【キングダム】頼りになる録鳴未軍!著雍編で安定した強さを誇った録鳴未軍の活躍ぶりを大紹介!!

スポンサーリンク

キングダム屈指の人気キャラクター録鳴未は著雍編でも大活躍!

与えられた役割をしっかり務め上げており、少ない描写ながらも実力の高さが窺えました。

そこで本記事では著雍編における録鳴未を徹底解説!

魏火龍七師の登場により苦戦する秦軍の中で、安定した強さを見せた録鳴未軍の活躍をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編のあらすじ

キングダム/©原泰久

紀元前239年、秦は中華進出の妨げとなっていた魏の著雍奪取を目指し、騰を大将として一帯に侵攻を開始。

攻め入る騰軍に対し、魏は第一将・呉鳳明を大将として派遣しました。

呉鳳明の参入により騰は玉鳳隊・飛信隊を援軍として召喚。

そして王賁の発案した録鳴未軍・玉鳳隊・飛信隊を主攻とした作戦で著雍攻略に臨むことになりました

しかし呉鳳明はかつて六大将軍・三大天らと渡り合っていた魏の英傑・魏火龍七師を援軍に呼び寄せており、著雍は想定以上の激しい全面対決となっていくのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編は何巻?

キングダム/©原泰久

著雍編は35~37巻で描かれています

成蟜の乱(王弟謀反編)の後から始まり国動乱編へと続いていくエピソード。

録鳴未軍の登場としては合従軍編以来でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編での録鳴未軍の役割とは?

キングダム/©原泰久

著雍編での録鳴未軍の役割は主攻

と言っても主攻は録鳴未軍だけではなく玉鳳隊と飛信隊も主攻。

著雍編での秦軍は、呉鳳明の作り上げた隙の無い布陣に対抗するため、3つの主攻がそれぞれ目前の敵を撃破しながら同日同時刻に魏軍本陣に突入するという作戦で攻略することになったのです。

そのため主攻の1つとなった録鳴未軍は、何があっても期日の三日後正午に必ず魏軍本陣に突入しなければなりませんでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】録鳴未は王賁の策に納得していなかった?

キングダム/©原泰久

今回の作戦は王賁の発案。

初め騰軍は騰と隆国をもってしても策に窮していたため、著雍の北、趙との国境・拡陽に陣取っている王翦軍も援軍として呼ぶつもりでいました。

ところが王賁がこれを拒んだのです。

それは拡陽が趙にとっての要所であり、王翦軍が離れれば趙の動きによって著雍の獲得まで危うくなってくる可能性があるからでした。

とは言え中華進出の蓋となっている著雍の獲得が今の秦の最優先。

苦肉の策とはいえ確実に著雍を取るための王翦軍への援軍要請であり、それを覆されたことで録鳴未は声を荒げて腹を立てました。

しかし王賁の案は魏軍の僅かな弱点を突く唯一無二の策として皆納得し、決行に至りました

ただし録鳴未は作戦開始時に至っても「あのガキ」とやはり不満げな様子。

それは王賁の態度が偉そうだったからという理由もありますが、実は録鳴未が王賁の策に納得していなかった理由には、騰に対するある配慮がありました

 

スポンサーリンク

【キングダム】録鳴未と騰の関係性とは?

キングダム/©原泰久

録鳴未は騰軍傘下の将軍

以前は王騎軍の第一軍長であり、王騎軍副将だった騰とは長い付き合いです。

戦歴も立場も騰の方が上ですが、録鳴未は騰を呼び捨てにし、騰は事あるごとに録鳴未をいじるなど仲が良く、それだけ深い信頼関係にあります

だからこそ録鳴未は、王賁の策ではなく“騰の”戦いにするべきだったのではと感じていたのです。

著雍の戦いは、合従軍で頭角を現した呉鳳明と騰の戦いとして中華全土の傑物たちが注目するものとなっていました。

そういった場だからこそ余計に“まだ見せきっていない”騰の力を示すべきだと録鳴未。

騰の本当の実力を知っているからこそ、それを誇りに感じているからこそ中華に知らしめてやりたいという録鳴未の熱い想いが見えたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】録鳴未軍の強さとは?

キングダム/©原泰久

録鳴未は王騎軍において最強と言われた第一軍長。

その実力は騰軍傘下となっても健在で、切り込み隊長のような存在として凄まじい突破力で戦場を切り拓いていきます

もちろん録鳴未は軍の先頭に立つタイプの将で、自ら矛をふるうことで部下を鼓舞。

合従軍戦でも敵陣を切り裂く突破力、楚の臨武君と打ち合える武力、その死闘の中でも白麗の矢を避ける鋭さ、未知の戦象隊にも怯まない対応力といった戦闘能力の高さが見られました。

そんな録鳴未と一緒に駆けていく部下たちも相当な強者揃いだということが窺えます。

高い攻撃力を誇る録鳴未軍は騰軍の主力部隊

著雍編は描写こそ少なかったものの、録鳴未軍の凄さが感じられる戦いとなりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編での活躍

キングダム/©原泰久

著雍編で録鳴未軍は西側の本陣(騰軍)の隣に配置。

主攻として「三日目の正午」の魏軍本陣到達を目指し出陣します。

しかし録鳴未軍は二日目が終わっても敵前線を越えていませんでした。

ただしこれは、日にちごとに計算して戦うことが性に合わないから

録鳴未は進軍先に魏火龍七師がいないこともあり一気に魏軍本陣まで突破する予定で、初日・二日目は霊凰軍に攻めこまれている騰軍の脇を守っていたのです。

自軍の実力に自信を持っているからこそ出来る悠然とした戦い方ですね。

「俺の軍は走り出せば止まることはない」「明日きっちり攻め入ってやる」

騰に伝えたその宣言通り、録鳴未軍は三日目の昼に本陣に到達。

つまりたった半日で魏軍防陣を突破してみせたのでした。

そして録鳴未軍は玉鳳隊と共に、最後に現れた飛信隊が本陣を突くための潰れ役となり魏軍を翻弄しました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】著雍編の結末

キングダム/©原泰久

録鳴未軍・玉鳳隊・飛信隊の同時突破が成功し、魏軍本陣は陥落。

魏火龍七師の紫伯・霊凰が討たれたこともあって呉鳳明が撤退を決断し、著雍の戦いは秦軍勝利に終わります

著雍を獲得した秦は、昌平君の指示によりすぐに著雍の要塞化を開始

これには録鳴未も口を開けて驚きました。

著雍の要塞化はつまり魏国の弱体化を企てるもの、ひいては国を滅ぼし中華に出るという秦の意志を示すものだからです。

かくして著雍の戦いの勝利は秦の中華統一への大きな前進となり、中華にとっても戦国七雄崩壊の幕を感じさせる衝撃的な結末となったのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム/©原泰久

著雍編での録鳴未軍は主攻として活躍。

半日で魏軍本陣に辿り着くという凄まじい突破力を見せました。

相手に魏火龍七師がいなかったとはいえ、命がけの苦戦を強いられた飛信隊・玉鳳隊と比べるとさすがとしか言えません

合従軍で強さを知れていたからこそ安定した強さを感じることができますし、三日目で動き出した姿は本当にかっこいい!

さらりと見えた録鳴未の騰に対する感情も深いものがあります。

著雍編は描写が少ないながらも録鳴未の魅力や録鳴未軍の凄さが感じられるエピソードなので、是非録鳴未軍にも注目してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA