スポンサーリンク

【キングダム】著雍編で登場した霊鳳って何者?霊鳳の性別や呉鳳明との関係性について徹底解説!!

スポンサーリンク

本記事では著雍編で登場した霊凰というキャラクターについて解説!

著雍編では「魏火龍七師」という強敵が登場し、著雍奪取を目指す秦軍の侵攻を阻みました。

霊凰はその魏火龍七師のひとりで、強さはもちろん中性的な見た目や呉鳳明との関係など注目ポイントがいっぱいなんです。

それでは霊凰とは何者なのか、名を連ねる「魏火龍七師」とは何なのか、強さや性別、著雍での活躍や衝撃の最期まで徹底的にご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編のあらすじ

キングダム/©原泰久

秦は騰を大将として魏の著雍一帯へ侵攻を開始。

秦は中華進出のために何としても今、著雍を取っておかねばなりませんでした。

しかし対する魏も著雍を取られてはなるまいと、魏国第一将の呉鳳明を大将として著雍を堅く守備。

そこで騰軍は玉鳳隊・飛信隊を援軍に呼び寄せ、王賁発案の録鳴未軍・玉鳳隊・飛信隊を主攻とした三軍同日同時刻進軍という策で著雍攻略に挑むことにします

ところが玉鳳隊・飛信隊、さらには騰軍の前に魏の強力な援軍が出現。

それは死んだと噂されていた魏国の英雄・魏火龍七師でした!

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編は何巻?

キングダム/©原泰久

著雍編は秦の著雍攻略戦が描かれるエピソードで、コミックス35~37巻で読むことが出来ます

35巻第379話から始まり、霊凰の登場もこの回からとなっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳のプロフィール

キングダム/©原泰久

霊凰(れいおう)は魏国の大将軍で「魏火龍七師」のひとり。

魏国随一の軍師と言われる軍略家で、呉鳳明の師匠でもあります

王騎や廉頗らと同世代の人物であり、自らを「古い人間だ」と言っています。

同じ魏火龍七師の凱孟・紫伯と14年間幽閉されていましたが、呉鳳明により解放され著雍で共に戦線復帰を果たしました

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳の特徴

キングダム/©原泰久

霊凰は後光のような髪飾りをつけた細身の人物。

ストレートの髪を一つに束ね、ゴテゴテした甲冑も身につけていないので、戦場では珍しいほどスッキリとした印象です。

しかも王騎や廉頗らと同じ時代を駆けていた世代であるはずなのに、とても若々しい見た目をしています

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳の性別とは?

キングダム/©原泰久

霊凰のさらりとした見た目は「中性的」でもあります

髪型、顔、体格、服装、どれをとっても男性か女性か判断しづらい絶妙なビジュアル。

飄々とした男性にも見えますし、凛とした女性にも見える不思議なキャラクターです。

しかも一人称が「私」なのが余計にややこしい…。

それでは一体どちらなのか結論を言うと、作中では明記されていないんです

なので自分の思うままに捉えて大丈夫そうですが、アニメでどんな声が充てられるかでまた印象が変わるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳の性格とは?

キングダム/©原泰久

霊凰は淡々とした性格で捉えどころがなく、あまり熱意を表に出すようなタイプではありません

しかし戦に対する視点は具体的かつ好戦的で、「戦争は土地の奪り合いではなく武将の殺り合い」と考えています。

そして本陣を落とされる非常事態でも落ち着いて敵の策の欠陥を見破り形勢逆転を狙うなど、戦場においても常に冷静な人物です。

また、自分の考えを語る前に弟子の呉鳳明に「どう見る?」と問いかけ考えさせており、指導者として優秀な面も窺えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳の強さとは?

キングダム/©原泰久

魏国随一の軍師かつ呉鳳明の師匠である霊凰の強さは、やはり優れた知略

冷酷無慈悲な軍略には、同じく知略に長けた呉慶も恐れたといいます。

そんな霊凰の主な戦い方は、狂戦士・乱美迫を敵陣に突入させ、混乱したところを一気に討つというもの。

乱美迫の突撃は強烈…しかし乱美迫を相手にしていると霊凰の策にハマる…という、大胆な切り込みから敵を追い詰めていく武にも知にも優れた戦術です。

復帰戦となった著雍でもキレは健在で、霊凰の戦い方を知っている騰は一時退却せざるを得ませんでした。

しかし『キングダム公式ガイドブック』によれば霊凰の武力は38と、かなり低い数値

河了貂でも63あるので、霊凰の武力がいかに低いかが窺えます。

知も武も備えていた呉慶と違い、霊凰は著雍編を見ても矛や剣などを携えている様子はないので、本当に知力と統率力だけで軍を率いており、その腕に自信を持っているのでしょう。

霊凰は知略のスペシャリストという感じがしますね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】魏火龍七師とは?

キングダム/©原泰久

霊凰は「魏火龍七師」のひとり。

魏火龍七師とは先代・安釐王の時代に矛戟をふるった7人の大将軍のことで、霊凰・凱孟・紫伯・太呂慈・馬統・晶仙・呉慶を指します

安釐王の時代とは、秦では王騎ら六大将軍が趙では廉頗ら三大天が力をふるっていた頃であり、魏火龍七師も彼らと同等の力をもって魏国の威を示していました。

しかし紫伯と太呂慈の諍いから「紫伯・霊凰・凱孟・紫伯」「太呂慈・馬統・晶仙」という二派に別れて同士討ちを起こし、「太呂慈・馬統・晶仙」は死亡、「紫伯・霊凰・凱孟・紫伯」は投獄となり、魏火龍七師は表舞台から姿を消しました

そのため信たち若い世代には名が広まっていませんでしたが、六大将軍・三大天と渡り合っていた実力は本物であり、14年ぶりの復帰戦となった著雍でも圧倒的な強さを見せました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳と呉鳳明の関係性とは?

キングダム/©原泰久

霊凰は呉鳳明の師匠であり、呉鳳明には「先生」と呼ばれています

函谷関を落としかけたほどの呉鳳明の軍才は、魏軍屈指の知将である父・呉慶譲りの才能に加え、魏軍随一の軍師である霊凰の育成があったわけですね。

そんな呉鳳明を霊凰は「私の最強の教え子」であり「才覚は私以上」だと語っています。

その言葉に呉鳳明は謙遜しますが、しかし実際には呉鳳明は「霊凰の力は14年前で止まっている」と捉えており、「霊凰の実力にあと1年で並び、次の1年で大きく引き離す」と考えていました

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳と乱美迫の関係性とは?

キングダム/©原泰久

霊凰の最強の駒が将軍・乱美迫です。

乱美迫は狂戦士と呼ばれる魏国屈指の猛将であり、王騎や摎も手こずった強者。

乱美迫には言葉を話す描写がないので、霊凰とはどのような関係であり、どのような経緯で霊凰傘下となっていたのかは分かりません

しかし敵を揺さぶる突撃であったり、敵を探るための突撃であったりと、乱美迫は霊凰の策における最も重要な戦力となっています

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編での活躍

キングダム/©原泰久

著雍編で霊凰は騰軍と交戦。

前時代から相まみえていることもあって騰を最も警戒しており、「著雍を守りに来たのではなく騰を殺しに来た」という意思があったからです。

霊凰は乱美迫を活かしながら、14年の空白も感じさせない戦術のキレで騰軍を翻弄。

一時退却させるなど騰軍の進軍を抑え込みました。

霊凰軍と騰軍の戦いはあまり描写されていませんが、霊凰曰く「騰の首まで8分目のところ」まで攻め込んでいたようです

しかし騰を追い詰める前に秦軍の三軍同日同時刻進軍が成功し、魏軍本陣が陥落してしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編で霊鳳は死亡した?

キングダム/©原泰久

本陣が落ちても霊凰は冷静でした。

本陣を抜けてきた呉鳳明と合流した霊凰は、秦軍の策の弱点を見逃さず、逆転勝利への策を指示。

守備が薄くなっているはずの騰を一気に討つという作戦を示しました。

しかしその時、総大将・呉鳳明を狙って駆けつけた信が襲来!

すると呉鳳明が霊凰に向かって「鳳明様お逃げを!」と叫びました。

どちらが呉鳳明か迷っている信に、霊凰が呉鳳明だと誤認させたのです。

そして信は霊凰を両断。

つまり霊凰は呉鳳明に裏切られ、人違いによって死亡してしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】霊鳳は実在した?

キングダム/©原泰久

史実をモデルに描かれている『キングダム』ですが、霊凰の名前は見つけられないので実在していないオリジナルキャラクターのようですね。

「魏火龍七師」やそのメンバーも実在はしていないようです

しかし六大将軍・三大天と同時代の武の象徴としての存在感と、それを越えていかねばならない信たちの戦いは、物語に大きな進展をもたらしました。

史実と照らし合わせられない分、著雍での活躍は必見です。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

霊凰は男女どちらにもとれる不思議なキャラクター。

魏火龍七師のひとりで、魏国随一の軍師とされる知将で、そして呉鳳明の師匠というとても興味深い人物でしたが、弟子の呉鳳明に裏切られ死亡というまさかの最期を迎えてしまいました。

しかし著雍は紫伯と王賁、凱孟と信という新旧の戦いが描かれているエピソードですので、霊凰と呉鳳明も世代交代のひとつとして面白い結末だったと感じます

霊凰は著雍編しか見られませんので是非注目してください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA