【キングダム】怪力自慢のタジフ!コンニチマでファンが増えた!?山の民で頭角を現すタジフとは?

スポンサーリンク

紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期を舞台にして、後の始皇帝となる秦王政と、秦の武人である主人公・信の活躍を中心に描かれている中国時代劇漫画「キングダム」。

今回は山界に住んでいる民族であり、その一員として住んでいるタジフについて紹介します。

山の民でひと際体の大きい男タジフ

その鍛え抜かれた肉体に奇妙なお面はより奇妙さを醸し出しています。

しかし、実際の彼らはどういう戦士たちなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【キングダム】山の民として活躍中のタジフ

楊端和により統治されている秦の西にある山界に住んでいる民族であり、その一員として登場する中心人物タジフ。

楊端和からも絶対的な信頼がありとてつもなく強い人物です。

話す時はバジオウが通訳をしてくれています。

知力ではバジオウには敵いません

 

スポンサーリンク

【キングダム】山の民は史実では存在しない?

タジフは史実には登場しない原先生のオリジナルのキャラクターであることは述べています

しかし春秋時代には遊牧民族という存在があり、馬に乗って戦う戦法もある山民族から真似をしたという歴史もあるほどなので、バジオウのような人物がもしかしたら存在していたのかもしれません

 

スポンサーリンク

【キングダム】タジフの初登場は?

初登場は2巻で、現在まで長く登場し続けているキャラクターです。

山の民は体格に恵まれた者が多い中で、タジフは一際巨漢なのが特徴です。

武器も、巨大な丸い岩のついたハンマーのような物を用いていて、大勢いる山の民の中でも認識しやすいのがタジフです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】タジフの武器はハンマー?

石の斧と棍棒のような巨大な岩のついた武器を片手にもち、怪力を活かして薙ぎ払うタジフハンマーともいうべきその武器を一振りすれば敵は薙ぎ払われていきます

当たった敵はひとたまりもありません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】タジフと信の関係は?

タジフは山の民であり秦に対して憎しみや怒りもあったと思いますが、戦士としてのプライドを強く持っており戦士のプライドの象徴の仮面に傷をつけた信に対して敬意を持つことのできるとても純粋な戦士であったのです。

王都を命からがら逃げてきた政が、山の民に援軍を乞いに向かいますが山界に足を踏み入れた政や信たち一向を捉えて政を楊端和のもとへ連れて行くためバジオウらと共に政たちを取り囲み、政に手を伸ばしたところを割って入った信にいきなり殴り飛ばされ、タジフの仮面の角をたたきおられてしまいました。

この対面がタジフと信の初対面になります。

穆公亡き後差別や迫害にとてつもない怒りと憎しみから敵対心を持っている山の民が信たちのいる牢獄を襲撃しようとするのですが、王命を受けていたタジフは信たちを守るのでした。

この時に、タジフは自身の仮面の角を折った信に敬意を払うと共に、翌日に全員が処刑されることが残念だと伝えるのでした。

これは2巻で信に殴られた際、タジフのお面の角が折れたエピソードをきっかけに、信には戦士として敬意を払わなければいけないというタジフの思いからでした。

信を戦士として認めている、というタジフの敬意が見られる一面でした。

野蛮な山の民にこのような面が見られたのも、このときが初めてでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】対ランカイでみせたタジフの強さは?

バジオウの本気とランカイは対決で、バジオウに加えタジフらも加担し山の民3人がかりでランカイを仕留めにかかります。

ランカイと山の民3人で互角の戦いを見せました。

王都、咸陽にてランカイと戦う際は、タジフは大きな活躍を果たしました。

成蟜に調教されて化け物のような凶暴な人間に育ったランカイは、大男のタジフよりも何倍も巨大な体を持っていました

山の民と信を持ってしても苦戦を強いられます。

タジフもランカイの一撃を受け、吐血する程の重傷を負います。

バジオウらとランカイに抵抗します。

そのとき、信が「5秒だけくれ」と、バジオウらにランカイの足止めを要求します。

その5秒で自分はランカイに決定打を撃つことができると言うのですが、バジオウらからすると、自分たちが手に負えない相手に信がどうこうできるとはと疑います。

しかしここでタジフは率先して動くのです。

ランカイの片足にしがみつき、動きを止めます

そして、山の民の言葉で「かけるぞ、俺は少年に」と口にします。

成蟜、ランカイらのいる本殿にたどり着くまでに、信の活躍を目にしていた山の民の中でも、タジフだけが信に希望を見ることができたというのは、戦士としての純粋さと、直感的に優れた物をタジフが持ち合わせている証拠を垣間見る名シーンとなりました。

このタジフの動きを契機にバジオウらも動き足止めに成功。

信は見事にランカイを仕留めます

このランカイとの一戦はタジフの名シーンでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】バジオウがいなくても挨拶できる?

もともと無口なタジフですが、バジオウの通訳がなくても挨拶するシーンがありました。

46巻にしてやっと秦国の言葉を話します

片言ですが「コンニチマ」でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】人気投票では47位だったタジフ

魅力的なキャラクターが多く、戦争を舞台にしているので、登場人物が多い中でタジフは47位でした。

比較的高い順位でのランクインではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

タジフについて考えてきましたが、オリジナルのキャラクターで言葉もまともに話すことができないにもかかわらずここまで人気がでるのは本当に愛されているキャラクターであるという証拠ではないでしょうか。

変わった風貌にピュアな性格を持った魅力的なキャラクターでした。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒山の民がいなければ合従軍に負けていた!?合従軍編で活躍した山・・

⇒楊端和(ようたんわ)の功績まとめ!秦国を救うのはいつも山の民・・

⇒成蟜 (せいきょう)のペット!ランカイの強さと生い立ちは?・・

⇒楊端和の右腕は双剣を振る野獣!驚異の戦闘能力を持つバジオウと・・

⇒多くの武将が死亡した合従軍編!命を落としたのはだれ?惜しまれ・・

⇒キングダム登場人物一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です