【キングダム】渕さんは兵士希望じゃなかった!?副長になった経緯は?信と共に歩んだ半生とは?

スポンサーリンク

信達は、山の民達と協力して、成蟜(せいきょう)から王宮を、見事に取り戻す事に成功して、昌文君から功績として、土地や住む家や、大将軍になる夢の一歩となる身分つまり、戦争孤児、下僕から平民となりました。

そして、3か月後には、初の戦となる蛇甘平原に初陣します。

この戦で、信は5人の仲間が加わりました。

その仲間は、信と漂が同じ村に住んでいた尾平、尾到、羌瘣、(きょうかい)、伍長の澤圭(たくけい)が仲間になります。

この戦いで信達は、武功を上げて、伍部隊から100人の兵を扱う100人部隊となり、信は、百人将となりました。

馬陽攻防編では、新たな仲間が、加わります。

その人物は、飛信隊の副長を務める渕(えん)さんです。

信は、渕さんを始めから、呼び捨てせずさん付けで呼んでいます。

澤さんは、伍長を務め、弱者には弱者なりの戦い方を知っていて信に戦い方を、教えたので澤さんと呼ばれていますが、渕さんは、澤さん違い最初は、武力も戦う知恵もありませんでした。

しかし、信と戦に参加する事で、信や他の仲間を助ける人物となっていきます

今回は、渕さんについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊を支え続ける渕副長

伝説の六大将軍の一人である、王騎将軍から、信の部隊を覚えやすくする為に、飛信隊の名を貰います。

この部隊には、副長が二人います。

一人は、初陣で信の仲間に入った、羌瘣(きょうかい)です。

羌瘣は、一人でも敵を無双できる力を、持っているので、信は、羌瘣(きょうかい)を副長にしています。

二人目の副長は、渕さんです。

渕さんの副長らしい力を、見せたのは、王騎将軍が死んでしまった戦である、馬陽攻防編で見せています。

王騎将軍は、敵の戦力を崩す為に、信に超軍の大将である馮忌(ふうき)の首を取れと命じます。

馮忌は、とても戦力の知恵をもった武将なので、最悪の事態になる前に、潰しておきたいと思い、王騎将軍は、信に命じました。

飛信隊は、出来たばかりの部隊で、馮忌の部隊に近づくのはたやすい事ではありませんでした!

ここで、渕さんは、知恵を絞って、馮忌の首を取る部隊と囮になる部隊と分ける事を思いつきます。

渕さんは、信に馮忌の首を取るようにお願いします。

そして、渕さんは、敵の目を引き付ける為の囮の部隊に残ると信に言います。

渕さんが、囮の部隊に残った理由は、この場で戦う兵士達にも将が必要だと知っていたからの事です。

 

スポンサーリンク

【キングダム】渕はただの連絡係だった?

馬陽攻防編で、飛信隊の副長らしい姿を、見せた渕さん!

頭の回転も早く、身分も立派なので、飛信隊の副長になったと思われている人もいると思います。

しかし、渕さんの最初の役職は、壁(へき)が信に王宮や嬴政(えいせい)の危険を伝える為に壁が用意した連絡係でした。

この時の、渕さんの姿は澤さんと同じように、とても弱そうな姿をしていました。

この時の渕は、自分が飛信隊の副長になるとは思っていなかったでしょう

信の連絡係をして生涯を終わると思っていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信と共に無法地帯に残された渕

ここから、渕さんが、連絡係から飛信隊の副長になるまでの話しをご説明します。

信は、朝早く、渕さんが住む家に行き、渕さんに連れていって欲しい場所をお願いします。

この時の、渕さんは、信の頼み事なのでとても嫌な顔をしていました。

信の頼み事の内容を聞くと、渕さんの嫌な予感は的中します。

その内容は、伝説の六大将軍の一人であり、信にくちびる将軍と呼ばれている王騎将軍のいる城に連れて行って欲しい事でした。

なぜ?

信は、王騎将軍の所に行かなくてはならなかったのは、天下の大将軍の夢を叶えるには、王騎将軍に修業を、つけてもらい強くなる事が、目的でした。

渕さんが、王騎将軍の城に行きたくなかったのは、王騎将軍の城に行くと必ず行方不明者がでるとウワサされているから、行きたくなかった訳です。

渕さんには、二人の子供がいて養っていかないとためだったのでなおさら王騎将軍の所に行くのを嫌がっていました!

しかし、信に大金を貰いとりあえずは、信を王騎将軍の所に連れて行きます。

城に着いて、信をおいて渕さんだけ帰れば、連絡係として一生を終わっていました

渕さんは、なぜか信と共に、王騎将軍が遠征から戻ってくるまで待っていました。

ここから、渕さんの人生が変わっていきます。

そして、王騎将軍に会い、信と渕さんは、王騎将軍の馬車に乗ります。

信は、このまま王騎将軍に、修業をつけてもらえると、期待していたのですが、王騎将軍は、信に「嫌です!」と言い信を蹴飛ばし峪へと落とします。

信が落ちた所は、秦(しん)に見放されて無法地帯でした。

王騎将軍は、信が大将軍になる素質がある事を認めていました

その力が、どこまであるのか?を知りたいと思い、信を無法地帯に残しました。

無法地帯には、老人や子供や女性しかいませんでした。

荒くれ達が襲ってくる村でもありました。

王騎将軍は、信に無法地帯を平定(へいてい)して見せろと命じます。

この村の兵は、最弱と呼ばれていて兵には、老人と女性しかいなく荒くれに立ち向かう力もわずかしかなかったので最弱と呼ばれています。

信は、刀も王騎将軍に取り上げられていて、戦う準備もしていませんでした。

王騎将軍は、渕さんに平定が終わったら、修業をつけてやると信に伝えろと言います。

渕さんは、信の連絡係なので、王騎将軍の伝言を伝えに信の所に向かいます。

この時に、村人にあなたは誰?と言われ、渕さんは、連絡係と言わず、信の副官と言います。

連絡係と言うとマズイと渕さんは、思ったと思いますが、信に憧れを感じていたのではないでしょうか。

信は、無法地帯の村の兵と力を合わせて、荒くれを倒し村を平定にする事に成功します

 

スポンサーリンク

【キングダム】成り行きで飛信隊の副長へ

無法地帯を平定した信は、このまま王騎将軍に、修業をつけてもらうと思っていたのですが、王騎将軍は、嬴政(えいせい)のいる王宮へと向かっていました。

王宮では軍議が行われていました。

秦国は、韓を攻めようとして、王騎将軍が総大将になる為に、王宮を目指していました

信達も王宮に着き、軍議も終わり、渕さんは、一度村に信に戻ると言いますが、信は村に戻らず、そのまま、戦の準備をして渕さんも、村には戻らず、信に着いて行き、成り行きで信に副長に選ばれてしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】渕の強みは武力ではなく責任感?

渕さんの強みは、やはり副長である責任感ではないでしょうか。

渕さんが、初めて戦に出た時に、信に大将の首を取ってとお願いし、渕さんは、囮部隊に残りました。

渕さんが、普通の兵だったら信の部隊に着いて行ったと思います。

副長である責任が、あったから囮部隊で将を務めたのではと考えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いで見せた渕の意地

黒羊丘の戦いでも渕さんは、副長である姿を見せます。

この作戦は、橋をかけて川を渡る作戦。

作戦を成功させる為に、渕さんは選ばれました。

渕さん達が、川を渡り敵の背後から攻撃して、敵が混乱している時に、正面にいる信達が上陸する事が目的

渕さんは、信達の期待どおりに川を渡り、信達に通路を渡しました

 

スポンサーリンク

【キングダム】信の夢は渕の夢でもある?

信の夢は、戦で武功を上げて天下の大将軍になる事が夢です。

そして、渕さんの夢は、信が大将軍になる姿を見たいと思い、王騎将軍の城から信を置き去りしないで、信についてきたのではないでしょうか。

信の夢は、渕さんの夢でもないかと考えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信が将軍となり渕副長が千人将へ

趙峩龍を討ち信は、五千人将から出世して将軍となります

住んだ家も、馬小屋みたいな家から、大豪邸となります。

信が将軍になると、渕さんも出世して、飛信隊副長兼千人将となります

 

スポンサーリンク

まとめ

信の強引に付き合わされ、成り行きで飛信隊の副長になった渕さん。

今では、大出世して1000人の兵を仕える千人将となりました

この先の戦でも、渕さんは、部下に頼れる隊長として活躍していくと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です