【キングダム】趙三大天が強い!新旧のメンバーを大紹介!!

スポンサーリンク

秦の六将と同じく物語に華を添えているのが趙の三大天です。

趙三大天は秦六将と同等の実力を誇り、ともに戦国の一時代を築いた英傑たち

さらに新たな世代の三大天も生まれています。

そこでこの記事では新旧の三大天メンバーや新三大天最後のひとりについてなど、『キングダム』における趙三大天についてその存在や作中での活躍をわかりやすく紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙三大天とは?

趙三大天とは趙国が誇る3人の大将軍のこと

昭王の時代、秦には「六大将軍」として中華全土に名を轟かせていた6人の大将軍たちがいました。

その六大将軍と鎬を削り、戦乱の世に大きな一時代を築いたのが趙の三大天です。

三大天は趙国の武力の象徴と言える存在であり、華々しい戦歴とともに国内外の人々の記憶に名を刻んだ、趙国にとっての英雄で他国にとっての脅威です。

ただし現在その三大天はすでに存在していません。(後に解説)

そのため趙国の軍事は大きな転換期を迎えていましたが、このたび新たな三大天が任命され再び秦国の最大の脅威として立ちはだかることになりました。

秦と趙が最大のライバルである以上、六大将軍と三大天は切っても切れない関係であり『キングダム』の大きな見どころのひとつとなっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙三大天の強さとは?

趙三大天は趙国最強の武将たち。

「秦の六大将軍」と互角に渡り合い、ともに中華全土に名が知れ渡っていたほどの傑物たちであったことから、その強さは六将と並び中華最強だったと言えます。

個々の能力の違いはあれどいずれも武・知に優れた大将軍の器で、戦国七雄でも最大の強国であった秦の侵攻を堅く防いでいました。

新三大天も同様の強さを持ち、特にその筆頭であり圧倒的な知を備える李牧は、秦が主役である『キングダム』においてラスボスとも言える強敵です。

また、三大天の軍には「大天旗」という旗が掲げられるのですが、それにより軍全体の士気が跳ね上がるというのも「三大天」の名の強みです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙三大天は実在した?

三大天とは趙国の将軍の最高位。

しかし史実の上では「三大天」という地位は確認できません

つまり「三大天」とは『キングダム』オリジナルの称号なのです。

ただし三大天のメンバーは全員実在した人物。

「三大天」という称号こそないものの、実際にもやはり突出した力を持っていた将たちだったようで、この3人がいる間は大国・秦も迂闊に趙に手が出せなかったと言います。

 

スポンサーリンク

【キングダム】旧三大天とは?

旧三大天とは「秦の六将」「魏の火龍」と戦いを繰り広げ天地を震わせていた3人の英傑。

その3人とは廉頗、藺相如、趙奢です。

作中では藺相如と趙奢が亡くなっており、廉頗が他国へ亡命したことで旧三大天はすでに潰えていました。

 

スポンサーリンク

廉頗(れんぱ)

旧三大天筆頭であり、圧倒的な武力と知略で数々の武功を立ててきた百戦錬磨の名将

李牧からも「正面から当たれば勝てる人間は一人もいない」と評されています。

まさに趙の英雄・守護神と言える存在でしたが、素行の悪い悼襄王をよく思っておらず太子の頃から彼の行動を諫めていたため、悼襄王の即位と同時に更迭処分を言い渡され、それを拒否したことで逆賊として趙軍と戦うことになり、返り討ちにした上でそのまま魏へと亡命しました。

「戦が廉頗の全てだ」と豪語するほど国よりも戦への思いを重んじている戦人で、側近には実力・忠誠心ともに高い強力な4人の将軍「廉頗四天王」を抱えています

秦の六将を「最大の敵でありながら友」とし、彼らと戦っていた時代を「完璧な時代」として尊んでいました。

史実でも活躍が多く語られている武将です。

 

スポンサーリンク

藺相如(りんしょうじょ)

