【キングダム】楊端和の右腕は双剣を振る野獣!驚異の戦闘能力を持つバジオウとはどんな人物?

スポンサーリンク

好評連載中であるキングダム!

その勢いはとどまることを知りません。

今回は山の民を収める女王・楊端和の右腕であるバジオウについて説明して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】バジ族唯一の生き残り

バジオウとはどんな人物でしょうか。

バジオウが初登場するのは王弟反乱戦の時です。

バジオウは山の民の中でも唯一楊端和に傷をつけた人物です。

そのため、山の民軍の中ではトップクラスの実力を兼ね備えています。

バジオウは名前にも入っているようにバジ族の生き残りです。

バジ族は戦によりバジオウだけが生き残りました。

生き残ったバジオウは山の中で一人生活をしてきました。

 

【キングダム】何年も1人で過ごしてきた野生児

バジオウは何年もの間、山の中で一人生活を行ってきた野生児です。

そのため、幼い頃から食べものを得るため様々なものと戦いながら食料を調達します。

時には山の民の小隊を単独で倒し、死体の内蔵を食べていました。

 

【キングダム】言葉も通じない子供だった

幼い頃からひとりで山の中で過ごしてきたため、人間としての基本的な知性はなく獣としての生活を行ってきたため、獣の鳴き声のようなものでしか会話ができませんでした。

 

【キングダム】山の言葉も秦の言葉も話せる知性派

楊端和に一騎打ちで負け山の民の軍に入ることになったバジオウ。

バジオウが楊端和に負けたとき、楊端和は家族になるための条件をバジオウに与えます。

それは、人に戻ることでした。

バジオウが人に戻るということ、つまりは今の獣の姿から抜け出し言葉の通じる人間になることが条件でした。

それから時が過ぎ、山の民のNO2としてリーダーとして活躍することになる時には山の民の言葉に加え、秦国に言葉も扱う有能な戦士として活躍しています。

 

【キングダム】戦闘能力も高い

バジオウの戦闘能力は山の民の中でもトップクラスです。

それに加え、山の民の中で唯一楊端和との一騎打ちで傷を与えた人物です。

バジオウは戦いの際に強敵に出会うと、自らの意思で野生児であった時の自分を開放することが可能です。

力を開放すれば野獣並みの身体能力を発揮することが可能です。

バジオウのプロフィールは以下のようになっています。

バジオウのプロフィール(英雄列紀編)
  • 武力    90+α
  • 指揮力  75
  • 知力    72
  • 経験値 B
  • 備考    狂戦士モードあり
バジオウのプロフィール(覇動列紀編)
  • 武力    91+α
  • 指揮力  80
  • 知力    74
  • 備考    人気有り

スポンサーリンク

【キングダム】実は方向音痴

バジオウは実は方向音痴です。

戦闘時の嗅覚、感覚などについては文句なしなのですが、方向音痴なので一人で突撃するとき、迷子になったりする一面もあります。

 

【キングダム】楊端和と共にクーデターの戦いに参戦

バジオウの初登場は王弟反乱戦の時です。

反乱鎮圧のための体制を整えるべく、政は楊端和との会見を試みます。

政は王の道について説き、信は激で楊端和の心をつかみます。

その現場にいたバジオウも信の激は伝わり、反乱に加わりました。

 

【キングダム】犬戎族との戦いで橑陽城を落とす

内政が安定し、政は夢であった中華統一に乗り込むため秦国は趙国に攻め込みます。

秦国の大将である楊端和、桓騎、そして大将軍である王翦の三軍で李牧率いる趙国防衛軍に立ち向かいます。

それぞれの軍が対立する中で楊端和軍は犬戎王ロゾと舜水樹との戦いに挑みます。

犬戎王ロゾはかつて中華の周王朝を滅ぼした大犬戎族の末裔をまとめる一族の長です。

その実力は李牧のお墨付きで、李牧とロゾは特別な関係にあるようです。

戦いの末楊端和とバジオウの二人きりで追われることとなってしまいます。

しかしなんとか生き延びることに成功します。

戦いはまだ続くので城が落ちるかどうかはわかりませんが、なんとか助かった今楊端和の反撃が始まります!

 

【キングダム】素顔が明かされる日はくる?

山の民の気になる点が仮面の下の素顔です。

山の民で唯一顔をだしているのが楊端和だけです。

ではバジオウが仮面をとる時が来るのでしょうか?

考察していきましょう。

山の民にとって仮面は自分がどこの族に所属しているかの印のようなものです。

そのため自分の仮面には誇りがあり、むやみに外せるようなものではないようです。

それを表しているのがバジオウの幼少期です。

野生児であった幼少期、野生的で知力がないその時でさえ仮面は被ったままでした。

単に外していなかっただけかもしれませんが、自分がバジ族であった唯一の証であるため本能的に外せなかったのかもしれません。

そのためこれからも外すこともないと思いますが、仮面の隙間から素顔が少しだけ見えたりする演出があるかもしれません。

と考えているうちにバジオウの素顔がしました。

かなりのイケメンだということが判明しました。

男前で強い顔つきだろうと予想はしていましたが、かなりのイケメンに多少驚いてしまいました。

 

まとめ

 

いかがだったでしようか。

今回はバジオウについて説明しました。

バジオウは武力もさる事ながら、人としての優しい一面も持っています。

さらには楊端和への忠誠心を見た人は必ず好きになると思います。

好感度の高いバジオウの活躍に期待してください。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です