スポンサーリンク

【キングダム】著雍編で呉鳳明が考えた策とは?呉鳳明と魏火龍七師との関係性も徹底解説!!

スポンサーリンク

魏・著雍を巡る秦と魏の著雍攻防戦。

魏軍の指揮を執っていたのは、2年前の合従軍でその名を中華に知らしめた呉鳳明でした。

呉鳳明は難攻不落の陣を敷いた上に、魏国が誇る大将軍・魏火龍七師を布陣して秦軍を待ち受けていました。

それでは一体どのように秦軍を迎えうったのか、本記事では著雍編における呉鳳明の動きを徹底解説していきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編のあらすじ

キングダム/©原泰久

秦は魏・著雍の奪取を目指し、騰を大将として一帯に侵攻を開始。

合従軍を機に国境が李牧と春申君によって書き変えられ、秦の中華進出の道が著雍で塞がれようとしていたからです。

しかし魏も固く著雍を守り、ついには第一将の呉鳳明を大将として派遣。

そこで騰は玉鳳隊と飛信隊を援軍として召喚し、王賁発案の三軍同日同時刻進軍作戦で攻略を開始しました。

ところが魏軍に謎の援軍が出現。

それは死んだとされていた魏火龍七師だったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編は何巻?

キングダム/©原泰久

著雍編が収録されているのは35~37巻

35巻で成蟜の反乱(王弟謀反編)が決着した直後から始まり、37巻で国の乱(嬴政加冠編)へと続いていきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】呉鳳明の策とは?

キングダム/©原泰久

著雍の戦いで秦軍を苦しめた呉鳳明の策が、布陣と魏火龍七師です。

 

布陣

呉鳳明は著雍に広がる山や川などの地形に合わせて軍を置き、各軍が互いにカバーしつつ本陣からも即座に全方位に対して援軍を送れるよう緻密に陣を敷いていました

それは騰や隆国すら頭を抱えるほど隙の無い布陣でした。

しかし王賁が三か所の僅かな弱点を見出し、秦軍はその各所に録鳴未軍・玉鳳隊・飛信隊を主攻としてあて、三軍が同日同時刻に魏軍本陣に突入するという策で攻略に挑むことになりました。

 

魏火龍七師

呉鳳明は著雍の援軍として魏火龍七師の霊凰・凱孟・紫伯を呼び寄せていました

各軍二万の合計六万。

それだけでも大きな増援ですが、霊凰・凱孟・紫伯それぞれが魏国最強の力を持つ武将たちでした。

そして霊凰軍が騰軍、凱孟軍が飛信隊、紫伯軍が玉鳳隊の前に立ちはだかり行く手を阻んだのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】呉鳳明と魏火龍七師の関係性とは?

キングダム/©原泰久

著雍に参戦してきた霊凰・凱孟・紫伯の3人は、実はこれまで14年間投獄されていました。

それを解放したのが呉鳳明

呉鳳明は景涽王(けいびんおう)を説得して彼らを解放し、著雍の戦力として呼び寄せたのです。

そして呉鳳明は彼ら3人を「かつて父・呉慶と共に中華を荒らした豪傑たち」と言い迎え入れました。

呉鳳明の父・呉慶とは、蛇甘平原の戦いで魏軍総大将を務めていた人物ですね。

つまり呉鳳明と魏火龍七師は一世代の差があるということ。

その中でも霊凰は呉鳳明の師匠にあたる人物でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】魏火龍七師とは?

キングダム/©原泰久

霊凰・凱孟・紫伯が冠する「魏火龍七師」とは、一世代前=先代魏王・安釐王(あんりおう)の時代に活躍した7人の大将軍の称号です。

秦では「六大将軍」、趙では「三大天」が武の象徴として駆けていた時代であり、魏火龍七師もまた彼らと同等の力を持ち、共に覇を競っていました。

魏火龍七師とされていたのは霊凰・凱孟・紫伯と呉鳳明の父・呉慶、それに太呂慈(たいろじ)、馬統(ばとう)、晶仙(しょうせん)という者たちを加えた7人

しかし太呂慈が紫伯の最愛の義妹を殺してしまったことから起きた同士討ちにより太呂慈・馬統・晶仙は死亡、紫伯・霊凰・凱孟は投獄され、表舞台からすっかり姿を消していました。

その生き残っていた紫伯・霊凰・凱孟を呉鳳明が解放したわけです

表向きには病死などとされていたため、魏兵ですらその復帰には驚愕しました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編の結末

キングダム/©原泰久

著雍で戦線復帰した霊凰は魏随一の軍師と言われ、凱孟は100を超える武将を討った剛将で、紫伯は魏国史最強の槍使いと、いずれも魏火龍七師たる実力の持ち主。

霊凰は騰軍、凱孟は飛信隊、紫伯は玉鳳隊の前に立ちはだかりました。

彼らは大いに秦軍を苦しめるも、しかし紫伯が王賁に討たれ、凱孟は飛信隊の策により羌瘣隊に戦線を突破されてしまい、魏軍は玉鳳隊・飛信隊の本陣突入を許してしまいます。

もちろん録鳴未軍も突入し、秦軍の同日同時刻進軍は成功

呉鳳明は騰軍が主攻だと捉えていたため、秦軍の作戦にギリギリまで気づけなかったのです。

なにより五千人隊かつ若き将が率いる飛信隊と玉鳳隊が、紫伯と凱孟を抜いてきたことが最大の誤算でした。

そして録鳴未軍・玉鳳隊が潰れ役となっている間に羌瘣が呉鳳明を討ち取り、魏軍本陣は陥落してしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編で呉鳳明は死亡した?

キングダム/©原泰久

ところが討たれたのは影武者であり、本物の呉鳳明は一足先に本陣から脱出していました

しかも呉鳳明は逃亡したわけではなく、逆転勝利のために馬を走らせていました。

呉鳳明が考えたのは騰軍を狙うこと。

秦軍の戦力が魏本陣に集中しているなら騰軍の守備は薄くなっているはずであり、騰を討てば一転して魏軍の勝利に傾くからです。

同じ考えに至っていた霊凰と合流した呉鳳明は、霊凰軍を中心に騰軍に全軍攻撃をかけることにしました。

しかしそこに信が現れ、霊凰が討たれてしまいます。

霊凰が討たれたことで呉鳳明は立て直しを断念し、やむを得ず全軍撤退を決断

つまり呉鳳明は著雍の戦いで敗北したものの死亡はしませんでした

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊凰を殺したのは呉鳳明?

キングダム/©原泰久

呉鳳明が著雍編で死亡しなかったのは、霊凰を犠牲にして狡猾に生き延びたからです。

霊凰を討った信ですが、元々は大将である呉鳳明を狙って襲撃していました。

しかし信は呉鳳明の顔が分からず一瞬迷ってしまいます。

するとその迷いを察した呉鳳明は、なんと霊凰に対して「鳳明様お逃げを!」と叫んだのです。

それにより信は霊凰を呉鳳明と認識し、霊凰を一刀両断したのでした。

つまり霊凰の死因は言ってしまえば呉鳳明の裏切りなのです。

しかし彼は「魏国のため」と言い悪びれてはいませんでした。

これからの戦国で魏が生き残るためには、霊凰ではなく自分の力が必要だという自負があるからです。

師の命を踏み台に生き延びた呉鳳明。

この非情なまでの狡猾さと意志が今後の魏国の大きな支えに、秦の大きな脅威になっていくでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

著雍編での呉鳳明は魏軍大将となり、緻密な布陣と魏火龍七師の召喚で秦軍の侵攻を阻みました。

しかし秦の策を見破れなかったこと、玉鳳隊・飛信隊という若い力を見誤ったことにより敗北。

霊凰・紫伯という2人の大将軍と、著雍という要所を失った大きな敗北です。

著雍を奪われたことにより、魏国は秦による滅亡の危機が間近に迫ってきました。

この危機に呉鳳明はどう立ち向かっていくのか、著雍で見せた師匠を犠牲にしてまで生き延びた強き意志に注目してさらなる活躍を期待しましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA