【キングダム】雷土は実在した?雷土と桓騎の関係性とは!?

スポンサーリンク

キングダムの中で一番謎が多く、且つ魅力的なキャラクターといえば秦国の桓騎でしょう。

圧倒的な戦術眼とカリスマ性を兼ね備えた桓騎は、その残忍性も相まって人気が高いキャラクターです。

そんな桓騎軍の中で桓騎に次ぐ実力を誇るといわれているのが雷土です。

武力だけでなく桓騎に負けず劣らずの戦術眼も持ち合わせた雷土について今回は紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土のプロフィール

雷土は桓騎軍の中ではNo.2的な存在です。

元野盗で癖の強い武将が集まる中でNo.2ということは、それだけ武力も知力もあり、桓騎に認められているとも言えます。

恰幅が良く左目の周りに円を描いたようなタトゥーがあるのが特徴です。

No.2だけあって態度はでかく、摩論や黒桜など他の幹部と比べても偉そうな印象すらあります。

飛信隊の信と初対面したのは趙の黒羊丘の戦いの時でした。

信が桓騎に対して反射的に攻撃を仕掛けようとした際に、「オイ!!」と釘を刺したのが雷土でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土の性格とは?

雷土の性格は、とにかく気性が荒く言葉遣いも荒いのが特徴です。

先ほどの黒羊丘の戦いの中で、飛信隊と桓騎軍が揉めるシーンがあり、桓騎の作戦に納得がいかない信は桓騎に詰め寄ろうとしましたが、その前に雷土によって殴られます。

さらに雷土は「だったらどうしたバカが」と言いながらそのまま信と殴り合いの喧嘩にまで発展します。

ちなみにこの際には、最後に雷土は信に吹っ飛ばされてしまいますが、桓騎に立てつく信のことは信用しておらず、そもそも絶対的に桓騎を信用したボディーガードのような立ち位置が多く描かれています。

また、雷土はその巨体から筋肉だけのようなイメージも強く持たれますが、意外と知力もあり、冷静に物事を考えられる一面も持ち合わせています

黒羊丘の戦いの序盤には、趙の慶舎や紀彗の策によって桓騎軍は大きく後手に回ってしまいます。

その際に雷土は、桓騎と共に敵の読みすらも瞬間的に察するようなことがありました。

そもそも桓騎は、相手だけでなく味方をも欺く奇抜な作戦を練ることも多いため、その内容を把握しつつ戦うには強いだけでなく賢くなければなりません。

そのため雷土も桓騎とともに戦っていく内に戦術に関しても身についていったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土の強さとは?

では雷土の強さはどれくらいなのでしょうか?

雷土の強さの基準として大きなヒントになるのは、飛信隊の尾平が桓騎軍の下っ端から聞いた情報です。

黒羊丘の戦いの中で、飛信隊と桓騎軍は先述の浸透を図るため一部隊の入れ替えを行いました。

その際に桓騎軍に呼ばれたのが尾平です。その中で尾平は桓騎軍の下っ端から雷土の強さについて、「メチャ強い」、そして「桓騎も仲間に取り込むのに苦労した」とのことでした。

桓騎が仲間にするのに苦労したというだけで、雷土の強さが伺えます

ちなみに、下っ端の話では「ゼノウはもっとヤバい」とのことです。

このヤバいという表現は、単純に武力だけとは限りませんが、桓騎軍の中ではゼノウが最強で、雷土は2番目の強さがあるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土は実在した?

雷土は史実に登場したかというと、残念ながら登場してはいません。

桓騎は史実に登場していますが、桓騎軍は元野盗で構成されているため、摩論や黒桜、ゼノウ同様に実在したかもしれませんが、史実には登場しないオリジナルのキャラクターとなります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】平陽の戦いでの活躍

キングダムの中で、秦は王翦を中心に趙の鄴と橑陽、列尾を奪ったものの趙は完全には落ちず、秦国との前線に大防衛布陣をしいていました。

その中で、再度王翦と桓騎、楊端和を中心に趙の防衛布陣を迎え撃ちに出ましたが、この時に活躍したのが桓騎軍です。

桓騎は趙の平陽において扈輒率いる趙の10万の軍勢に対して撃破する偉業を成し遂げます

現在進んでいるキングダムの中ではまだその結果までは描かれていませんが、史実によると桓騎はこの平陽の戦いで10万の趙軍の首を全て斬り落とし、首切り桓騎の異名を得ます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土は死亡した?

平陽の戦いは、桓騎軍8万対扈輒軍24万と3倍近い兵力差がある中での戦いとなりました。

その中で、桓騎が取った策は、ある種仲間ですら見殺しにしつつも本陣を落とすというものでした。

この戦火の中にいた雷土は扈輒軍に捕らえられてしまいます

桓騎の策を見いだせなかった扈輒は、雷土から聞き出そうと拷問攻めを行いますが、最後まで雷土は口を割ることはありませんでした

その代わり、雷土は拷問の結果身体を切り刻まれ、箱の中で無残な姿で最期を迎えてしまいます

 

スポンサーリンク

【キングダム】雷土と桓騎の関係性とは?

雷土は桓騎のことを絶対的に信頼している旨は先ほどもふれましたが、桓騎も雷土のことを信頼していました

平陽の戦いにおいて、桓騎の作戦は幹部であっても誰にも知られずに行われ、参謀の摩論であっても戦いの終盤で桓騎に聞かされたようです。

その作戦を桓騎は雷土には伝えていました

このことからも信頼度の高さが伺えます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】アニメ雷土役の声優は誰?

アニメ版のキングダムで雷土の声を担当しているのは、声優の小松史法さんです。

元々は着物屋さんを営んでおり、声優としてオフィスPAC、アクロス エンタテインメントに所属していましたが、現在はフリーで活動しています。

「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」「テイルズ オブ ジ アビス」「ダンボール戦機」「バトルスピリッツ ソードアイズ」「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」などに出演しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は桓騎軍でNo.2の実力者でもある雷土について紹介しました。

武力だけでなく知力も高く、摩論とはまた違った側面で桓騎を支える重要なキャラクターでもありましたが、平陽の戦いで残念ながら死亡してしまいます。

この結果を受けて桓騎がどう感じるのか、首切り桓騎の異名が生まれた伝説の10万人斬りは、雷土への手向けなのでしょうか?

以前にも蒙毅将軍が亡くなった際に、元部下でもある桓騎は「白老へのたむけだ」として捕虜した兵を殺害していましたが、今回はそれ以上の惨劇が起こる可能性が高いでしょう。

今後の桓騎の行動に注目していきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA