【キングダム】物語を彩るには欠かせない!キングダムに登場する魅力ある将軍たち

スポンサーリンク

キングダムでは、武力のある将軍、知力のあふれる将軍など、様々な魅力のある将軍が登場します。

今回はその様々な将軍について掘り下げようと思います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】常識にとらわれない戦術眼を持つ悪のカリスマ 桓騎

秦の筆頭将軍である蒙驁の副将として登場します。

戦の天才であるゆえに化け物と評されており、同じく副将の王翦と合わせて秦の六将軍にも並ぶ実力者と言われていますが、登場時の知名度は低く、趙の李牧ですらその実力を知りませんでした

性格やその行動は傲岸不遜で冷酷となります。

敵軍への過剰な拷問・殺戮を行い、敵国の一般市民への虐殺行為をするなど、非道な手段を平然と行います。

また、ゲリラ戦術のような相手の虚を衝く戦い方を得意とします。

元々は討伐軍相手に無敗を誇った山賊の頭領でありました。

 古参の部下曰く、桓騎の原動力となっているのは全てへの激しい怒りとのことです。

 

【キングダム】ドドンドドンドンでお馴染み武の巨人 汗明

楚の将軍として登場します。

大柄な体躯とその圧倒的な戦いぶりから楚の巨人という異名を持っています。

獲物は、先端が極端に沿った形をした剣や、大錘や巨大な分銅を使って戦う。

魏・燕・韓・趙との合従軍において楚軍の総大将を務め、函谷関戦では蒙武軍を迎撃します。

しかし、蒙武との一騎打ちでは激戦の末に敗れ戦死します。

一騎打ちの際の周囲の大声援のリズムは忘れられないです。

ドンドドン ドンドン 汗明!

ドンドドン ドンドン 汗明!

ドンドドン ドンドン 汗明!

ドンドドン ドンドン 汗明!

まるで某○塾みたいなシーンです。

 

【キングダム】策を武で打ち破る秦唯一の猛将 蒙武

秦の丞相、呂不韋直属の四柱の1人として登場します。

そして、蒙恬と蒙毅の父でもあります。

自身の武力に絶対の自信を持っており、中華最強である事を証明するため政に六大将軍制度の復活を上奏します

圧倒的な攻勢に特化した性質故に昌文君からは危うさを指摘されます。

自分の持論は戦いに攻も守も無い。あるのは目の前の敵を打ち砕くことと正に諸突猛進を地で行くような話をしています。

 戦闘スタイルは己の武力を筆頭に士気を高めた兵たちで一気に押し潰す力押し。その戦い方は昌平君や王騎から見ても策も何もあったものでは無いと言わしめるほどです。

しかし、兵の士気を上げるために戦を使って練兵をする等、軍への理解度は高いです。

 

【キングダム】戦を五感で判断する究極の本能型将軍 麃公

秦国の大将軍として登場します。

その武力は王騎と互角とさて、軍を率いた際の武力は王騎軍よりも上と王騎に言わせる程であります。

昭王による咸陽への召還を何度も無視していたために、六大将軍と並ぶ実力を持ちながら数えられておりませんでした。

また、長年前線を拠点としていたことから中央での知名度はとても低いです。

戦争を燃え盛る大炎という独特の感性で表しており、勝利のためならば歩兵の犠牲を省みず敵軍の急所を突き戦果を挙げるという冷酷な一面も持ちます。

知略・軍略よりも本能で戦う武将で、李牧も彼をして本能型の極みと評します

 

【キングダム】数百年の山の乱世を治めた美しき山の王 楊端和

史実とは違いますが、山の民の最大勢力の女王として仮面を被って登場します。

他の山民族からは山界の死王と呼ばれているほどの畏怖されている存在です。

女性ながら、その武力は山の民一とされ、自ら先頭に立って幾多の山民族を統合していくなど、政治力を兼ね備えています。

幼少より世界を広げたいと考えており、かつてない国の広がりを求めていた政と強固な盟を結んで王都奪還に力を貸します

政が秦の王権を取り戻した後は、山の民を率いて他の原住民族を平定してまわっていたが、趙の李牧が仕掛けた連合軍により窮地に陥った信や政の元に救援として現れます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】戦のあるところに姿あり元三大天 廉頗

