【キングダム】廉頗四天王・姜燕は逸材?王翦がスカウトするほどの実力とは!?

スポンサーリンク

「中華統一」を公言する嬴政の「秦軍」ですが、そう簡単には行かないほどの「強国」が周りを囲んでいます。

その中でも「趙国」三大天は「秦軍」にとり、昭王時代からかなり厄介な相手でした。

その「趙国」元三大天で現在は「魏国」に亡命した後、沈黙を破り登場したのが廉頗です。

今回はこの元三大天・廉頗の誇る配下「廉頗四天王」の1人・姜燕を見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】姜燕のプロフィール

キングダム/©原泰久

姜燕は「廉頗四天王」と呼ばれる弓の名手です。

その弓は「中華十弓」に数えられるほどの腕前で、敵にとっては嫌な存在となります。

また、現在は「廉頗四天王」の1人ですが、かつては小国の将軍で、「将軍」廉頗とは敵同士でした。

でしたが、自身の国が滅びた後、廉頗に惹かれた姜燕は心腹し支える事になります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】姜燕の性格とは?

キングダム/©原泰久

滅ぼされた国の将軍ながら廉頗に仕える姜燕ですが、その性格は弓の名手だけに常に周りを見渡せる冷静な性格です。

その一方で、信じた者を裏切るような行為は決して行わない漢気のある性格も見せています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】姜燕の強さとは?

キングダム/©原泰久

「中華十弓」に数えられる弓の名手「廉頗四天王」の姜燕の強さはその弓による戦闘です。

その腕前は常人の二倍の飛距離を誇っており、またその飛距離から遠く離れた自軍の兵士に矢を飛ばして的確に指示が出せるほどです。

この弓の実力は戦場に於いてはかなり有利になり、敵軍すら驚愕するほどです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】姜燕は実在した?

キングダム/©原泰久

矢により戦況を変えるほどの弓の名手の姜燕ですが、「史実」に載る人物ではありません

作者の原泰久による創作キャラクターで、「キングダム」オリジナルキャラクターになります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】廉頗四天王とは?

キングダム/©原泰久

姜燕が仕える廉頗の「廉頗四天王」は、それぞれが廉頗に心腹する4人の配下になります。

その4人はそれぞれの特徴が違いながら、廉頗が信頼する確かな実力を持つ武将達です。

姜燕の他に輪虎、介子坊、玄峰の4人の事を「廉頗四天王」と呼びます

輪虎、介子坊は共に武力を誇り、玄峰は廉頗も信頼のおく「軍略家」です。

そして、弓の名手・姜燕と非常にバランスの取れた部下といえます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中華十弓とは?

キングダム/©原泰久

姜燕も数えられる「中華十弓」は当時の「趙国」王・武霊王が中華全土から弓自慢を呼び集めて腕比べをした時の上位十人をそう呼んだのが始まりとされています。

「中華十弓」は、弓の名手に与えられる「称号」であるといえます。

ですが、実はこの「中華十弓」は「史実」に存在せず、「キングダム」オリジナルになります。

因みに初代優勝者・金令という弓使いで500歩の距離から十射中八射を的に当てたとされています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】姜燕と廉頗の関係性とは?

キングダム/©原泰久

「廉頗四天王」、そして「中華十弓」の称号を持つ姜燕ですが、昔はある小国の将軍でした。

ですが、その小国は敵であった廉頗に滅ぼされてしまいます。

そんな中で姜燕は廉頗という将軍に惹かれてしまいます

そして、姜燕は自身の小国が滅ぼされた後に廉頗に仕える事になります

 

スポンサーリンク

【キングダム】王翦が姜燕をスカウトした?

キングダム/©原泰久

「廉頗四天王」の姜燕ですが、弓の能力の高さもさる事ながら、山間部でも味方と連携が取れ、有利に戦いを進められる事が出来ます。

そして、その姜燕の能力に惚れ込み自身の隊に勧誘したのが「秦国」将軍・王翦でした。

王翦は姜燕を高く評価しますが、姜燕は一切耳を貸す事はありませんでした

それほどまでに廉頗に心酔しているのが、分かるエピソードといえます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】アニメ姜燕役の声優は誰?

https://www.animatetimes.com/

「廉頗四天王」で「中華十弓」姜燕をアニメ「キングダム」で演じているのは、川田紳司です。

ボルダリングジムのオーナー兼トレーナーとしても活躍している異色の声優です。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

李牧曰く「まてもにぶつかれば勝てる相手はいない」と高く評価する廉頗を支えているのが「廉頗四天王」です。

姜燕もその1人で、更に「中華十弓」に数えられるほどの弓の使い手です。

その弓の能力の高さは敵であった「秦国」将軍・王翦も自らの隊に欲しがるほどです。

ですが、姜燕は元敵でありながら惹かれた廉頗に仕える事を望み、その後も廉頗と共に行動しています。

その姜燕や「中華十弓」は実際の「史実」には載っておらず、「キングダム」オリジナルのキャラクターです。

この事から廉頗と共に亡命しましたが、オリジナルキャラクターだけにまだ活躍する事が予想されます。

また、姜燕は「秦国」将軍・王翦も戦力としてスカウトする程の実力を持っているのも魅力で、その能力は何処の国も欲する実力者です。

ですが、廉頗と共に亡命した後の登場はなく、今はどうしているのか気になる所です。

「キングダム」作中でよく耳にする「中華十弓」の姜燕。

この先の活躍はあるのか、姜燕の登場を楽しみに「キングダム」を読みたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA