【キングダム】楽華隊の勢いがスゴイ!そのメンバーを大紹介!!

スポンサーリンク

キングダムの中で飛信隊と同じく独立遊軍として活躍し、人気を集めているのが楽華隊です。

隊長の蒙恬が信と比較的仲が良く、隊としても連携して行動することもあり登場するシーンは多めです。

特に蒙武の息子ながら戦術眼が高く、ヒラヒラとした動きで敵を翻弄しながら活躍する蒙恬は、キングダムの中にあってはオシャレないで立ちで、顔も良いため人気も高いキャラクターです。

飛信隊と同じく百人隊からスタートし、玉鳳隊とともに3隊一緒に成長していく姿は見ている側も興味が高い点でしょう。

ただ楽華隊にも、飛信隊や玉鳳隊に負けず劣らず癖の強いキャラクターが多く所属しています。

今回はそんな楽華隊について個々のメンバーとあわせて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楽華隊とは?

楽華隊は蒙恬を隊長とする独立遊軍の1つで、初登場時は百人隊でしたが、信率いる飛信隊や王賁率いる玉鳳隊と同じく徐々に戦績を積み、現在将軍として1万人を率いる隊にまで成長しています

蒙恬は呂不韋一派に含まれていた蒙武の息子でもありますが、特に蒙武の隊にいたわけではなく、一から隊を率いています。

軍略に明るい蒙恬を中心に、敵を翻弄しながら打ち倒すことが多く、隊のメンバーも力だけでなく蒙恬の策に応じて臨機応変に戦えるよう練兵されています

特に趙の鄴攻めの際には、朱海平原で秦軍の左側の担当を受け持つと、敵兵3万に対して楽華隊5千の軍勢で挑みながらも敵を翻弄しながら攻撃を仕掛け、勝利に大きく貢献しました。

楽華隊は胡漸を筆頭に、蒙恬を昔から知る人物が多く集まっていますが、蒙武や蒙驁の威厳を振りかざすのではなく、ニュートラルな自然体のグループでまとまっています。

王賁率いる玉鳳隊は、王家のプライドをもとに成り立っている傾向がありますが、そこまでの要素は楽華隊にはありません。

平民出のメンバーが集まる飛信隊ほどではありませんが、泥臭い戦いも時には行います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】蒙恬とは?

楽華隊の隊長をつとめる蒙恬は、初登場時から千人将級の実力を持つ逸材とうたわれていました

昌平君が行っている軍師学校も首席で卒業し、戦略の面では昌平君からも一目置かれています。

知略に優れる一面があり、その戦術眼と危機察知能力の高さで戦場全体の弱点を付くような戦い方をする事が多くあります

そのため、普段は一歩引いた形で戦場を見渡し、軍を率いることが多いですが、いざという時は先陣を切って戦う武力も持ち合わせています。

敵将との一騎打ちというシーンは少ないですが、持ち前の反射神経を活かして剣で相手の攻撃を受け流し、その反動からカウンター的に攻撃を仕掛けることを得意としています

合従軍の戦いにおいては、王賁とともに騰から臨時の将軍昇格を受け、急遽の軍も束ねて率いるほど実力と人望の高さも兼ね備えています。

コミュニケーション能力が高く、信とも会話することが多く、プライドの高い王賁とも分け隔てなくやり取りしています。

そのため飛信隊と玉鳳隊の上手く間に入り潤滑油としてまとめることも多くあります。

蒙武を父に、祖父に蒙驁を持つことから武力の才は信以上にありそうですが、そこまでまだ圧倒的な攻撃力を発揮するシーンはありません。

とはいえ、蒙驁からは「蒙家三代でもっとも才能がある」と、蒙武からも「ナヨついたガキだが、そこらの千人将よりはるかにものが見えている」とも言われています。

また、蒙恬には弟に蒙毅がいますが、蒙毅も蒙恬同様に武力というよりは知略寄りなところがあり、河了貂の先輩として昌平君の軍師学校に入学しています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】胡漸とは?

胡漸は、キングダムの中であまり名前としては登場してきませんが、楽華隊を初期から支えるメンバーでよく登場します。

蒙恬からは「じい」と呼ばれていて、元々は蒙恬の教育係でもありました。

蒙恬の出世や、蒙家の発展を願って楽華隊に帯同しており、現在では副長として活躍しています

一方で蒙恬に対して過保護なところがあり、蒙恬が結婚の相手をなかなか決めないことにヤキモキしていたり、「蒙恬の子供を抱くまでは死ねない」と発言したり、実の孫のように蒙恬のことを考えています。

ただ、趙との朱海平原の戦いの際に、突如夜襲してきた龐煖による攻撃によって一矢報いるものの絶命してしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】陸仙とは?

陸仙は、楽華隊の規模が大きくなってきた事で増援された副長の1人です。

まだ年は若いのですが、槍使いの名手でもあり副長に抜擢されています

胡漸いわく槍さばきは王賁並みとのことですが、本人はそれを否定しています。

ただ実力は高く、単独で隊を率いて攻撃を仕掛けることもあります。蒙恬も陸仙を信頼しており、楽華隊を裏でまとめるような対応もしています

また、過保護すぎる胡漸に対して苦言を呈することもたまにあります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】高目とは?

高目は、楽華隊の副長以下のメンバーで唯一名前が紹介されているキャラクターです。

合従軍の戦いの中で騎兵として登場した際に、蒙恬の一撃離脱戦術に付き従う形で同行し、蒙恬の戦術眼の高さに言葉を失っていました。

騎兵ということもあり、今後さらに重要な局面で登場してくる可能性もあります

 

スポンサーリンク

【キングダム】愛閃とは?

趙の朱海平原での戦いで亡くなった副長胡漸の穴を埋める形で、蒙武軍から移籍してきたのが愛閃です。

まだ登場してきたばかりのため、強さは未知数なところがありますが、蒙武軍から移籍してきてすぐに副長ということはそれだけの実力があると思われます。

た目的には男性か女性かがまだ分からず、中性的な見た目と口数の少なさが特徴でもあります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楽華隊の強さとは?

楽華隊は隊長の蒙恬を中心に、個性は若干少ないもののしっかりまとまった隊として機能しています。

蒙恬が中心となり考える軍略をしっかり実行するだけの実力を誇った部隊といえるでしょう

キングダムの中でも飛信隊や玉鳳隊と比較しても知略を用いた戦い方をする蒙恬に合わせ、機動力に優れた行動が出来る部隊です。

ただ、今のところ楽華隊が武将級を打ち倒すシーンというのは少ない傾向にあります。

蒙恬自体が一歩引いた戦術を好む傾向にあることが影響していますが、楽華隊は比較的飛信隊や玉鳳隊の援護や、後方支援のような役回りが多く描かれています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】楽華隊は実在した?

史実において蒙恬は実際に記されています。

ただ、史実の中で蒙恬は文官として登場しており、武将としては登場してきていません

そのため、楽華隊という隊も存在しません

キングダムの中で、オリジナルキャラクターとなります。

とはいえ、史実の中で蒙恬は、李信将軍の副官として戦に挑むシーンは登場しています。

このため、率いていた隊が楽華隊となったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

飛信隊や玉鳳隊とともにキングダムの中で特に秦国の刃として重要な役割を担う楽華隊は、今後も大いに活躍することが期待されています。

趙国との戦いが終わり、副長の胡漸を失った楽華隊は、新たに愛閃を加えることで今まで以上に活躍し出すかもしれません。

飛信隊はもとより、玉鳳隊と比べてもまだまだ登場するキャラクターが少ない楽華隊ですが、今後の活躍次第で今まで登場しなかった新たなキャラクターが生まれる可能性もあります

引き続き楽華隊の活躍にも注目していきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です