魏の将軍として登場します。

しかし、元は趙の大将軍で三大天の一人であります。

ただし、その名はいかなる国に渡ろうと三大天の名として健在であります。

顔中傷だらけの風貌で、戦が自分の全てと言い切るほどの戦好きであり、豪快な性格をした大男です。

あらゆる戦術に精通した戦術家でもあり、剛力無双の勇士であります。

廉頗四天王を要する廉頗は進軍の総大将蒙驁と激突し、自身は進軍本陣に乱入して蒙驁と一騎打ちをおこない、蒙驁を窮地に追いやりますが、総大将だった白亀西が討たれた事、状況不利から和睦を結びます。

山陽戦後には魏から追放され楚に亡命します。

 

【キングダム】秦の最大の壁となる最高の智将 李牧

趙国における最強の武将の称号三大天の一角を成す人物として登場します。

秦と趙の新たな戦いとなった馬陽の戦で初めてその姿を現し、以後は趙の司令塔として秦と幾度となく戦っていく事になります。

自身も歴戦の武将であると同時に、知略に優れた策略家という顔を持ちます。

秦と趙の戦ではその前に匈奴軍20万を撃破するという大掛かりな戦を仕掛けましたが、その事実を大規模な情報封鎖によって他国はおろか、同じ趙軍にすらその事実を知らせていませんでした。

また、それを維持しながら、馬陽戦の終盤時に登場。その行軍能力の早さは王騎の予測を遥かに上回り、王騎の死のきっかけを作りました

その後も合従軍を結成し、咸陽を攻め落とすために再び敵となって現れます

 

【キングダム】秦の強固たる礎を築いた大将軍 王騎

秦の六将軍最後の生き残りとして登場します。

誰に対しても丁寧語だが、どことなくオカマっぽい口調でもあります。

そして、飄々とした性格で、どのような状況でも冷静さを失わない振る舞いをします。

王弟の反乱時は、政側についた昌文君と戦う目的で王弟派に付きますが、昌文君の言葉から政に興味を持ち、争いから離脱し、最終的には政に味方します

趙軍の襲来に際して将軍に復帰し、かつての結婚の約束をしていた摎を殺した龐煖が趙軍の総大将と知り、過去の因縁に決着するべく秦軍総大将として出陣します。

始まった対趙戦では、策略で敵将を討ち取るなどで戦いを有利に進め、敵本陣を追い詰めた末に宿敵龐煖との一騎打ちを演じます

しかし、龐煖から致命傷を受けて、信に矛を託しその生涯を閉じます

 

【キングダム】仮面の奥に隠された表情からも溢れ出る冷徹さ 王翦

大将軍蒙驁の副官として登場します。

同じく副官の桓騎と共に縦横無尽の活躍をしていました。

秦六将のメンバーであった王騎にくらべて地位が低いのは彼が危険人物だからと噂されていたからです。

王翦は野心家であり、自ら王になることを志していたため、先々代の昭王の代から活躍しているものの信頼されませんでした。

とはいえ武将としての能力は紛れもなく一級品であり、野戦築城や心理操作を織り交ぜた重厚な戦術を得意としています。

鎧とアイマスク状の兜といったインパクトのある外見のわりに、蒙驁の副将でありながら自分の身を守るための行動を最優先に考え、味方の武将にすらゴミを見るような視線を投げつけるなど何を考えているのかわからない人物として描かれています。

 

【キングダム】最強の戦闘力を誇る武神 龐煖

キングダムといえば、忘れられない人物が龐煖です。

自らを武神と称する大柄な男で、普段は人里離れた山奥で腕を磨き続けています、長い髪と、過去王騎に敗れたときに付けられた顔の傷が特徴の人です。

武器は、先端が極端に反った形をした薙刀の様な得物で戦う。

尋常ならざる修行の果てに長時間神を宿す力を手に入れており、その武力は人の域を超えていると言われています。

李牧の要請に応じ、様々な戦場に突如登場いて無双の力を発揮するなど、とにかく絶望感を味合わせるタイミングで登場します。

 

まとめ

キングダムに登場する武将などの中で特にインパクトのある武将を色々紹介していきましたが、これ以外にも色々魅力のある武将が登場します。

信が大将軍として、今回登場する将軍たちに近づくのが今から楽しみであります。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です