【キングダム】王弟謀反編で河了貂が女性としても軍師としても成長? 河了貂の成長した姿とは!?

スポンサーリンク

秦軍として函谷関と蕞を守り抜いた飛信隊は、その経験を経て続く王弟謀反編で更なる進化を遂げていました。

本記事ではその中でも河了貂の成長をご紹介していきます!

飛信隊を率いる有能な軍師・河了貂は隊の進化と共に実力も成長中。

秦国随一の可憐な軍師である河了貂はひとりの女性としても成長中。

そんな成長ぶりや信との関係性の変化、成蟜の反乱における活躍など、河了貂に焦点をあてながら王弟謀反編についてまとめました

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編のあらすじ

キングダム/©原泰久

紀元前239年、秦北東の要衝・屯留に向け侵攻してきた趙軍に対し、王弟・成蟜が出陣しこれを撃破しました。

ところが成蟜はその後、呂不韋と通じる屯留城主代行・蒲鶮によって幽閉され、その名で反乱軍を興されてしまいます

これが咸陽に「屯留にて成蟜謀反」として伝わり、すぐさま壁率いる討伐軍が屯留へ送られることになりました。

その一方で、この反乱を不審に思い「場合によっては成蟜を救出せねばならない」と考えた嬴政の密命により、飛信隊も屯留へ向かうことに

かくして討伐軍の反乱鎮圧戦が行われる中、飛信隊は真実の究明と成蟜の救出に急ぐのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編は何巻?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編が描かれたのは34~35巻で、合従軍編が終了した直後の出来事になります

そのため各国が内政を整えるために奔走しており、中華は大きな戦もなく比較的落ち着いていました。

そんな中34巻では羌瘣の復帰、大将軍・蒙驁の死、嬴政の娘・麗の誕生があり、王弟謀反が起こります。

35巻は王弟謀反編に決着がつき、再び他国との戦=魏の著陽攻略戦へと続いていきます。

王弟謀反編は、大王派の勢力を弱体化させようとする呂不韋の仕掛けた秦軍vs秦軍の戦いです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】河了貂の女性としての成長とは?

キングダム/©原泰久

飛信隊は反乱軍と趙軍の共闘に苦戦する討伐軍の援軍として到着。

討伐軍の総大将として出陣していた壁は、蕞での戦い以来久々に再会した河了貂を見て「また大きくなったな!」と言いました。

壁が思わず見てしまったのは、河了貂の胸や足周り

河了貂の女性としての成長に目がいってしまったわけです

蕞防衛戦から約2年しか経っていませんでしたが、確かにこの年頃の成長は早そうですよね。

特に河了貂がまだ幼かった時にその目で直に女子だと知った壁からすれば、成長を誰よりも感じるのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】河了貂の軍師としての成長とは?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編の飛信隊は、元麃公兵の加入や羌瘣の復帰もあってこれまで以上にパワーアップ!

しかも信の四千人隊と羌瘣の千人隊で、五千人隊という大部隊になりました。

軍師・河了貂の動かす力もそれだけ大きくなったということです

そのため、羌瘣考案の「剛力」で歩兵が敵騎馬隊を止めたうえで乱戦特化兵「飛麃」が乱戦へ持ち込むなど、展開できる戦術の幅もより広がりました

新生・飛信隊は屯留手前での交戦・盟平野の戦いで、倍以上の兵力を有する趙軍を圧倒しています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】河了貂の成蟜救出の策とは?

キングダム/©原泰久

飛信隊の屯留の戦いは、真相が分からない中での成蟜の身柄を任された、判断力の問われる戦いとなりました。

そこで河了貂が取った策は、信と羌瘣を共に進ませることでした。

本来、隊長である信と副長である羌瘣を同じ場所で戦わせることは、隊として得策ではありません。

しかし本当に成蟜が嵌められているなら、敵は危うくなったら必ず成蟜の首を刎ね降服してくるはず。

そのために、任務の遂行には何より“早さ”が必要だと河了貂は考えたのです。

此度の飛信隊の目的は“隊の勝利”ではなく“成蟜の救出”。

河了貂が戦での優先順位を明確に捉えていることが分かりますね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】河了貂と信の関係性の変化とは?

キングダム/©原泰久

河了貂と信の関係性に変化はありません

ただし羌瘣の復帰により、女性としての河了貂の胸中は穏やかでなくなったかもしれません

何故なら羌瘣が復帰早々「信の子を産む」と宣言したからです。

そして信もまた「別に構わんよ」とまんざらでもない顔を見せたのですから。

羌瘣が子作りについて勘違いしていたこともありこの話は流れましたが、信への気持ちを恋愛感情だと捉えるなら、河了貂にとって最大のライバルが出てきたと言えます。

とはいえこの後の著雍編にて、河了貂が抱いているのは“女の幸せ”とはまた違った熱い欲であることが判明します。

羌瘣の復帰で少し動揺を見せたものの、河了貂と信の間には揺るがない信頼関係があるということです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編での活躍

キングダム/©原泰久

王弟謀反編での河了貂は、成蟜救出を急ぐため信と羌瘣を同時突入させました。

河了貂自身は捕らえた反乱軍兵士から情報収集

そして屯留城主代行の蒲鶮が首謀者であり、成蟜はやはり嵌められていたという真実を掴み、素早く「蒲鶮を捕らえよ」という伝令を出しました。

羌瘣の功により成蟜が捕らわれているであろう地下牢の居場所が判明すると、河了貂も信たちと共に牢を目指します。

その間に他隊に別の地下牢を探らせるなど、河了貂は成蟜救出の可能性を懸け的確に指示を出していったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編の結末

キングダム/©原泰久

屯留の反乱は首謀者・蒲鶮が成蟜に討たれ、反乱軍大将・龍羽が壁軍に討たれ鎮圧されました。

しかし飛信隊の奔走も虚しく、成蟜も蒲鶮との戦いの末に死亡してしまいます

ただし成蟜の死に際に立ち会うことができ、信は成蟜から「嬴政の剣にして盾であることを忘れるな」という遺言を受けることが出来ました。

そしてそのシーンには、信・嬴政と共に約6年前の成蟜の反乱を戦った河了貂も一緒に立ち会っています。

信と同じく、成蟜の変化とその意思を受け取ったわけですね。

そのため咸陽で嬴政派と成蟜派が固く団結し合うことになった一方で、飛信隊は嬴政が正式に王となることを信じ、その道を支えるべくさらに躍進していくのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

王弟謀反編での河了貂は飛信隊の進化と共に軍師としてパワーアップし、スピード勝負となった成蟜救出のため、持ち前の判断力で的確に指示を出し続けていました

一方で、壁も目を見張る女性としての成長ぶりや羌瘣復帰による動揺など、女の子としての姿も垣間見えます。

王弟謀反編は成蟜が主役の短いエピソードではありますが、河了貂はその中でも確実に成長中なのです。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒合従軍相手に河了貂の才能が開花!立派な軍師になった?河了貂の・・

⇒信の嫁は誰!?歴史上では〇が嫁であると…

⇒登場人物の中で実在するのは誰!?史実との違いは?気になる主要・・

⇒介億とは何者?河了貂や昌平君との関係性とは?・・

⇒李牧の側近といえばカイネ!剣士として仕える彼女の強さは?李牧・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA