【キングダム】楚水(そすい)がいないと飛信隊は弱い!?武力と知力を合わせ持つ優秀な副長!楚水がみせた忠義とは?

スポンサーリンク

生え抜きの飛信隊隊員ではないものの、信に対する忠義は誰にも負けないものを感じられる楚水

副将でありながら、陰で飛信隊を支えてくれている楚水について、考察していこうと思います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】騎馬隊を支える飛信隊副長 楚水(そすい)

飛信隊の副将を務める武将 楚水。

魏の山陽戦の途中から飛信隊に加入する事になります。

信や同じ副将の渕さんはもとより、部下や飛信隊からの信頼が相当厚い武将です。

とにかく義に厚い武将で、縁の下の力持ち的な存在です。

飛信隊では河了貂の加入前は、補給などの重要な役割を主にしていました

その分戦闘シーンは少なかったですね。

歩兵が中心であった飛信隊でしたが、河了貂加入後に楚水が騎馬隊をまとめ上げ、飛信隊は歩兵と騎馬隊が見事に融合した部隊になったのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楚水は史実では存在しない?

途中加入ながら、騎馬隊の前線の指揮を一手に担っている、今や飛信隊に無くてはならない武将 楚水。

史実においてはその記述は見当たりません

元は郭備という千人将の部隊である、郭備隊の副将をしていましたが、その郭備隊そのものの記述がありません。

ですので楚水はほぼ間違いなく、キングダムのオリジナルキャラクターかと思われます。

山陽戦は重要な戦いではありましたが、オリジナルキャラクターが多かった戦いでもありました。

山陽の戦いにおいて重要なキャラクターである廉頗四天王。

廉頗は勿論実在した武将ですが、四天王についての記述は見当たらず、キングダムオリジナルという事になります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】輪虎によって失われた郭備隊

楚水は魏の山陽戦が開戦した当初は、千人部隊である郭備隊の副将を努めていました。

しかし山陽戦にて、廉頗四天王の一人である輪虎の千人将を狙った暗殺劇により、隊長であった郭備が殺されてしまい、事実上郭備隊は消滅してしまいます

郭備は信と同じく元は下僕の身でした。

戦争孤児で良家の下僕を転々してきました。

その途中で、郭家が養子にしてくれて士族となったのです。

同じ境遇の信を心から応援し、部下にも飛信隊の話をよくしていたそうです。

その後、飛信隊が山陽戦のみの臨時の千人部隊に任命され、楚水を含む元郭備隊七百人が飛信隊に配属されます

楚水は郭備の意思を継ぎ、郭備と同じ境遇で成り上がった信に忠誠をちかうのです。

きっと信に郭備を重ねていたのでしょうね!

 

スポンサーリンク

【キングダム】楚水の性格は?

楚水はとても義に厚い武将です。

原作において郭備と一緒に出てくる場面はありませんが、間違いなく郭備を心から慕っていたと思われます。

郭備が輪虎に殺され、郭備隊が飛信隊に組み込まれる事になった時、楚水は信にこう言っています。

志半ばで倒れた郭備様の想いも胸の片隅に抱いて戦うことをお許しくだされ

よほど郭備を慕っており、守れなかったのが悔しかったのでしょう。

主である郭備がそうであったように、楚水も知・武・勇の三拍子揃っている武将で、戦術を考える事もでき、騎馬隊を率いて先陣をきって戦う有能な武将です。

郭備に憧れ郭備のようになりたいと思っていたのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

【キングダム】信も楚水を心から信頼している?

郭備に心から忠誠を誓っていた楚水。

郭備隊亡きあと、郭備が応援していた飛信隊の隊長信に忠誠を誓います。

信もまた楚水を信頼し、加入してすぐに飛信隊の副将に抜擢します。

輪虎と信の一騎打ちを邪魔しようとする魏将を体を張って止めに入ったのも楚水でした。

その時に輪虎に斬られてしまう楚水でしたが、輪虎が信から注意が逸れたその一瞬、信が輪虎を打ち取るのです。

勿論信の実力で輪虎を討ち取ったのですが、楚水の助けも少なからずあったのです。

楚水が受け持った補給という業務は一見地味なようですが、最近終わったばかりの趙の鄴攻めがいい例ですが、補給は戦争において超重要な仕事です。

どんなに屈強な戦士も、ご飯が食べる事ができなければ死んでいくのです。

何処からどのルートを通って何処に届けるか。

当然敵は兵糧を狙ってきます。

今回の鄴攻めは、趙が秦の兵糧補給ルートを絶ち、対抗して秦は鄴を難民で溢れさせ、周りを囲み兵糧の補給を絶つ事で、お互いに兵糧攻めをかけあうという異例の戦いになったのです。

それほど補給というのは大切なのです。

それを任せられるのは、知と武を兼ね備えて隊長からの信頼も厚い武将でないといけません

飛信隊の補給を任されていた楚水は、飛信隊に加入して日が浅いものの、信や飛信隊からも絶大な信頼を寄せられていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楚水が一時離脱して河了貂が加入した?

