【キングダム】合従軍での項翼(こうよく)の活躍を大紹介!愛刀・莫邪刀(ばくやとう)についても徹底解説!

スポンサーリンク

合従軍での戦いで活躍した項翼は、好戦的でおちゃらけた性格である一方で腕力や胆力はめっぽう強い、楚の千人将です。

その性格はどこか信にも似たところがあります。

愛刀の「莫耶刀」を用いて楚の雷轟とも呼ばれています。そんな項翼について今回は紹介します。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楚軍VS蒙武・騰連合軍

合従軍の戦いで、楚軍は秦の蒙武と騰が組んだ連合軍と戦うことになります。

函谷関とは少し離れた場所で戦闘となり、楚軍の目的は、元秦の六大将軍の王騎が亡き後、その戦力がそのまま残った騰軍と、秦国において現在最大の武力を誇った蒙武の軍を打ち破り、函谷関を裏から攻略するというものでした。

この戦いが合従軍の中でも最大の戦力を誇り、秦の騰軍が3万、蒙武軍が6万の計9万の軍に対して、楚軍は15万の戦力があり、その差は6万にも及び、大国である楚にとって負けられない戦いとなりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】項翼VS蒙恬

この戦において項翼は楚の臨武君率いる第一軍に所属します。

臨武君と項翼は以前から交友があり、同じく弓矢使いの白麗とともに旧知の仲でもありました。

初日から項翼は先陣を切る臨武君を護衛するような形で白麗とともに騰軍に攻め込みます。

項翼の攻撃は騰軍にも負けず好戦を繰り広げますが、そこに現れたのが秦の蒙恬でした。

項翼は蒙恬と一騎打ちとなり、蒙恬のことを赤ヒラヒラと馬鹿にして一気に攻撃を仕掛けましたが、蒙恬の受け流しによって攻撃は通じませんでした

蒙恬に対してイライラが隠せず攻撃を仕掛ける項翼でしたが、蒙恬はそもそも項翼には興味がなく、むしろ本陣を狙っていたため、この場で一騎打ちの決着にはなりません

 

スポンサーリンク

【キングダム】項翼・白麗VS蒙恬・王賁

また、蒙恬が項翼と戦っている際に、臨武君は騰軍の録央未と麟坊との戦いになります。

2対1の状況でしたが、臨武君は圧倒的な力で録央未と麟坊の攻撃を受け止め弾き返します。

そんな中で、どこからともなく放たれた一矢によって麟坊が討たれてしまいます

この攻撃をしたのが白麗でした。

これをみた蒙恬は、遠方から寸分違わず射貫く弓矢の威力を脅威と感じ、白麗を討ちに動きます。

何とか楚軍の中をかき分け、白麗に攻撃を仕掛ける蒙恬でしたが、その邪魔をしたのが項翼でした。

項翼も白麗を攻撃しようとする蒙恬に気づき、あとを追っていたのです。

項翼は蒙恬に一撃を食らわせ、トドメを刺そうとしますが、そこに現れたのは王賁でした。

王賁も本陣を狙う途中にこの現場に居合わせたのです。

これによって楚の項翼・白麗対秦の蒙恬・王賁という戦いが繰り広げられることになりました

 

スポンサーリンク

【キングダム】項翼VS王賁

白麗の麟坊への一矢から楚の項翼・白麗対秦の蒙恬・王賁という戦いに発展しましたが、遠距離が得意な白麗は、近距離の戦になったために一旦後退します。

これを良しとしない蒙恬は白麗を討つべく追いかけますが、項翼によって邪魔されます。

ただ、これは当初は王賁と共闘することも考えていた蒙恬が、項翼の相手を王賁に託したことによって切り抜けることができ、最終的に蒙恬は白麗の弓を壊すことに成功します

一方で王賁も項翼と好戦しますが、項翼が繰り出した愛刀の莫耶刀によってあと一歩が決められない状態でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】項翼と白麗の関係性とは?

白麗のピンチに項翼が助けに入ったように、項翼と白麗は常に戦場においても一緒にいることが多く描かれています。

お互いに幼少期から一緒に育った雰囲気もありますが、項翼と白麗ともに幼少期のシーンは本編ではまだ多く語られてはいません

とはいえ相性は非常に良さそうで、仲も悪くありません

好戦的で子どもっぽい面が多い項翼に対して、白麗が「そのせいで千人将で止まっている」と指摘していることからも、感情的な項翼を抑える冷静な白麗といった印象も受けます。

また、攻撃においても近距離向きの項翼と、それを援護する形の遠距離向きの白麗は相性がいいのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】莫邪刀とは?

項翼は普段は通常の刀を用いて戦っていますが、いざという時には「莫耶刀」という愛刀を用います。

莫耶刀とは、中国史「五大宝剣」の1つで、呉の干将・莫耶夫婦が打った刀になります。

宝剣とうたわれるこの莫耶刀では、斬れないものは何もないといわれ、一度莫耶刀で斬られてしまうと、その傷は一生ふさがることはないとも伝えられています

ただ、なぜ項翼がこの貴重な莫耶刀を持っているのかについてはまだ明らかにされていません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】指揮官・臨武君を失った項翼は?

項翼と白麗が王賁と蒙武によって足止めされている間に、臨武君は突如攻め入った騰によって討たれてしまいます

麟坊を討たれたこともあり、騰自らが戦場に立ち、臨武君に天下の大将軍としての格の違いを見せつけました。

これによって指揮官である臨武君を失った第一軍は、そのまま初日を終えることになります。

臨武君の死を知った項翼は、白麗とともにその死を悼み復讐を誓うのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】項翼VS騰

函谷関の戦い2日目、臨武君に代わって指揮官に入った楚の媧燐の軍に項翼も白麗も取り込まれます。

ただ媧燐はすぐさま指揮を執るのではなく、臨武君の尻拭いを嫌い、残党だけで攻め入るように伝えます。

その後、項翼は臨武君を打ち取った騰と戦うことになります。

臨武君を圧倒的な力で倒した騰でしたが、莫耶刀を用いて攻撃を仕掛ける項翼に手こずり、決着はつかず仕舞いとなりました

秦の六大将軍王騎の側近で、王騎を影で支え続け、臨武君を圧倒して打ち取った騰に対して互角ともいえる戦いを演じた項翼は、やはり力は相当高いと言えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】合従軍での項翼は死亡した?

合従軍の戦いにおいて登場した項翼は、信や蒙恬、王賁と同様の年代で且つ同じ千人将ながら白麗とともに強烈なインパクトを残しました。

合従軍戦では結果として連合軍は函谷関を超えることができず敗戦となりますが、項翼と白麗はいずれも死亡してはいません

楚は巨大な領土を持つ大国で、秦にとっては今後中華統一を図る上では外せない領土となります。

そのため、今後楚との戦においては再度項翼と白麗が今よりも力や役職をつけた形で登場してくるのは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】アニメ項翼の声優は誰?

アニメ版のキングダムにて項翼の声をつとめているのは、声優の鈴木達央さんです。

既にアニメでは進撃の巨人や黒子のバスケ、七つの大罪など多くの人気アニメで主役級の役を担当しています。

また、鈴木達央さんといえば、声優としても有名ですが、鬼滅の刃で人気になった歌手のLiSAさんと結婚したことでも話題です。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダムの中でも主人公の信と年齢や性格が似ていて、大国である楚の敵ということもあって人気の敵キャラクターである項翼について今回は紹介しました。

まだまだ伸びしろが大きく、今後も度々秦国の前に立ちはだかってきそうな項翼ですが、白麗とともに今後の活躍が期待されています

莫耶刀の凄さや白麗の弓矢の威力も今以上に秦にとっては脅威となることでしょう。

また、合従軍の戦いでは蒙恬と王賁との絡みのみで、それもそこまでガッツリした戦いではありませんでした。

今後は信との一騎打ちもあるかもしれません。

敵キャラクターにも注目してみますと、より一層キングダムの魅力が感じられるかと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です