【キングダム】合従軍編で麃公を翻弄した趙の将軍慶舎!李牧との出会いは?沈黙の狩人とは?

スポンサーリンク

合従軍編で初めて登場した趙の将軍慶舎

はたしてどの様な人物なのか?

合従軍の活躍と共に慶舎の生い立ちも紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】対麃公戦で趙軍を指揮した慶舎

合従軍との戦いで、右翼の更に右に配置された麃公軍。

その相手は趙軍でした。

しかし、趙軍の指揮を執るのは李牧ではありませんでした。

この戦いが初登場となった、趙の将軍慶舎でした。

慶舎の特徴としては、とにかく無表情です。

そして華奢でとても武力タイプには見えず、完全に頭脳で勝負するタイプです。

その頭脳は、あの李牧の折り紙付きで、李牧に「全幅の信頼を置いています」と言わせる程の人物です。

数々の知略型の武将を返り討ちにしてきた麃公相手でも、慶舎が負ける事はないと李牧は自信を持っていたのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎の不幸な子供時代

慶舎が子供の頃に、住んでいた村が賊徒に襲われてしまい、ほとんどの村人が賊徒に殺されてしまいました。

殺された村人の中には慶舎の両親もいました。

しかも、慶舎の両親は慶舎の目の前で殺されてしまったそうです。

その時の光景が相当ショックだったのでしょう。

その日から慶舎は、口のきけない子供になってしまったのです。

戦争孤児となってしまった慶舎は、武具屋に引き取られ、住み込みで働く事になったのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】李牧の目に留まった軍略大会

とある村で開かれた軍略大会に、李牧の弟子が出場しました。

趙の宰相である李牧の弟子が出場するのであれば、まず優勝は間違いないだろうと誰もが思っていた事でしょう。

しかし李牧の弟子は、決勝で敗れてしまいます

田舎の小さな軍略大会で、自分の弟子が惨敗してしまった事に李牧も驚きます。

その軍略大会で李牧の弟子を敗り、優勝したのが子供の頃の慶舎でした。

慶舎の戦術は「待ち」で、相手がどの様な動きをしても、ことごとく強烈な返しをしてくるのです。

決勝の盤面を見た李牧は、その戦術の凄さに気づきます。

李牧は武具屋の主人から慶舎を身請けし、慶舎を自分の元で育てようと決めるのです。

私と旅をしましょう。慶舎

後の趙の中心人物となる、李牧と慶舎の最初の出会いでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】模擬戦で李牧に勝つ実力

本能型の代表格である麃公相手でも、慶舎が負ける事はないと、李牧は絶対の自信をもっていました。

それは慶舎の子供時代から見てきた李牧だからこそ持てる自信でした。

慶舎は策略家として、天性の才能をもっていました。

その実力は、師匠の李牧でさえ模擬戦をした時に負ける事がある程だったのです。

模擬戦とはいえ、李牧も本気で行っているはずです。

現在の中華において、一番の危険人物である李牧相手に、模擬戦とはいえ勝つ事がどれほどすごい事なのか・・・

慶舎は三大天の残りの一席に一番近いと言われていました

それ程の才能と実力を兼ね備えていたのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】「沈黙の狩人」による独特な戦術

慶舎は蜘蛛と遊ぶのが好きな無口な子供でした。

それも関係しているのかいないのか・・・

慶舎の戦術は、蜘蛛の巣に獲物が飛び込んで来るのを待つというものでした。

相手が自分の罠に飛び込んで来るのをいつまででも待つのです。

決して物音たてること事なく、自分から動く事なく・・・

敵はいつの間にか罠にかかってしまっているのです。

そして罠にかかった相手は、決して逃れる事は出来ないのです。

それ故にいつしか「沈黙の狩人」と呼ばれるようになったのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】麃公の本能を封印