山陽戦後、楚水は隊の生命線とも言うべき補給の手配と配置を担当します。

担当せざるを得なくなったのかもしれません。

羌瘣が隊を離れ、器用な策を立てられる武将がいなくなってしまったのです。

それまでは補給は誰がしていたのかは描かれていませんが、河了貂加入前の飛信隊の戦略は全て羌瘣が立てていました。

恐らくは補給などの手配も羌瘣が考えていたのではないでしょうか。

それほど羌瘣は信頼が厚く、頼りになる武将でした。

その羌瘣に変わる役目は、当時の飛信隊ではやはり楚水しかいなかったと思われます。

飛信隊はどう見ても武闘派集団ですので、細かい戦略やそれこそ補給などの作業は向いていない武将ばかりでしたしね。

羌瘣が去り楚水も補給作業に回った為、戦略を立てられる武将がいなくなった飛信隊は、連戦連敗という泥沼状態になってしまいます。

そんな飛信隊を見兼ねて、蒙恬が軍師を手配してくれます。

蒙恬は弟の蒙毅を送る予定でしたが、蒙毅は都合がつかなく代わりに飛信隊に加入したのが河了貂だったのです。

軍師の適性が抜群にあった河了貂が加入した事により、やっと楚水は本来の役割である前線に復帰する事が出来たのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】意外と戦闘シーンが少ない楚水の強さは?

飛信隊副将となった楚水ですが、戦闘シーンはさほど多くない印象です。

河了貂が加入するまで隊の生命線である、補給を一手に担っていた時期もありましたが、その後も縁の下の力持ちのイメージが強く残ります。

しかし、楚水は意外とタフネスな武将です。

山陽戦では、郭備の敵である輪虎に完璧に斬られてしまいます。

ところが、楚水と共に飛信隊に加入した部下が「副将は頑丈だから!」と言っているように、山陽戦は戦線離脱しますが、その後見事に復活するのです。

魏の著雍戦では、序盤で魏火龍七師の一人の凱孟の強烈な一撃を食らってしまい、瀕死の重傷を負ってしまいます。

常人なら死んでもおかしくないくらいの一撃でしたが、楚水はその後しっかりと復活するのです。

楚水の強さは矛の腕というより、その頑丈さにあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】咸陽凱旋で楚水はモテ男だと判明

連載では終了した鄴攻めですが、単行本では鄴城は落としましたが、戦いそのものまだ終わっていません。

昌平君が鄴攻めを提案したのが46巻でした。

今回発売された新刊の58巻でも終わっていなので、次に発売される59巻で完全に鄴攻めは幕を閉じると思われます。

実に13巻にわたって戦い続けたんですね!

ですので単行本ではまだ掲載されていませんが、飛信隊が王都咸陽に凱旋した際、とにかくモテモテでした

咸陽の女性達は自分のお目当ての武将に花束を渡しに近づきます。

そんな中で一際女性にモテていたのが楚水でした。

意外?と言っては失礼でしょうが、活躍の割にあまり目立たないような存在に思えていましたので・・・

楚水は片目に傷が入っており、兜を取ったらロン毛でよくよく見てみればイケメンです。

なのでモテてもなんの違和感もないはずですよねw

一見堅物そうに見えてしまう(多分実際そう)ので、女性にモテている姿を見るのは意外という印象をもってしまいました。

今回の鄴攻めでの飛信隊の活躍はとんでもないものがありましたので、秦国内どころか国外にもその名は知れ渡っている事でしょう。

それにともなって副将である楚水の名も知れ渡る事でしょうね!

余談ですが飛信隊が凱旋した時、松佐に花束を渡したくて松佐を探している女性がいましたね・・・

松佐の分まで楚水や他の隊員達も頑張ってもらいたいです!

 

スポンサーリンク

まとめ

影ながら飛信隊を支えている楚水。

知・武・勇と三拍子兼ね備えた飛信隊にはなくてはならない武将ですね。

キングダムオリジナルキャラクターなだけに、今後どうなるのか全く不明ですが、まだまだ活躍してくれる事でしょう!

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒面倒見のいい松左は槍の達人!いつから飛信隊に所属している・・

⇒主人公・信の配下、飛信隊についてまとめ!メンバーは?史実・・

⇒飛信隊のムードメーカー尾平(びへい)!飛信隊古参で強運の持・・

⇒数少ない恋愛事情まとめ!カップル成立したのはだれ?気にな・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です