【キングダム】馮忌(ふうき)将軍との一騎打ちで信が急成長!飛信隊はここから生まれた?馮忌将軍の強さとは?

スポンサーリンク

怪鳥王騎の復帰戦となった「馬陽の戦い

信率いる百人隊も参戦していました。

信の運命を大きく動かした、趙将馮忌との戦いを振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】軍師なみの頭脳を誇る 馮忌(ふうき)

馮忌は趙が誇る将軍の一人でした。

将軍と聞くと武力のイメージが強いとは思いますが、馮忌は知力型の将軍です。

将はそれぞれ得意な戦いの「間合い」持っています。

馮忌の間合いは戦場全体を包み込む程で、まさしく軍師さながらの間合いを持っているのです。

馮忌は戦局分析に長けた武将で、戦が佳境になればなるほどその能力は、敵にとって非常に厄介なものになるのです。

確かに戦の終盤に、全体を見渡す事の出来る武将が相手にいるのは、かなり厄介ですね。

更に馮忌はいかに無駄を省き効率よく敵を葬るか・・・という美学を持った軍略家だったのです。

戦場全体を間合いに持つ軍略家は、敵に近距離に迫られると弱くなると言われていますが、馮忌は敵に身近に迫られた事がありませんでした。

それ程鮮やかに効率よく敵を葬ってきたのでしょう。

趙が誇る、軍師並みの知力をもつ将軍、それが馮忌なのです!

 

スポンサーリンク

【キングダム】馮忌は秦趙攻防戦で登場

キングダム馮忌

秦が誇る元六大将軍の一人、怪鳥王騎将軍。

その王騎の復帰戦であった「馬陽の戦い」。

秦が韓に侵攻している最中に、趙が秦に攻め込んできたものでした。

馬陽の戦いは、王騎や後に秦の最大の敵となる李牧や龐煖が初登場した戦いです。

そんな錚々たる武将が一堂に会した戦いに、馮忌も初登場しました。

王騎はまずは馮忌を打ち取る作戦を立てます。

何故に序盤で馮忌を打ち取りたかったのでしょう?

馮忌は戦局分析に長けており、王騎からしてもやはり危険で有能な将だったのです。

後々に必ず脅威になると思い、序盤で討ち取りにきたのです!

 

スポンサーリンク

【キングダム】王騎が直々に飛信隊へ命令

キングダム馮忌

王騎は馮忌のいる趙右軍二万に、秦左軍一万を突撃させます。

戦い地は大した地の利もない上に戦力差が一万・・・

しかも相手は戦上手である馮忌・・・

王騎の作戦とは?

王騎は信にある任務を授けます。

その任務はこの戦いを左右しかねない程大事な任務でした。

なんと信率いる百人隊に敵将 馮忌を討ち取るよう命令したのです!

大軍対大軍の戦いの中、たった百人で敵将を討ち取る事など不可能でした。

しかし信は「不可能じゃねぇ!」と言い放ち、この任務を受けるのです!

成長している信に王騎は一つ褒美を与えます。

信率いる百人隊に名前を与えたのです。

飛信隊

後に中華にその名を知らしめ、暴れまわる事になる「飛信隊」が誕生した瞬間でした!

 

スポンサーリンク

【キングダム】馮忌を狙う飛信隊が考えた作戦とは?

キングダム馮忌

秦左軍は王騎将軍からの激もあり、士気が爆発的に上がり思いのほか善戦します。

ですがこの善戦は敵将である馮忌の策略によるものだったのです。

秦左軍は完全に馮忌の策略にハマってしまい、馮忌の狩場に誘い込まれていたのです。

その事に気づいた千人将の壁でしたが、時既に遅すぎました。

狩場に誘い込まれた秦軍はズタズタに蹂躙されてしまいます

その間飛信隊は、戦場の端にある茂みの陰から馮忌本陣の真横を目指します。

茂みには敵の見張りがいる為、身を低くし物音を立てないように移動します。

そしてついに飛信隊は小隊の利を活かし、馮忌本陣の真横に到着するのです!

あとは相手の「虚」をつき突撃するのみ!

飛信隊は隊としての初陣で、一世一代の大奇襲を仕掛けるのです!

 

スポンサーリンク

【キングダム】王騎が仕掛けた旗に翻弄される馮忌

キングダム馮忌干央

馮忌は目の前の秦左軍に集中しており、飛信隊の存在に気づいていませんでした

完全に虚をついた飛信隊は、馮忌守備第二陣まで突破します。

そこでようやく馮忌は飛信隊の存在に気づき、王騎の狙いが自分の首だと知ります

馮忌本陣に迫る飛信隊でしたが、守備陣に固められ消耗戦になってしまいます。

消耗戦では少数の飛信隊には分が悪く、飛信隊は小隊を更に二手に分ける苦渋の決断をするのです。

二手に分かれた策が見事にハマり、信率いる精鋭部隊30人はどさくさに紛れて馮忌本陣に到着します

遂に飛信隊は馮忌を眼前に捉えるのです!

