【キングダム】陽(よう)はかわいい?向(こう)を助ける陽の魅力とは?

スポンサーリンク

キングダムの中でも主人公の信や王騎将軍などの武将とは異なる側面で人気が高いキャラクターが陽ちゃんです。

秦の王都咸陽の中にある後宮で、宮女として仕えている陽ちゃんは、同じく宮女で秦王贏政の子を身籠った地味な向ちゃんと違って明るい可愛らしいキャラクターです。

とはいえ、ただ可愛いだけではなく、武家の娘だけあって、いざという時には敵に立ち向かうガッツもあります。

今回はそんな愛されキャラクターの陽ちゃんについて紹介します。

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽のプロフィール

陽ちゃんは、秦の王都咸陽の中にある後宮で、宮女として仕えています。

宮女とは後宮に住む女性すべてを指す言葉ですが、全員が王の妾というわけではなく、宮中で雑務などをこなす人も宮女になります。

陽ちゃんの親友である向ちゃんは、秦王贏政の子を身籠ったため妾となりますが、特に陽ちゃんが贏政との伽に呼ばれた描写はありません

普段は向ちゃんと一緒に宮中の掃除を行っているシーンがよく描かれており、基本的には雑務をこなしながら過ごしているようです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽の性格とは?

クッキリとした瞳で、頭の上で2つの輪っかを作り、その中に金指を刺した髪型の陽ちゃんは、常に明るく元気いっぱいといった性格です。

一緒にいる向ちゃんが優柔不断で地味な感じなのですが、反対に陽ちゃんは物怖じせず、正義感が強く、行動力も高いハキハキした印象があります

向ちゃんが大王様から3回も伽に呼ばれた時には、既に伽の意味を把握しており「どうだったの?」と興味深々で聞いており、可愛らしさ全開といった感じでしたが、その反面、もし大王との子を授かれば、権力争いなどで後宮から反発されることもしっかりと認識しており、向ちゃんのことを親身に相談に乗ってあげる良いお姉さんとしての側面もありました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽と向の関係性とは?

陽ちゃんと向ちゃんはほぼ同年代のように見えますが、若干陽ちゃんの方が上のようです。

陽ちゃんと向ちゃんは、後宮の話題になるとたいてい一緒にいるシーンが描かれており、本当に親友として仲が良い関係性が伺えます

優柔不断でおどおどして、どことなく頼りない印象の向ちゃんの相談に対しても親身に乗り、励まし支えるお姉さんのような立ち位置です。

贏政の加冠の儀を行っている際に、反乱軍によって咸陽が侵略された時には、向ちゃんを救うため身を呈して守るほど、信頼関係が厚い2人となります。

また、陽ちゃんは5歳の頃にたった一人の妹が病気によって亡くなってしまった過去があり、その過去もあって向ちゃんのことを自分の妹のように可愛がっていました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽と政の関係性とは?

陽ちゃんが贏政に呼ばれて伽に参加する描写は今のところありません

ただ、一度だけ陽ちゃんは贏政の寝室を訪れたことがあります。

それは、向ちゃんを救うためでした。

ある日偶然にも呂不韋と太后の密会を目撃してしまった向ちゃんは、その場で宦官によって胸を刺され重傷を負ってしまいます。

ただ、それでも呂不韋と太后の密会のことを贏政に伝えようと動きますが、出血多量でもあり途中で意識を失ってしまいます。

この向ちゃんを見つけた陽ちゃんは、すぐに医者を呼び治療にあたってもらいましたが、意識は戻らず危篤状態になってしまいます。

何とか向ちゃんの無事を祈る陽ちゃんでしたが、ここで伽を装い贏政に助けを求めました

その結果もあり、向ちゃんのもとに贏政直属の医者が治療にあたり、何とか命を取り戻します。

この時が陽ちゃんと贏政の対面シーンとなりますが、親友のピンチに後先考えずに贏政のもとに助けを求める行動力と、真っすぐな正義感に、可愛らしさだけではない陽ちゃんが愛される秘訣が垣間見えます

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽は向のピンチを度々救った?

陽ちゃんは度々向ちゃんのピンチを救います。

1つは先ほどの向ちゃんが胸を刺された時のことですが、もう1つは加冠の儀の時です。

これも先ほど少し触れましたが、贏政の加冠の儀を行っている際に、反乱軍によって咸陽が侵略されます。

反乱軍の狙いは贏政の子供にあり、無論向ちゃんの命も狙われることになります

咸陽の中を、人を殺しながら侵攻してくる反乱軍に対し、後宮内も宮女たちが逃げまどっていましたが、陽ちゃんと向ちゃん、そして贏政の子供である麗も内通者を避けながら後宮内を逃げます。

広い通路まで出てもう少しで逃げ切れると思われた時、騎馬に乗った敵が襲い掛かります。

ここで、陽ちゃんは向ちゃんと麗を逃がし、自分は盾になって時間を稼ごうとします

武器も持っておらず、襲い掛かる騎馬に体当たりをして転覆を狙おうと考えていましたが、宮女でありながら親友のために命をかけられる陽ちゃんには驚かされます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽が一目惚れした相手とは?

反乱軍による咸陽の攻撃の中で、迫りくる騎馬に体当たりして向ちゃんと麗を逃がす時間を稼ごうと考えていた陽ちゃんですが、ギリギリのタイミングで現れた信によって救われます。

信は「気合の入った宮女だな」「下がってろ 根性宮女」と伝え、騎馬の敵4人を一瞬で倒します。

このシーンで陽ちゃんは、「根性宮女」と言われた瞬間に少しだけ頬を赤らめます

ひょっとしたら信に一目惚れしたのかもしれません

 

スポンサーリンク

【キングダム】陽の名言集

陽ちゃんの名言といえば、先ほどの咸陽での向ちゃんを救った時の言葉が思い出されます。

向ちゃんと麗に対して、「向っ 何があっても麗を守ると言っただろ 后としての 母親としての責任を全うしろ」と自分の身を呈して助けたシーンと、「天よ どうか あの二人の命だけはお守りください」として盾になったシーンです。

それまでの可愛い陽ちゃんから、真っすぐな正義感と親友思いの優しさが伺える感動的なシーンです。

 

スポンサーリンク

【キングダム】アニメ陽の声優は誰?

アニメ版のキングダムでは、陽ちゃんの声優は第一期から第二期と第三期で別となり2人います

第一期から第二期で陽ちゃんの声をつとめたのは中塚智実さんです。

元AKB48のメンバーでもあり、声優以外でもドラマや映画、バラエティでも活躍しています。

第三期での陽ちゃん役は、声優の井上遥乃さんです。

まだ声優としては若手のようですが、今後の活躍が期待されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、武将キャラクターではなく宮女として王宮を支えている陽ちゃんについて紹介しました。

同じく宮女で、且つ贏政の子を身籠った向ちゃんとともに、明るく元気なキャラクターで、キングダムの中では心が和むシーンを演出してくれています

可愛いだけではなく、ガッツもある陽ちゃんは、今後も王宮内で意外な活躍をするかもしれません。また、信との恋路模様についても楽しみにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です