【キングダム】愛閃ってどんな武将?楽華隊の新メンバー!愛閃の魅力とは!?

スポンサーリンク

鄴攻略の後、楽華隊にはさらなる進歩をもたらした2つの大きな変化がありました。

1つは蒙恬が将軍になったこと

そしてもう1つが新副長・愛閃(あいせん)の加入です。

愛閃は楽華に強力な武力をもたらした新キャラとしてだけでなく、男か女かという議論が沸き起こるほどの美形キャラとしても注目されています。

それでは一体どんな人物なのか、人柄や性別、強さ、蒙恬との関係性など、新たな注目株・愛閃についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃のプロフィール

愛閃(あいせん)は楽華軍の副長。

蒙武軍に所属していましたが、鄴攻略の後に楽華軍へ移籍し、胡漸に代わる新たな副長となりました

初登場は第643話

将軍となって以降の蒙恬と似た前髪をしていることが特徴です。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃の性別とは?

愛閃(あいせん)の登場でまず話題となったのが、性別が男か女かということ。

愛閃は蒙恬と同じく細身の美形で、中性的な外見をしているのです。

例えば羌瘣や河了貂も初めは男かと思われていたように『キングダム』では「え?女だったの?」という展開も少なくありませんので、作中でまだ明言されていない愛閃の性別が女性である可能性もあり得るでしょう。

ただ女性であれば蒙恬なら信にそう紹介するでしょうし、戦闘シーンや蒙恬とのやり取りを見ても愛閃は男性なのだろうなと感じられますので、本記事では男性と結論付けたいと思います

どちらにせよ作中屈指の美形であることは間違いありませんね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃の性格とは?

愛閃(あいせん)は「ども」や「同意」など簡潔に返答するタイプで佇まいがクールです。

そして蒙恬が信について「面白いだろー」と言ったことに対し「いや全く」と答えていることから、ハッキリものを言う性格だということも窺えます。

蒙恬に冗談(?)を言うお茶目さはありますが、基本的に立ち振る舞いは胡漸や陸仙と比べて冷静で落ち着いている印象ですね。

しかし戦場になると一変!

クソ趙兵は木っ端微塵だ!バラバラにしてやれ!」などと口が悪く凶暴になるのです。

普段クールだけど戦場では荒々しく豹変する、そんな二面性が愛閃と言うキャラクターの面白さなんです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃の強さとは?

戦場では異常に荒ぶる愛閃(あいせん)。

実は愛閃は綺麗な見た目とは裏腹に、超武闘派な剛将なんです

第662話では歯を食いしばって矛に力を込め、一気に「ズバシャァ!!」と敵を殲滅する姿が描かれました。

何しろ愛閃は元々蒙武軍。

秦軍一の猛将の下で戦場を駆けてきただけの実力があるということですね。

凄まじい攻撃力と圧倒的な突破力を誇る愛閃と麾下兵団の加入は、楽華に唯一不足していると見られていた“圧倒的武力”をもたらしました。

愛閃の強さは蒙恬の軍才をさらに活かす期待の新戦力というわけです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃は実在した?

史実を元に描かれている『キングダム』は実在した人物をモデルにしているキャラクターが多く登場していますが、愛閃(あいせん)に関しては史実に名の無いオリジナルキャラクターのようです。

蒙恬の活躍をさらに盛り上げるために登場したのでしょう。

飛信隊には羌礼、玉鳳軍には亜花錦という強烈個性が新加入する中、蒙恬の下には蒙恬と同様の美形というところが良いバランスですよね。

しかしオリジナルキャラクターということはすべて原先生次第ということです。

生死も含めて愛閃の動きは全く予測できませんので、どんな活躍を見せてくれるのか期待していましょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃が楽華隊に入隊したきっかけとは?

愛閃(あいせん)は鄴攻略の後に蒙武軍から楽華軍へ移籍してきました。

万となった楽華へ元々移籍する予定があったことも考えられますが、大きな理由としては楽華隊副長であった胡漸の死です。

胡漸は鄴攻略における朱海平原の戦いの中で、龐煖に討たれ死亡してしまいました。

愛閃は胡漸の代わりに楽華軍副長となったわけですね。

幼少期から共に過ごし「じい」と呼んで慕ってきた胡漸の死は蒙恬に大きなショックを与えたでしょうが、愛閃の加入と共に蒙恬と楽華は新たな歩みを始めたのです。

それにしてもいきなり副長となったわけですから、きっと愛閃は蒙武軍でもすでにそれなりの活躍をしていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃と蒙恬の関係性とは?

愛閃(あいせん)は平陽・武城攻略編から常に蒙恬と行動を共にしています。

そしてその立ち振る舞いから蒙恬への忠誠心が窺えます

さらに第674話では、蒙恬が王賁の結婚について信と話していた際に「もし結婚されなくてもずっと私が傍にいます」なんて言っていました。

この言葉によってさらに「やっぱり女性なのでは!?」という議論が盛り上がることになりましたが、単純にそれだけ蒙恬を慕っているとも感じられる言葉ですよね。

蒙恬が「そういう冗談やめて」と返すなど、2人のやり取りを見ていると少なくとも堅苦しすぎない良好な関係であることが窺えます

まだまだ胡漸との関係まではいかないでしょうが、今後蒙恬とどのような信頼関係を見せてくれるか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃は死亡した?

愛閃(あいせん)はまだ登場したばかり

本格的な活躍はこれからです!

現在行われている趙との戦線も見逃せませんが、秦の中華統一までの蒙恬の史実での活躍と言えば楚や斉との戦いです。

愛閃はその中で大きく描かれていくのではないでしょうか

特に「城父の戦い」として名が残る楚との戦いは、愛閃の生死も懸かる大きな戦いとなりそうですので注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ

愛閃(あいせん)は胡漸に代わる新たな楽華軍の副長。

蒙恬と並ぶ美貌の持ち主で、男性か女性かという点でも話題を呼んでいる人物です。

綺麗な見た目とクールな性格ながらも、元蒙武軍らしい凄まじい攻撃力を誇る剛将でもあります。

そのギャップが、登場から日が浅いながらも多くのファンを持つ人気の理由となっています。

そして愛閃の活躍はまだまだこれから。

楽華の活躍には必ず愛閃が関わってくると思いますので、是非愛閃の活躍に注目していきましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です