合従軍編にて慶舎の相手は、秦の猛将麃公でした。

言わずと知れた、本能型の代表格の武将です。

慶舎の張り巡らした蜘蛛の糸に、野生の動物並みの勘の鋭さを持つ麃公がかかるのかどうなのか。

慶舎は最初に麃公の攻撃を受けた李白に、戦術の指示を何も出していませんでした。

何の策もない相手では麃公の勘の良さも役に立たないのです。

慶舎には麃公の戦い方が、手に取るようにわかっていました。

麃公は闇雲に突撃しているようで、ちゃんと状況を把握し、火がつく場所を探していたのです。

もしくは火をつけようとしていたのです。

慶舎はそうはさせない為に、何の策の指示も出していなかったのです。

何故慶舎には麃公のしようとしている事がわかるのか?

なんと慶舎もまた、本能型の武将だったのです。

慶舎は頃合いを見て、公孫龍軍を十歩だけ動かします。

それだけの指示で麃公が罠にかかると確信していたのです。

勘の良すぎる麃公はその動きに反応してしまい、公孫龍軍に狙いを変更します。

慶舎の思い描いたとおり、麃公はまんまと罠にかかり、背後から万極軍の急襲を受けることになるのです!

 

スポンサーリンク

【キングダム】慶舎の本能を越えた信の感覚

背後から万極軍の急襲を受けた麃公軍は、為す術なく討ち取られていきます。

勢いのついた軍を後戻るのは自殺行為でした。

麃公は背後に戻ろうにも戻れなかったのです。

序盤で麃公軍は壊滅の危機に立たされてしまいました。

しかし自殺行為である、軍の後戻りをしていた隊がいました!

旗だ!田有!田永!

そう叫ぶ声が響きます!

そして掲げられた「秦」と「飛」の旗!

飛信隊でした!

叫んだのはもちろん隊長の信でした。

信は万極軍の背後からの急襲に気づくと、迷う事なく軍を後戻っていたのです。

このままだとこの戦いそのものの勝敗が決まってしまう・・・

そう直感で感じた信の判断でした。

信の判断の速さと飛信隊の根性で、後方にたどり着いた飛信隊のお陰で、麃公軍は壊滅を逃れる事ができ、尚且趙の将軍である万極を信が討ち取る事に成功するのです!

信もまた本能型の才能をもっていたのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】決着がつかなかった慶舎VS麃公

信が麃公軍の後方に戻り、万極軍と交戦しているのを見届けると、麃公は慶舎本陣を攻めるべく突撃を続けます。

麃公軍は前方も後方も、凄まじい戦いが繰り広げられていくのです。

後方の飛信隊対万極軍の戦いは、信が万極を討ち取りますが、前方の麃公軍は慶舎本陣を捉えきれずに、初日の戦いを終えます。

その後、中々動かない慶舎をおびき出す為、麃公自らが慶舎の罠にかかったフリをし、麃公を討つ為に出てきた慶舎を飛信隊が横撃する作戦を立てます

しかし、慶舎もまた勘の鋭い本能型の武将なので、飛信隊が入ってきた時点で、全てを察知し早々に下がってしまうのです。

結局今回の合従軍編では、麃公対慶舎の戦いは決着がつかずに終わる事になるのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】合従軍で登場した慶舎の名言は?

同じ本能型の武将同士の、同類対決になった麃公対慶舎。

結局のところ勝負はつかなかったですが、あわや壊滅にまで追い込んだ慶舎が一枚上手だったような気がします。

どうした麃公。この戦場に火はおこったぞ

お前の足元にだがな

火の付け所を探っていた麃公の突撃を逆手に取った慶舎。

麃公にとって予想もしない、それでいて手が届かない自軍最後方に火を点けられてしまったのです。

信のとっさの判断がなければ、間違いなく麃公軍は壊滅していたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

趙の三大天の最後の一席を担うのでは?とさえ噂されていた慶舎。

秦の猛将である麃公を翻弄した実力は確かなものでした。

慶舎は実在した武将です。

記録は多くはありませんが、楽乗と共に秦を撃退した事もあるようで、実際も名将だったようですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です