長距離戦が得意な馮忌は、逆に近距離戦は苦手としていました。

30人とはいえ勢いにのった飛信隊を、馮忌親衛隊は討ち取る事が出来ませんでした。

親衛隊をも抜いた飛信隊でしたが、馮忌はなんと後退したのです!

たった30人の飛信隊相手に正面からのぶつかり合いを避け、飛信隊との距離を作り、再び自分に有利な距離を作ろうとしたのです。

その判断をした馮忌はさすがでした。

後退により追い詰められたのは飛信隊になってしまいました

距離を作り再び消耗戦に持ち込もうとした馮忌でしたが、ここで飛信隊にも追い風が吹きます!

なんとズタズタに蹂躙されていた秦左軍が、趙の防衛陣を抜けて来たのです!

しかも抜けてきたのは、王騎軍軍長の一人である干央率いる騎馬隊でした。

なんとも頼りになる将が来てくれました!

更には歩兵を率いていた壁が200人の歩兵を引き連れて登場したのです!

完全に乱戦になってしまいましたが、これこそが少数の飛信隊にとって絶好のチャンスだったのです!

しかし馮忌は更に後退してしまい、森の中に逃げ込もうとします。

森に逃げられては、討ち取る事が難しくなってきてしまいます。

焦る飛信隊。

その時でした!

なんと森の中から大量の秦軍の旗が掲げられたのです!

森に逃げ込もうとする馮忌でしたが、大軍にも思える秦旗に驚愕するのです!

 

スポンサーリンク

【キングダム】追い詰められた馮忌の結末は?

キングダム馮忌最期

大量の秦旗に一瞬たじろいだ馮忌でしたが、大軍が回り込めるはずがないと見破ります。

そうです。

旗を掲げていたのは大軍などではなく、50人程の小隊だったのです。

馮忌が後退する事を予想していたかの如く、王騎は予め仕込んでいたのです。

後退を続けるよう指示を出す馮忌。

しかし馮忌軍の足が止まったその僅かなスキを見逃さなかった者がいたのです!

干央が口を開きます。

貴様の命運は尽きた

殿の飛矢が届くぞ

信でした!

信が空高く飛び、馮忌の頭上にいたのです!

そして馮忌を一刀両断

2万を率いていた趙の将軍を、たかが百将である信が討ち取ったのです!

信はとんでもない快挙を成し遂げ、武功を手にしたのでした。

干央が今一度口を開きます。

今度は一帯に聞こえる程の大声で叫ぶのです!

趙将 馮忌の首!飛信隊 信が討ち取ったぞぉ!!

 

スポンサーリンク

【キングダム】知力は優れているが馮忌に武力はない?

キングダム馮忌最期

馮忌は趙の将軍で大軍を率いる程の実力者ではありましたが、結局一度も武器を手にしませんでした。

馮忌は王騎や李牧や昌平君のように武力も持ち合わせているタイプではなく、秦の元六大将軍の一人である胡傷や、未だ未知数ながら王翦のように軍略の才能だけで将軍まで上り詰めたのかもしれません。

完全に知力特化型で武力は一切なかったのでしょう。

ですがその頭脳は王騎も認める程でした。

なので王騎は多大な犠牲が出る策だと分かっていながらも、馮忌を序盤で討ち取っておきたかったのです。

もしも馮忌が王騎や昌平君のように、武力も持ち合わせていたのなら信の攻撃も防げていたのかもしれませんね。

2万の馮忌軍に1万を突撃させた王騎。

秦軍の突撃に対応する為、両翼を上げた馮忌。

この時点で勝敗は決まっていたのです。

王騎は馮忌に両翼を上げさせる為に1万もの兵を突撃させたのです。

両翼が上がれば馮忌本陣は手薄になります。

手薄になった馮忌本陣に、飛信隊の横撃

知も武も持ち合わせた王騎対知に特化した馮忌の戦いは、犠牲になった兵の数とは裏腹に、王騎の圧勝で終わるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

キングダム馮忌

馮忌は優れた才能を持っていましたが、結局は王騎の手のひらで踊らされてしまっていました

そして信の引き立て役にされてしまった感がありましたね。

しかしながら、決して馮忌が弱かったわけではありません。

王騎が強すぎました!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です