知勇を兼ね備えた大戦略家でしたが、実力絶頂の時に突然病に伏しそのまま絶命したため「幻の三大天」とも言われています

武は持ち合わせていなかったようですが、その分「藺家十傑」と呼ばれる強靭な十将を抱えていました

廉頗とは「刎頸の交わり」を交わした親友と言える間柄。

実際には将軍ではなく宰相だったようですが、史実でも活躍が多く語られており、「完璧」の故事を残したことでも有名です。

 

スポンサーリンク

趙奢(ちょうしゃ)

趙奢は『キングダム』ではすでに故人として名が登場しているくらいで、その活躍の様子は殆ど描かれていません

ただし史実では政治力・軍事力に秀でた名将として多くの活躍が語られており、その多才さからファンの間では「三大天最強なのでは」とも言われています

中でも趙奢の名が広まることになったのが「閼与の戦い」で、廉頗ですら不可能とした閼与を攻略し胡傷を撃破したのでした。

ちなみに胡傷は『キングダム』では頭脳だけで六将に上り詰めた「軍略の天才」と言われ、昌平君の軍略の師ともされているので、照らし合わせると趙奢の知がいかに優れていたかを感じますよね。

また、三国志で有名な馬騰・馬超の先祖であることも有名です。

 

スポンサーリンク

【キングダム】旧三大天のメンバーはどうなった?

スポンサーリンク

廉頗(れんぱ)の作中での活躍

藺相如・趙奢の2人はすでに故人であるため作中では登場しませんが、最後のひとり・廉頗は秦の強敵として対峙することになります

魏に亡命した廉頗はその後3年間沈黙を保っていましたが、王騎に唆されたことにより、秦が魏国の要所・山陽奪取を目的として侵攻した「山陽の戦い」において魏軍の大将軍として蒙驁軍の前に立ちはだかりました。

最終的に蒙驁との一騎打ちに持ち込むなど秦を追い詰めますが、桓騎に総大将を討たれた上で戦況を「詰み」だと感じ、和睦を申し入れて戦を終えます。

その際、信に大将軍の条件を語り、それを追い抜くには「伝説の塗り替え=中華の統一」という大業を成してみせよと助言していきました。

その後廉頗は山陽の敗北の責任として魏を追放され、楚へと亡命することに。

楚ではまだ大きな動きを見せていませんが、春申君が暗殺された後に李園を媧燐に面会させるなど、楚国の新たな動きに一役買っていました

 

スポンサーリンク

藺相如(りんしょうじょ)の作中での活躍

藺相如はすでに故人ですが、「藺家十傑」である尭雲と趙峩龍が朱海平原で秦の前に立ちはだかり、2人の回想の中でその姿が描かれました

藺相如は今わの際に、尭雲と趙峩龍がいずれ朱海平原で戦うことになるという予言めいた発言をし、その中で「朱き平原を敵の血で深き朱に染めてやれ」ということと、その敵を止めることができなかった時は相手に「中華を一つにする刃たらんと戦うのならば、何があろうと必ず振り上げた刃は必ず最後まで振り下ろせ」と伝えるよう遺言を残していました。

ちなみに趙峩龍は信に討たれ死亡し、尭雲は王賁に討たれた上で王賁と信に藺相如の遺言を伝え死亡しました。

 

スポンサーリンク

趙奢(ちょうしゃ)の作中での活躍

趙奢に関してはその息子・趙括の姿が少しだけ描かれています

描かれたのは六将・白起が趙兵40万を生き埋めにしたことで秦と趙に根深い因縁が刻まれた「長平の戦い」。

この戦いの途中で趙奢の息子・趙括は趙王の愚断によって廉頗に変わる総大将となっており、血気盛んに挑んだ結果あっけなく王騎に討たれてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】新三大天とは?

新三大天とは、旧三大天の次の時代に任命された趙の最強武将。

李牧と龐煖が名を連ねており、残り一席は今のところ決まっていません

 

スポンサーリンク

李牧(りぼく)

知略と武勇を併せ持った英傑であり、現在の秦にとっての最大の宿敵と言える存在です。

王騎を討つきっかけを作った「馬陽の戦い」、六国をまとめて合従軍とし秦を滅亡寸前まで追い詰めた「函谷関の戦い」、秦の鄴攻略を阻むための「朱海平原の戦い」など、秦の中華統一の道には必ず李牧が立ちはだかります。

他にもさらりと匈奴を討伐していたり、燕の大将軍・劇辛に圧勝したりと、秀でた行軍能力によって中華に名を轟かせています。

しかしそんな中、朱海平原での敗北の責任として牢に囚われ、宰相位を剝奪されて処刑を言い渡されてしまいました。

趙国太子嘉や李牧を慕うカイネらに救われますが彼らとともに粛清対象となり国を追われ、現在は司馬尚のいる青歌に身を置いています

 

スポンサーリンク

龐煖(ほうけん)

自らを“武神”と称しひたすら武の道を求める、人外の強さを持つ一騎当千の大男です。

かつて馬陽で秦軍を襲撃して秦六将・摎を殺害し、その直後激情に駆られた王騎に敗れ死亡したとされていました。

しかしその9年後、李牧の誘いに乗り、王騎を討つために同じ馬陽の地で趙軍総大将となって再び王騎と対峙し、李牧の策略の中で王騎を討ち因縁に終止符を打ちました。

ところが龐煖は王騎の見せた力に対して納得がいかず、その後も“答え”を求めて度々戦場に現れては壊滅的な被害を出します。

合従軍編で麃公を討ち取られたことから信と因縁ができ、最終的には朱海平原で信と一騎打ちの末に討ち取られました

つまり新三大天のひとりはすでに亡くなったということですね。

 

スポンサーリンク

【キングダム】新三大天の残るメンバー1人は誰?

新三大天の残る一席は決まっておらず、李牧配下の傅抵がその席を狙っていたり、同じく李牧下であった慶舎が「三大天の最後の席に一番近い」とされていたりしましたが、46巻にて最有力候補が登場しました。

それは司馬尚(しばしょう)です。

司馬尚は趙の将軍で青歌城城主であり、実はすでに李牧が三大天に推していました

が、中央を嫌う司馬尚は病と称して中央からの命令を全て無視しており、同じ理由で三大天も断っていたのです。

とはいえ青歌に侵攻してきた燕オルド軍2万をわずか5千で迎え撃つなど、三大天たる器は垣間見えています。

史実でも記載の少ない謎多き人物ですが、李牧と並ぶ名将と謳われ、李牧とともに王翦を阻んだと言いますから、作中でも今後正式に三大天として起つ可能性は高く、その活躍も描かれるでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙三大天と秦六将どちらが強い?

趙三大天と秦六将どちらが強いのか…それはファンの間でもたびたび論じられる問題ですが、多くがすでに故人のため作中であまり描写がないこともあり、明確な答えは出ていません

単純に見ると秦が6人に対し趙が3人なので三大天の方がひとりあたりの実力が高い気がしますし、実際に長平の戦いでは白起と王騎2人がかりで廉頗を攻略できずにいましたが、攻守の関係もあるので六将が弱いとは言い切れません

そして摎は龐煖に討たれ、王騎も李牧の策の中で龐煖に討たれていますが、しかし龐煖はかつて王騎に敗北していますし、2度目の対戦も不意の狙撃が無ければ王騎が勝っていた可能性が高いです。

他にも史実では趙奢が胡傷を破っていたり、六将の白起がこの時代最強だったとも言われていますが、結局それぞれがそれぞれの戦場で圧巻の実力を発揮していたからこそ歴史に大きく名を遺したわけで、やはり一概に勝敗はつけられないんですよね。

そうして互いにぶつかり合い鎬を削っていたからこその「完成された時代」だったのです。

そして王騎を出し抜いた李牧が王翦に出し抜かれたり、龐煖が五千人将の信に討ち取られたりと、新たな世代でも三大天vs六将は激しい戦いを見せています。

今後新三大天の最後のひとりの活躍を考えても、やはり最後の最後まで三大天と六将の対決からは目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

三大天は趙が誇る最強武将であり、秦六将と対を成す戦乱の英傑です。

そして作中では彼らの一世代後として新三大天と新六将の対決が始まっています。

『キングダム』においてこの三大天と六将の関係は最大の見どころ。

今後ますます重要な戦いが描かれていくと思うので、信の活躍とともに是非注目していってください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です