スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編で飛信隊はさらに進化した?飛信隊の強さや新戦術とは!?

スポンサーリンク

合従軍編の後に描かれたのが、成蟜の反乱による秦国の内乱が巻き起こった王弟謀反編です。

飛信隊はこの戦いにおいて嬴政直々に特命を受け動くことになりました。

しかも飛信隊はこの王弟謀反編でさらなる進化を遂げていました。

本記事ではそんな飛信隊の進化=新たな強さや新戦術について触れながら、王弟謀反編の内容と飛信隊の動きを詳しくご紹介していきます

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編のあらすじ

キングダム/©原泰久

紀元前239年、突如趙軍が秦国への不可解な進軍を開始。

行く先は王弟・成蟜の第一夫人・瑠衣が帰郷中でもある秦北東の要衝・屯留でした。

これに対し咸陽では早急に向かわせられる将軍がいないこともあり、なんと成蟜自身が出陣し、見事半日で趙軍を撃破

しかしその後、咸陽に「屯留にて成蟜が謀反を起こした」との報せが入ってきたのです

咸陽は急ぎ、壁率いる討伐軍を屯留へ向かわせることに。

そして同時に、嬴政から密命を受けた飛信隊も屯留へ向かうのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編は何巻?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編が収録されているのはコミックス34~35巻

この時期は合従軍編の直後であり、飛信隊は合従軍の侵攻によって荒れた前線地帯の復旧作業と防衛を行っていました。

一方で中央の咸陽では、蕞で自ら戦場に立ち国を救ってみせた嬴政とその活躍を傍観することしかできなかった呂不韋…両陣営の権力争いの勢力図が大きく変化していたところでした。

王弟謀反編はそうした勢力争いのために呂不韋によって蒔かれたひとつの種。

実は成蟜の反乱は、大王派の最大勢力であった成蟜の名で反乱を起こすことによって、大王派の兵力を削りつつ王族への信用を失わせようとする、呂不韋の狡猾かつ大胆な策略でした

成蟜は反乱のために名が利用されただけであり、実際は呂不韋と通じる屯留代官・蒲鶮によって幽閉されていたのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編での飛信隊の目的とは?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編での飛信隊の目的は、真実を解明しつつ成蟜を救出すること

嬴政が「成蟜謀反」の流れは不自然であり、もしかしたら成蟜は嵌められているのかもしれないと気づいたからです。

真実を明らかにするために成蟜は生け捕りにしなければならない、そして場合によっては成蟜を救出しなければならない。

そのために嬴政は討伐軍に反乱軍鎮圧を任せる裏で、最も信頼する飛信隊も屯留に向かわせることにしたわけです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊に羌瘣が復帰?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編では飛信隊にとって大きな出来事がありました。

それは仇討ちの旅に出ていた羌瘣が飛信隊に復帰したことです。

羌瘣は姉・羌象を殺した幽連への復讐にケリをつけるため、山陽攻略戦後に飛信隊を離脱していましたが、復讐を終え飛信隊の元へ戻り、ようやく皆と一緒に前へ進めることになりました。

復帰した羌瘣は「羌象の分も精一杯生きる」という誓いにより「大将軍を目指す」という目標を立てており、現場指揮官としての存在感を確立させながら武功を上げていきました

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊の新戦術とは?

キングダム/©原泰久

羌瘣が復帰したことによって、飛信隊には「剛力」という新戦術が生まれました

「剛力」は羌瘣理論によって考案された、瞬時に歩兵10人(伍2組)が固まり、敵方向に下から盾を重ね合わせることで騎馬隊の突進に耐えるという対騎馬戦法

強靭な肉体と精神を必要とする荒業であり、秦軍屈指の泥臭い強さを誇る飛信隊歩兵団だからこそ成せる唯一無二の戦術です。

歩兵が「剛力」で敵騎馬隊の勢いを殺し、そのまま乱戦特化兵「飛麃」が乱戦へ持ち込みます。

知将・羌瘣の復帰と最強部隊・元麃公兵の加入という王弟謀反編からの新たな変化、その強みがさっそく活かされた形ですね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊の成長とは?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編での飛信隊の成長のポイントは、大きく分けて4つあります

 

元麃公兵の加入

合従軍との戦いを終え、麃公を失った麃公兵の一部が飛信隊へ加入しました。

経験豊富な屈強部隊の加入により戦闘力が底上げされ、最前線での突破力が飛躍的に上がりました

 

