【キングダム】王弟謀反編で瑠衣が流した涙とは?瑠衣と成蟜/嬴政の関係性の変化を徹底解説!!

スポンサーリンク

王弟謀反編で登場したのが成蟜の第一夫人・瑠衣です。

瑠衣はしっかり者で強く美しく、何より成蟜を深く愛している姿が魅力的な女性。

その存在は読者の成蟜に対する印象も大きく変えました。

瑠衣を通じて成蟜の新たな一面も見ることが出来ます。

そこで本記事では瑠衣に焦点を当てながら王弟謀反編を徹底解説

王弟謀反編の概要から瑠衣の成蟜や嬴政との関係性まで詳しくまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編のあらすじ

キングダム/©原泰久/集英社

紀元前239年、突如秦北東の要衝・屯留に向け侵攻した趙軍。

対し早急に屯留へ向かわせられる将軍がいなかった秦において、出陣の名乗りを上げたのはなんと王弟・成蟜でした。

そして成蟜は3万5千の兵を連れ屯留に向かうと、僅か半日で趙軍を撃退し屯留を解放。

ところがその後、咸陽に「成蟜が主犯格となり、屯留が反乱を起こした」との報せが届いたのです。

思わぬ事態に咸陽は急ぎ反乱軍討伐のため壁軍を屯留に送ることに。

しかし実際の屯留では成蟜は牢に捕らわれ、屯留城主代行の蒲鶮という男が成蟜の名を使って反乱軍を興していました

一方で反乱に疑問を抱いていた政によって飛信隊も屯留へ送られており、屯留では反乱軍討伐の戦いが行われる一方で、飛信隊による成蟜救出の戦いが行われるのでした

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編は何巻?

キングダム/©原泰久/集英社

王弟謀反編はコミックス34~35巻に収録されています

34巻は主に合従軍編から約1,2年の話が描かれています

この時期は各国が大戦の余波による内政の乱れや財政難にある時で、このたび屯留に侵攻してきた趙では、合従軍の発起人である李牧が左遷されている間に郭開という者が力を振るいだしていたところでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】瑠衣のプロフィール

キングダム/©原泰久/集英社

瑠衣は成蟜の第一夫人

初登場は第368話でした。

瑠衣は秦国屈指の美貌と、聡明かつ誰にでもハッキリとものを言う性格の持ち主です。

屯留一帯の統主の娘であり、「北東の姫」とも呼ばれ屯留では絶大な人気を誇ります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編で瑠衣は利用された?

キングダム/©原泰久/集英社

成蟜の出陣には、屯留に瑠衣がいたことも理由にありました。

趙の侵攻時、ちょうど瑠衣が曾祖母である太令の傘寿を祝うため10年ぶりに帰郷していたところだったのです。

そして趙の侵攻が分かっても、蒲鶮が“久々の帰郷”を理由に瑠衣を屯留に強く引き留めていたのです。

そして蒲鶮は瑠衣を幽閉し、瑠衣を人質にして成蟜に反乱を打診。

断られると成蟜も幽閉し、成蟜の名のもとに反乱軍を立ち上げたのでした。

しかも王弟であり屯留の姫・瑠衣の夫である成蟜の名の影響は大きく、屯留一帯の蜂起は成蟜の姿が見えずとも大きくなっていきました。

つまり瑠衣は成蟜を動かし、屯留一帯の民を動かすために利用されたと言えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編の黒幕とは?

キングダム/©原泰久/集英社

瑠衣が帰郷する際、その姿を意味深に見つめていた影がありました。

それは呂不韋

実は蒲鶮は呂不韋と通じており、反乱軍の蜂起も呂不韋が仕組んだ策略だったのです。

理由はもちろん権力簒奪のため

蕞での政の活躍により勢力を大王陣営に大きく奪われた呂不韋は、成蟜の名のもとに反乱を起こすことで王族への信用を失わせつつ、大王陣営を弱らせようとしたのです。

その段取りは1年前から行われており、蒲鶮は瑠衣の曾祖母や民の信頼を得て屯留城主代行の立場を確かなものとし、一帯の有力者も金をばらまき手なずけていました。

蒲鶮がスムーズに蜂起を促せたのも、すべては呂不韋の策だったということ。

成蟜出陣のきっかけとなった趙軍の侵攻も、実は呂不韋が趙の郭開と通じていたことで起きていました

 

スポンサーリンク

【キングダム】成蟜の最期とは?

キングダム/©原泰久/集英社

討伐軍による反乱軍鎮圧戦が行われている間に、成蟜は門番を味方につけ脱獄しました。

そして追っ手を自らの手で斬り伏せながら瑠衣を救出

しかし道中で深手を負ってしまい、逃げ続ける事は困難だと判断して、瑠衣を逃がし蒲鶮と対峙しました。

成蟜は護衛についていた朱韓と共に蒲鶮とその部下5名を撃破。

追っ手はいなくなったものの、しかし成蟜はこの戦いでさらに深手を負ってしまいます

そして瑠衣が助けを呼び戻ってくると、瑠衣の腕に抱かれながら息を引き取ったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】成蟜が瑠衣に遺した言葉とは?

キングダム/©原泰久/集英社

死の間際、成蟜は瑠衣に以下のような言葉を遺しました。

この後、俺の一派はお前がまとめあげろ。そして政の下に一本化しろ

成蟜は兄・政のために一派を瑠衣に託したのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編の結末

キングダム/©原泰久/集英社

王弟の謀反に見せかけた屯留の反乱は壁軍によって鎮圧されます

首謀者の蒲鶮と大将を務めた龍羽は死亡し、民は臨洮へ移住させられることとなりました。

しかしこの反乱に呂不韋が関係していると分かっていても、政は成蟜の死の罪を責め立てることも出来ませんでした。

まだまだ呂不韋との力の差は大きいからです。

討ち倒すにはやはり勢力争いに勝つこと。

そのために瑠衣は成蟜の遺言により成蟜一派を政の下にまとめ上げ、大王一派は呂不韋打倒に向け団結を固くしたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】瑠衣と成蟜の関係性の変化とは?

キングダム/©原泰久/集英社

瑠衣はいつ正式に夫人になったのかは分かりませんが、政が邯鄲から咸陽に来た頃から成蟜の傍にいます。

初対面は瑠衣が成蟜に「あまりいい顔ではありませんね」と言い、成蟜が涙目で「無礼者!」とひっぱたくなどあまり良いものではありませんでした。

しかし瑠衣は成蟜を深く愛するようになり、時には母のように面倒を見ながら成蟜に寄り添ってきました

帰郷の際に「他の女を可愛がるのも嫌です」と伝えるほど成蟜ラブです。

対し成蟜も瑠衣がしっかり者で頭が良く心も強い女性だということを理解し信頼しており、顔にこそ出さないものの、瑠衣の曾祖母に祝いの品を送るなど瑠衣を大事にしていました

瑠衣を王の后に出来なかったことを心苦しく思っている様子もあります。

何より、屯留では自分の命を賭してまで瑠衣を救出するために動いていました。

つまり最初の出会いはともかく2人は相思相愛だったわけですね。

しかしその最初の出会いも成蟜にとっては大きかったようで、死の間際には「あの時からずっとお前に惚れている」と打ち明けたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】瑠衣と嬴政の関係性の変化とは?

キングダム/©原泰久/集英社

王位に就いた政は成蟜の敵でした。

なので瑠衣も政を敵視し、昔は「成蟜様の敵」といって石を投げつけていたそう。

瑠衣は成蟜の性格が歪んでいた頃から成蟜を愛していたということですね。

成蟜を理解しているからこそその人間性が変化してきた頃には、成蟜を疑う政陣営に「もう玉座だけに執着していた方とは違います」とモノ申した瑠衣。

瑠衣は国を富まそうと模索する成蟜の志を尊重し、政に「どうかご兄弟力を合わせて実権を王族の手に、そして我らが国の繁栄を末永く」と伝えたのでした。

そして屯留の反乱後からさらに関係性が変化します。

瑠衣は成蟜の遺志通り成蟜一派を政の下にまとめ、政陣営の大きな力に

政も瑠衣を信頼し、後の加冠の儀の日には呂不韋との対談にも立ち会わせることになります。

敵から味方へ、成蟜を通じて変化したということですね

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久/集英社

瑠衣はしっかり者で誰に対しても素直な性格で、何より成蟜を幼い頃から一途に愛し支え続けてきた魅力的な女性です。

成蟜死亡の際に成蟜を抱きしめ声をあげて涙を流す姿から、すぐさま成蟜の遺志を継いで政の支えとなる気丈な姿まで、本当に愛が深く心の強いかっこいい人物なんです。

成蟜に代わり政の大きな力となっていますので、是非王弟謀反編での瑠衣、そしてこれからの瑠衣の活躍に注目してください!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒王弟謀反編の黒幕は呂不韋?呂不韋はどこまで計算していた?・・

⇒成蟜は意外に強かった?王弟謀反編で描かれた成蟜の強さや活・・

⇒王弟謀反編で羌瘣が飛信隊に復帰? 羌瘣が離脱していたその理・・

⇒王弟謀反編で嬴政と成蟜の絆が深まった?二人の間に生まれたも・・

⇒信の嫁は誰!?歴史上では〇が嫁であると…

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA