突き刺さるのです!

臨武君敗北!

これは合従軍対秦軍において、初日におきた大番狂わせでした。

騰はこうなる事は知っていたようですがねw

 

スポンサーリンク

【キングダム】史実での臨武君は?

臨武君は確かに史実でも存在しています

しかし、春申君と魏加との会話の中に出てくるだけです。

合従軍前に、魏加が春申君に尋ねています。

あなたは誰を将軍にするおつもりか?

春申君は答えます。

私は臨武君を将軍にするつもりです

これに対して魏加は反対します。

臨武君は一度秦に敗れています。その臨武君が秦に勝てるとは私は思えません。

これは戦国策という書物に記録が残されています

臨武君の名前が出てくるのはこれだけです。

実際に将軍になれたのかどうなのか?

合従軍に参加したのか?

どの様な武勇伝があるのか?

全く記録がありません

もちろんカニ頭をしていたとかw奥さんが超美人などの記録もありません。

白麗はキングダムのオリジナルキャラですので、臨武君に義理の弟がいたかどうかも定かではないのです。

魏加とは王騎が討ち取られた馬陽の戦いにて、龐煖と王騎の一騎打ちを弓で邪魔をしたあの魏加なのかどうなのか・・・

もちろん魏加が弓の達人という記録はありませんが、合従軍前に春申君と密会をしているあたり、趙の要人だった可能性がありますね。

既に忘れ去られたであろうキャラでしたが、それはそれで気になりますねw

 

スポンサーリンク

【キングダム】臨武君の名言

合従軍編の初日で命を落とした臨武君。

その存在感は中々のものがあったのではないでしょうか。

その風貌もさる事ながら、騰に敗れはしたものの、強かったのは間違いありませんでした

臨武君が余裕で圧倒していた録嗚未は、秦では将軍級の実力を持っていたのですから。

貴様らと楚では将軍の意味が違うのだ!

国土の広い楚ではその分人口も多く、出世競争も激しいのです。

楚で将軍になるのは、秦で大将軍になる確率以上に狭き門なのです。

この俺とまともに戦いたかったら、あの六将王騎でも墓から引っ張り出してくるべきだったなぁ

楚の将軍である自分の相手は、秦の大将軍とでないと釣り合わない。

臨武君はそう言いたかったのでしょう。

騰に敗れはしたものの、臨武君は強かった!

しかしそれ以上に騰が強すぎたのです!

 

スポンサーリンク

まとめ

強者は更なる強者によって敗れ去る。

キングダムの主人公である信同様に、大将軍を夢見た臨武君。

志半ばで倒れはしたものの、元王騎軍軍長 同金を討ち取り、録嗚未をも追い詰める程、強いのは確かでしたね!

超美人の奥さんが未亡人になってしまったのが、可哀想と思ってしまった今日このごろでしたw。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩ンフ♡

⇒ファルファルでお馴染み騰(とう)将軍!合従軍編での活躍は?・・

⇒合従軍すらねじ伏せる蒙武の力技!実は親バカだった!?合従・・

⇒合従軍として蒙武に挑んだ汗明!ドドンドドンドン!正々堂々・・

⇒成恢(せいかい)は合従軍の役目を果たせていない!?己を犠牲・・

⇒王騎と共に、信に魂の言葉を伝えた熱き将軍!!麃公(ひょう・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です