【キングダム】同金(どうきん)は弱い?死亡してしまったその理由とは?

スポンサーリンク

キングダムにおいて主人公の信の憧れであり、師匠でもある王騎将軍は、秦の六大将軍の一人であり、秦の怪鳥とも呼ばれる大将軍でした。

その王騎の軍の中で第五軍長をつとめているのが同金です。

趙との戦いで李牧と龐煖によって討たれてしまった王騎将軍でしたが、その後に王騎軍は副官の騰によって維持され、同金もそのまま騰の配下として残ります。

登場シーンこそ少ないですが、見た目のインパクトと死亡してしまった経緯から印象にも深く残っている同金について、今回は紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金とは?

同金は、秦の王騎の軍において第五軍長をつとめているキャラクターです。

坊主で非常に強面な見た目で、口と顎に髭を生やし、左耳にはピアスをしています。

王騎軍の第一軍長をつとめる録鳴未と同じように重厚な鎧に身をまとっており、黒っぽいマントを羽織っています。

武器としては大きな矛を用いています。

王騎軍の中で軍長をつとめるだけあり、その力は折り紙つきで、兵は八千を率いている将軍です。

初めて登場して、楚の臨武君と相対した際にも、臨武君のことを「こやつできる」としていち早く見極めたことからも同金の実力の高さが垣間見えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金が所属する王騎軍とは?

そもそも同金が所属する王騎軍とは、秦の怪鳥と呼ばれ、六大将軍の一人に数えられる王騎将軍率いる軍になります

王騎はその類まれな腕力と戦術眼で、武力と知力を兼ね備えた唯一無二の大将軍となります。

主人公の信も憧れる存在で、飛信隊という名は王騎が信に与えた名前でもありました。

六大将軍が次々と亡くなる中で、ただ一人生ける伝説として残っていた王騎でしたが、趙との戦いで相対した李牧と龐煖によって討たれ、最後は信に自身の矛を託して亡くなります。

王騎の死は中華全土に一時代の終わりを告げるほど大きなインパクトを与え、主を失った王騎の軍もその後解散するかと思われましたが、副官の騰によって持ち直し、王騎の意思を受け継ぐ形で維持していました

王騎軍は、第一軍から第五軍までの部隊で編成されており、それぞれのトップに軍長が指揮官としてつとめていました。

王騎亡き後、軍を束ねる騰をはじめ、各軍長たちも実力は高く、それぞれが将軍級の力を持っています。

第一軍長には録鳴未、第二軍長は隆国、第三軍長は麟坊、第四軍長は干央、そして第五軍長は同金がつとめています

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金はいつ死亡した?

王騎が趙との戦いで亡くなってから暫くたった後、秦は趙・魏・楚・韓・燕・斉の6国による合従軍からの攻撃を受けます。

この六国が一気に秦に攻め入ってきた時に、まず初めに気にしなければならない国が楚でした。

楚は5万人の軍勢で秦に攻め入ってきましたが、その際に秦の南虎塁という拠点を落とし進軍してきます。

これによって秦の南側に位置していた張唐将軍と蒙武将軍の間を抜くことができ、張唐将軍と蒙武将軍が食い止める前に秦に攻め入ることができるのですが、それを食い止めに入ったのが騰率いる王騎軍でした。

騰は、率いていた軍は5千人ほどでしたが、楚の進行を一時でも食い止めることが秦にとって非常に重要なことを把握しており、張唐将軍と蒙武軍が来るまで楚軍を引き留めつつ戦います。

楚軍の第一陣を指揮していたのは若手の実力者でもある臨武君です。

この臨武君に戦いを挑んだのが同金でした。

同金は果敢にも楚軍に突撃し、臨武君との一騎打ちとなりますが、臨武君の一撃によって呆気なく討ち取られてしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金を殺した人物とは?

同金を一撃で討ち取った臨武君は、若手ながら楚の第一軍を率いており、実力が高いキャラクターです。

合従軍の戦いにおいても楚の第一陣を任されるほど楚でも信頼度が高く、圧倒的なパワーで敵をなぎ倒す攻撃力が売りです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金は弱かったのか?

臨武君によって一瞬の内に討ち取られてしまった同金ですが、体格的には同金も臨武君と同じような大きさですので、単純に同金が弱かったというわけではなさそうです。

同金を討ち取った臨武君が、合従軍の戦いにおいて初日に騰によって討ち取られてしまうため、その比較として同金は弱かったのではないかと映ってしまいますが、騰が討ち取る前に臨武君は同金と同じ軍長でもある録鳴未と麟坊の二人掛かりでの攻撃に対しても互角に争っていましたので、決して臨武君が弱いというわけでもありません

また軍長2人で戦っても互角だったことから、同金自体も弱かったというわけではないでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金の仇を取った人物とは?

合従軍の戦いにおいて、同金の仇として臨武君に戦いを挑んだのは同じく軍長の録鳴未と麟坊になります。

当初は録鳴未だけで仇討ちをしようとしていましたが、麟坊も思うところがあり2対1という構図でしたが共に臨武君に戦いを挑みます

ただ、それでも臨武君は2人の攻撃を受け止め反撃するほど力があり、その隙に楚の白麗による弓矢の援護によって、麟坊は討ち死にしてしまいます。

ここに現れたのが騰で、この騰による攻撃によって最終的に臨武君は討ち取られてしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】同金は実在した?

キングダムは史実をもとに描かれていることが多く、登場キャラクターも実在の人物が多いですが、同金に関しては特に実在した人物かは分かっておりません

王騎は実在していますので、配下の部下として似たようなキャラクターは存在したかもしれませんが、同金という名前は見当たらないことから、オリジナルのキャラクターと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、作中でも人気のキャラクターでもある王騎将軍に関連して、その部下の一人である同金について紹介しました。

キングダムの中において、同金の登場シーン自体は非常に少なく、戦いも呆気なく敗れてしまいましたが、後の騰や録鳴未の臨武君との仇のシーンでも描写されているように、仲間内からは愛されていたキャラクターのようです。

合従軍の戦いで、同金とともに麟坊も討ち死にしてしまったため、王騎軍としては5人の軍長の内2人が不在となってしまいましたが、ここに新たな軍長が登場するのか、今後の騰率いる王騎軍に関しても注目しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です