【キングダム】崇原(すうげん)の剣術はピカイチ!?飛信隊では珍しい穏やかな兄貴!崇原の隠れた強さとは?

スポンサーリンク

信は、秦国の王宮奪還に成功すると、昌文君からお礼として平民の身分と馬小屋のような家をもらい、夢の大将軍になる事に、一歩に近づくのでした。

初陣では、信が幼少時代に住んでいた村である尾平と尾到と府桜村に住む澤圭と羌象の復讐の為に、生きる羌瘣と伍部隊を組み新たな仲間ができました。

蛇甘平原の戦いでは、麻鬼を見事に討伐した信は、手柄を立て百人の兵を率いる百人将へと昇格します。

そして、次の戦となる馬陽攻防では、王騎将軍から、信達の部隊は、無名の部隊から飛信隊となりました。

信達が、趙軍の将軍である馮忌を、討った時に、部隊の名を敵に、覚えてもらう為に、王騎将軍は、信達に、飛信隊の名を付けました。

この戦いでは、信達の過酷な戦となりました。

伍長を務めた澤さんの活躍で、信は命を落とさずに、助かりましたが、その他にも、活躍した者がいました。

それが、崇原です。

崇原が、いなければ信や飛信隊は全滅していました

そこで、今回は、飛信隊でとても頼れる、崇原の事についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊の頼もしい歩兵長 崇原

飛信隊では、黒羊で活躍した、渕さんや、副長の羌瘣がとても頼りになる二人ですが、この二人以外にも頼れる者がいます。

それが、崇原ではないでしょうか。

崇原が頼れる者と思える理由としては、尭雲軍と対峙した時に、まだ戦いなれをしてない新人が敵に狙われている時、逆に敵を囲い敵に攻めたて刈り取ったので仲間思いの崇原です

尭雲軍戦では、敵を中央に集めて羌瘣達と、倒しました。

敵兵の数は、かなりの数がいたのですが、羌瘣達と協力プレイで敵を殲滅する所が崇原です

趙峩龍軍戦では、攻め時と思った崇原は、自ら進撃していきました!

最初は、伍長だった崇原ですが、仲間のピンチや、ここぞと言う時に、とても頼りになる歩兵長 崇原。

戦っている時は、大将の信の事や、飛信隊の仲間の事を思って戦っています

飛信隊には、いなくてはならない 崇原です。

敵を葬っている所は、とてもカッコイイです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】崇原の初登場は?

崇原の登場は、信達が、馬陽の戦に出陣する時に、伍長を務めたのが崇原でした

この時に、崇原は、武に関してはあの隊長は、素晴らしい!

剣に精通している者ならば、すぐにわかるだろうと言っています。

この言葉を話している事から、分かる様に、崇原は、初登場時から、ただの剣士ではありませんでした

この頃の、崇原はまだ片目を失っていませんでした。

そして、崇原は、その者がどんな能力を、持った人物が分かる特殊な能力も持っていました

この時は、崇原が馬陽の戦で、重要人物となる事は、誰も思っていなかったでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】崇原の性格は?

崇原は、飛信隊の仲間思いで常に、周りの事に気を配って面倒見が良い性格です。

そして、とても優しい性格なのですが、怒らせるととても怖い性格も持っています。

崇原は、17歳の若さで、初陣に出ています。

剣の稽古を、積んでいた崇原ですが、戦で人を斬るのは初めてです。

その時に、戦の怖さで、小便を漏らして、敵兵を一人も斬れずに終わってしまった経験を持っています。

小便を、漏らした事を、バカにした奴らを全員半殺した事もあります。

戦で一人も斬れずに、小便を漏らした事が許せなかった事もありますが、プライドを傷付けられた事が、許せなくって馬鹿にした奴らを、叩きのめしたのではないでしょうか。

崇原は、自分の事や、尊敬している人物を、笑う事や傷つける奴らが、とても許せない性格も持っています

 

スポンサーリンク

【キングダム】崇原は剣術の達人?

崇原の剣の強さは、飛信隊が結成されて伍長を、務めている時から描かれています。

17歳の時に、初陣と出て、敵兵を一人も斬れなかった事が、恥と思い強い剣士となりたいと思って稽古をしたのではないでしょうか。

崇原に10人が、一斉にかかっても、相手に対して傷つけずに、10人全員を倒しています

傷をつけずに相手を倒す事は、とても難しい事です。

それをしてしまう崇原は、剣の達人と言って言いはずです。

崇原の口から、俺が百人いたとして百人同時に打ちかかっても勝てはしない!

うちの大将信はそれほど強いと言っています。

ここまで、剣の達人となった崇原ですが、信には勝てないと言っていて尊敬もしています。

そして、たまに羌瘣と剣撃の稽古をやっている事で、尾平からは、とんでもねぇ達人になっちまったと言われています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】崇原は人を見る目がある?

崇原は、剣の達人の他に、特殊な能力を持っています。

その能力は、人を見ただけでどんな人物なのかを知る事ができる能力です。

この能力は、剣術修業で身につけた物と考えます。

原作では、剣術を分かりやすく説明してくれる崇原です。

羌瘣が巫舞を見せたシーンでは、見ただけではその凄さが、伝わないので崇原は他の隊員に分かる様に、見た目は美しい舞いにも映るがあれは、およそ人の業ではないと語っています。

簡単に言うと、人が出来る技ではなく、人間離れした技だと言っています。

馬陽編では、深夜に龐煖が襲って来る出来事がありました。

龐煖を見ただけでとても飛信隊だけでは、勝てないバケモノと知って挑み続ける信を止めたのが崇原でした

挑み続ければ信は殺されてしまう事を知ったので止めに入りました。

崇原がいなければ、信は死んでいた可能性があったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【キングダム】崇原は万極軍によって左目を失った?

崇原は、初登場の時は、眼帯をしていませんでした

ある戦で、左目を失って眼帯を付ける様になります。

その戦は、王騎将軍が総大将を務めた馬陽の戦で深夜に龐煖の襲撃を受けて、更に万極軍からの信を逃がす為に、崇原が囮となって戦った時に、左目を失いました

崇原が左目を失う所のシーンは、原作では描かれていません。

囮となり、ボロボロになるまで戦い抜いたので、想像を超える戦いになったはずです。

信を死なせてはなるものか!

と思う崇原の気持ちが、伝わってきます。

しかし、信を連れて逃げた尾平の弟である、尾到は、矢を受けた事が原因で、戦死してしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】松左から思いを受け取った崇原

崇原は、友と呼べる松左がいました。

ため口で喋っているので、歳は同じと考えます。

松左は戦で、戦死してしまいます

戦死の原因は、干斗達の援護に行った為に、致命的な傷を負い倒れてしまいます

干斗達を、新人の頃から面倒を見ていたのは松左でした。

兄弟の様に思っていた松左は、死なせたくないと思う気持ちが、援護へと向かわせました。

干斗は、自分のせいで、松左が犠牲になった事を強く悲しみます。

松左から、自分が使っていた武器である槍を、干斗に託します。

干斗は、もらえないっスよと言います。

崇原は、そこは違うだろうと干斗に言います。

干斗は、絶対に使いこなすようになりますと、土下座しながら松左に伝えます。

松左は、崇原に信を頼んだぞと言い、崇原は、安心して眠れるように松左に、任せておけと言います

とても悲しい友である松左の別れでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】功績が認められて千人将へ

(新)三天王の龐煖を討ち取った飛信隊や信達!

信は、将軍になる為には、性が必要だと政に言われ、友の漂の李の性を譲り受けて李信となり龐煖を討った功績でついに将軍となり、崇原は千人の兵を率いる千人将と昇格します

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、崇原についてご紹介してきました。

崇原は、仲間を思い、信を尊敬する剣の達人です。

信の夢が叶えるまであっと一歩です。

信の活躍や、崇原の活躍を期待しながら見守っていきましょう。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒渕さんは兵士希望じゃなかった!?副長になった経緯は?信と共に・・

⇒面倒見のいい松左は槍の達人!いつから飛信隊に所属している?最・・

⇒田有(でんゆう)がいなきゃ信は生きてない!?飛信隊のピンチを・・

⇒那貴(なき)の強さは未知数!?桓騎軍から飛信隊へ移籍した理由は・・

⇒飛信隊の伍長たちは出世する!?ついに信が将軍へ!伍長のその・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です