羌瘣の復帰と変化

先述した通り羌瘣の復帰により飛信隊には「剛力」という新戦術が出来ました。

また、これまで陰で支える様な存在であった羌瘣が、大将軍を目標としたことにより前線で中心となって動くようになります。

現場で鋭い指揮が取れる羌瘣によって、飛信隊は戦場でより柔軟な戦いが出来るようになりました

 

信が矛を持つ

信が王騎から受け継いだ矛を使う準備に入り、矛を振るうようになりました。

自ら先陣にて矛を振るい軍の士気を高める…そんな大将軍になるための信の気迫がまた一段と高まっています

 

兵力の増加

合従軍での功労により三千人将となった信は、王弟謀反編の頃には四千人将に。

さらに復帰した羌瘣があっという間に千人将に。

つまり王弟謀反編での飛信隊はすでに五千人隊という大部隊になっています

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊の強さとは?

キングダム/©原泰久

王弟謀反編では上述の成長により飛信隊は一段と強くなりました。

元麃公兵の加入・羌瘣の復帰・信の成長によって攻撃力が、「剛力」によって防御力が上がっていますね。

そのため「剛力」からの乱戦など、歩兵・騎兵の強みと役割をより明確に活かせるようになったと言えます。

羌瘣の現場指揮で、戦場でより柔軟に対応できるようにもなりました

これらの変化と兵数の増加により、軍師・河了貂の戦術の幅もさらに広がったでしょう

さらに信と羌瘣が共に大将軍を目指すライバルとなった影響で、隊の士気も一層上がっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編での活躍

キングダム/©原泰久

王弟謀反編で飛信隊は、屯留手前の盟平野で反乱軍と趙軍に挟撃されかけていた討伐軍を救う形で参戦しました。

飛信隊は倍以上の趙軍をものともせず打ち破り、あっという間に趙軍を退却させるに至らしめます

それにより反乱軍も退却せざるを得ず、討伐軍と反乱軍の戦いは屯留攻城戦へともつれ込みました

屯留攻城戦では、飛信隊は嬴政の密命通り成蟜救出に尽力。

蒲鶮が首謀者という真実を掴んだことにより、蒲鶮が成蟜の首を刎ねる前に成蟜を救出あるいは蒲鶮を捕縛しなければならないというスピード勝負となりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊は成蟜を救出できた?

キングダム/©原泰久

羌瘣によって地下牢の位置を掴むことが出来た飛信隊。

その道中の大広場で瑠衣と接触することが出来ました。

しかし瑠衣と共に成蟜のいる曲廊へ入ると、成蟜は蒲鶮ら追っ手との交戦によりすでに瀕死の状態。

そして成蟜は瑠衣と信に嬴政を託し、そのまま息を引き取ってしまいました

飛信隊は成蟜を救出することは出来なかったのです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】王弟謀反編の結末

キングダム/©原泰久

屯留の反乱は首謀者・蒲鶮と反乱軍大将・龍羽、そして成蟜の死亡という結末で幕を閉じました

反乱は鎮圧し成蟜の汚名は晴れたものの、しかし成蟜を救出できなかったため飛信隊の任務は失敗に終わったと言えます。

そのため信は隊を先に前線に戻らせ、自身は嬴政に謝罪しに行くことにしました。

するとそこには、成蟜の遺言を受けた瑠衣により嬴政の元に集った成蟜一派の姿が。

王弟謀反編は成蟜死亡という悲しい結末となりましたが、信・嬴政・瑠衣というそれぞれに成蟜の想いを受け取った3人を中心に、打倒呂不韋への大王派の団結が強固になるという前向きな結末にもなったのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

王弟謀反編での飛信隊は、嬴政の密命により屯留へ向かい、成蟜救出に奔走しました。

ここでの飛信隊は羌瘣の復帰を始め、隊が一層進化した様子が描かれています。

任務は失敗に終わりましたが、進化を活かし、新戦術を用いながら趙軍を圧倒する飛信隊はこれまで以上に心強く見えます

その心強さはこの後の著陽攻略戦でも発揮されていくので、是非王弟謀反編で遂げた飛信隊の進化に注目してください!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒主人公・信の配下、飛信隊についてまとめ!メンバーは?史実との・・

⇒那貴(なき)の強さは未知数!?桓騎軍から飛信隊へ移籍した理由は・・

⇒王弟謀反編で羌瘣が飛信隊に復帰? 羌瘣が離脱していたその理・・

⇒楚水(そすい)がいないと飛信隊は弱い!?武力と知力を合わせ持つ・・

⇒面倒見のいい松左は槍の達人!いつから飛信隊に所属している?最・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA