【キングダム】我呂(ガロ)の魅力とは?なぜ飛信隊に入ったのか?

スポンサーリンク

飛信隊の中で乱戦時に力を発揮する飛麃と呼ばれる部隊がいます。

そこで活躍しているのが岳雷と我呂です。

もともとは岳雷も我呂も麃公将軍のもとで戦っていましたが、合従軍の戦いで趙の李牧と龐煖と戦った際に麃公将軍が討たれてしまったことで主を失い、その後一時的に蕞での攻防戦で飛信隊とともに戦い、以降は飛信隊に所属して信とともに戦っています。

今では我呂は、飛信隊の中で赤飛麃を束ねる指揮官として活躍し、無くてはならない存在となっていますが、今回はそんな我呂について紹介します。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)とは?

我呂は、茶髪で真ん中分けにし、後ろに少し縛った髪型をしており、顎ヒゲを少し生やした風貌で、目は吊り上がり、右頬に傷があるキャラクターです。

顔に傷があるのは元麃公将軍に仕えていた兵に多く、特攻が多い麃公将軍を支える中でついた勲章のようなものと思われます。

武器として矛を扱い、乱戦になるほど力を発揮しています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)の性格とは?

やんちゃそうな見た目から想像される通りで気性は荒く、口も悪いのでよく飛信隊の軍議の場でも茶々を入れることがありますが、基本的には筋が通った発言を皆の代弁として行うことが多く見られます

当初は空気を乱しそうな印象もありましたが、口を出す一方で戦場では乱戦で活躍するだけあり力は強く、意外と義理堅い性格から徐々に信頼も高まっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)の強さとは?

我呂個人としての戦いは、キングダムの中ではまだそこまで多く出ていません。

ただ、もともと屈強な者たちが集まる麃公将軍のもとで戦ってきたことや、飛信隊の中でも乱戦特化型として敵を打ち倒すために組織された部隊に組み込まれている点、さらに「赤飛麃」と名のついた飛信隊の中でも専用部隊において指揮官を任されることから、強さだけでなく知力や統率力にも長けていることが伺えます。

また、合従軍の戦いの後、著雍にて魏との戦いに参戦した飛信隊は、騰軍の録鳴未と王賁とともに魏の呉鳳明を討ちに出ます。

この時に、呉鳳明の本陣を攻め入る役目を任された飛信隊は、副長・羌瘣とともに我呂も先陣を切って攻め込みます。

その中で、騎馬上の我呂は後ろの仲間に対して「行けっ行けェェ あれが呉鳳明本陣だァア」と叫びながら鼓舞しています。

また、結局その時には呉鳳明を討ち取ることは出来ず終いでしたが、羌瘣の命によって我呂は魏の本陣に火をつけて本陣の陥落を皆に伝えています。

このようなことから、鼓舞するシーンでは我呂の指揮官としての片鱗を、本陣を燃やす大役を務めるシーンには味方からの信頼感を感じることができます

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)の初登場シーン

我呂は飛信隊発足時からのメンバーではなく、もともとは麃公将軍の軍に所属していました

その麃公将軍は、合従軍の戦いにおいて趙の李牧と龐煖との戦いの中で打ち取られてしまいます。

それでもその後は一時的に飛信隊と一緒になり、蕞での攻防戦を乗り越えます。

その中で、麃公軍の残党は、蕞を守り抜く中で麃公の仇を取るとともに刺し違えて死ぬことを考えていましたが、秦王政が伝えた「麃公の生き様を後世に伝えよ」という言葉によって生き永らえます。

合従軍の戦いの後、飛信隊は三千人将となり、隊の補充にて元麃公軍と再び出会います。

この時に飛信隊に合流したのが我呂と岳雷でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)が飛信隊に入った理由とは?

麃公軍から飛信隊に合流した我呂と岳雷でしたが、麃公軍の残党の中で、飛信隊に合流したのは我呂と岳雷はじめほんの一部でした。

なぜ我呂と岳雷が飛信隊に合流したかは、合流後に岳雷が話していましたが、もともと麃公軍の中には信のことを好ましく思っていない傾向にあったようです。

これは、麃公将軍に子供がおらず、且つ信と非常に仲良く話していることに対する嫉妬が原因としてあったためでした。

その後、岳雷は飛信隊に合流した理由は特になかったと話していますが、麃公将軍が一目置いていた信のことを、麃公将軍に代わって影ながら支えようという気持ちがあったのかもしれません

我呂は、もともと岳雷の下で一緒にいましたので、岳雷が行くなら自分も行くという感じで飛信隊に合流したのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)と信の関係性とは?

我呂自体は役職があるわけではありませんが、飛信隊の軍議によく顔を出し意見することがあります。

その中で、我呂と信はたびたび飛信隊の中で口論を繰り返しています

もともと戦略に疎く気持ちだけで突き進む信ですが、我呂も思ったことを口に出す性格のため、何度も軍議中に言い争っています。

その1つが先ほども触れた著雍での魏との戦いです。この時に飛信隊は魏の凱孟と相対して戦いますが、その中で軍師である河了貂が人質として捕まってしまいます。

すぐに取り返そうと取り乱す信でしたが、ここで我呂は皆が疑問として思っていたことを告げます。

みんな何でか触れねェようにしてっけどよォ 河了貂ってお前の女なのか? お前にとって河了貂はどういう存在なんだ?

これには信も「たった一人の妹みたいなもんだ」と話し、我呂も納得し人質交換の策に出ます。

もう1つが黒羊丘で行われた趙との戦いです。

ここでは信は桓騎将軍から無理難題を与えられ、対岸を陣取られた敵に対して渡河の戦いをしなければならなくなります。

ここで信と河了貂は、一番重要な川を渡って橋を架ける大役を、副長の渕さんに託します。

ここで我呂は、「人選はそれで間違ってないのか?聞いたところその作戦は一手目の激流地の渡河が全てだ…本人を前にして言うのも何だが…そんな大役を渕副長に任せて大丈夫なのかよ もう失敗できねェって言ったのはお前だぞ河了貂…」と発言します。

これも皆が思っていて口に出来なかったことですが、信と河了貂は「責任感だ」として伝え、その期待に見事答えた渕さんに、我呂は「見直した この隊の副長はってるだけのことはある あんな口を叩いといて何だが…好きだぜ あんたみたいな男 あとは俺らに任しときな」といって解決します。

このように、度々信と我呂は言い争いを行っていますが、我呂としてはいずれも悪気があることではなく、真っ当な意見として皆の代わりに述べることが多い傾向にあります

その後はしっかりと内容を汲み取りますし、渕さんに発言したように非常に義理堅い性格も持ち合わせています

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)は死亡した?

キングダムの本編において、我呂はまだ死亡してはいません

現在は飛信隊の中で乱戦特化部隊として「赤飛麃」を率いており、千人将にもなっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】我呂(ガロ)は実在した?

一言多くも義理堅い我呂ですが、その存在は史実には載っておらず、キングダムの中だけのオリジナルキャラクターです。

それでも専用部隊を率いるくらいですので、今後も作中において重要な役割を担うかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は飛信隊の中でサブキャラクターではありますが、人気の高い我呂について紹介しました。

麃公軍から飛信隊に合流した当初は、皆が気にしてもなかなか言えないことをズケズケと発言し、ニヒルな性格からモブキャラクターかとも思われましたが、徐々に飛信隊の中でも重要なポジションを得るようになり、今では千人将で「赤飛麃」という部隊を率いるようにもなりました。

乱戦特化型ということで、我呂の活躍は、今後も信のピンチや飛信隊の躍進に大きく関わってくることが期待されています

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です