【キングダム】麗(れい)は物語のキーマン!?美人に育つこと間違いなし!麗が誕生した経緯とは?

スポンサーリンク

秦国王・嬴政と宮女である向との間に生まれた麗

登場する度に可愛らしく育っている麗、将来美人に育つことは間違いないでしょう。

嬴政と向の間に麗が誕生した経緯とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、嬴政と向の子である麗についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

【キングダム】嬴政と向の間に生まれた麗

麗は秦国王である嬴政と、宮女である向の間に生まれました

向は田舎の貧しい商人の家に生まれた娘で、信国の後宮に使えています。

後宮に使えている女性には国王の夜の相手をする「伽」という役割が与えられており、相手をした宮女には子どもを産むことが期待されていました。

後宮に使える女性は千人以上も居るため、国王の伽の相手をすることすら難しい環境ではありましたが、向はその中で嬴政の伽の相手をする宮女の一人となります

 

スポンサーリンク

【キングダム】嬴政と向の馴れ初めは?

嬴政と向は、宮女が国王の寝室を訪れて夜の相手を務める夜伽で出会います

最初の頃は何度も夜伽に呼ばれつつ、一向に手を出してくる気配のない嬴政に対してなぜ自分が相手として呼ばれるのか向は分かりませんでした。

嬴政の態度を不安に思う向でしたが、ある日嬴政から「隣に居るとなぜか心地良く書が読める」と伝えられます。

夜伽で向は、幼少の頃の嬴政を救った女性・紫夏の話しも聞くことになります。

二人で心地の良い時間を過ごし、話をすることで次第に信頼関係を築いていったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】麗は史実では実在しない?

史実における記録において、麗は実在していません

キングダムには史実で実在する人物の性別を変えて登場させる、といった一部オリジナル要素を加えたキャラクターも居るため、麗も史実に実在する人物の誰かではないのか?といった意見もありましたが、おそらくキングダムの完全オリジナルキャラクターでしょう。

また、嬴政の妻としての名前は史実において誰一人として残っていないため、麗の母親である向もまたキングダムのオリジナルキャラクターです。

名前こそ記録として残っていませんが、嬴政(始皇帝)には20人以上の子どもがいたことが記されています。

麗はその中の一人として、オリジナルストーリーが描かれていくのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】嬴政の子供は麗だけではない?

史実における記録では嬴政には二十人以上の子どもがいたとされています。

また、名前も記録されているのはその中でも扶蘇・胡亥をはじめとする数人です。

キングダムで描かれている嬴政の子どもは麗だけですが、向が麗を身ごもった際、実は他の宮女が向より先に嬴政の子どもを身ごもっていたという記述がされています

名前も顔も明らかになっていませんが、今後ストーリーが進むにつれて登場する可能性は高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】史実で登場する扶蘇と胡亥とは?

始皇帝(嬴政)の子どもとして、特に有名な名前として挙げられるのが扶蘇と胡亥です。

扶蘇は二十人以上いたとされる始皇帝の長男として生まれ、仁愛のある人格と聡明さを持ち、始皇帝からも自らの後継者として目されていたとされています。

しかし、始皇帝の死後、宦官趙高・丞相李斯の謀略により遺書を書き換えられ、自決することとなります。

一方、胡亥は嬴政の末っ子として生まれ、始皇帝の寵愛を受けて育ちました。

始皇帝の死後、宦官の趙高と丞相である李斯が結託して始皇帝の遺言書を書き換え、長男である扶蘇を自決させ末っ子である胡亥を後継者として擁立するのです。

胡亥が二世皇帝として即位した後、法罰至上主義や度重なる土木工事によって反乱が起こりわずか四年で秦国を滅亡させてしまうこととなります。

扶蘇も胡亥も、キングダムではまだ名前すら登場していません。

二人とも秦国の中華統一後には欠かせない人物であるため、中華統一後の世界がキングダムで描かれるとすれば今後登場する可能性は高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】子供の麗が描かれたのは何巻?

単行本24巻で向が嬴政の子を身ごもったことが発覚します

向が出産し、麗の初登場シーンとなるのが34巻です。

向が身ごもったときには昭文君をはじめとする家臣たちが涙を流して喜び、当事者である嬴政が照れ臭そうにしているシーンが描かれたほか、麗が生まれたことは咸陽の外にいる信たちにも伝わり、麗の誕生を喜ぶシーンが描かれていました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】麗と会った信の反応は?

毐国による反乱で咸陽が攻められ国王の娘である麗が命を狙われる中、信が間一髪のところで救いに現れます

これが、麗と信が初めて顔を合わせる場面です。

「怖かったか?」と言う信に、「全然」とでも言うように首を振る麗。

そんな麗に、「顔だけじゃなく気の強さもあいつ(嬴政)似みたいだな」と信は笑います。

そんな麗を抱き上げ、信は「お前の父ちゃんの一番の友達の信だ」と伝えるのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中華統一後は麗が活躍する?

麗は史実において実在した記録はなく、キングダムのオリジナルキャラクターです。

扶蘇・胡亥などの名は嬴政の子どもとして史実の記録に残っているものの、まだキングダムでは登場シーンがなく、嬴政の子どもとして描かれているのは史実に実在しない麗だけです。

オリジナルキャラクターであることから史実通りに描かなくても良い分、中華統一後成長した麗が活躍するといったオリジナルストーリーが描かれる可能性もあると言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

麗は秦国王・嬴政と後宮の宮女である向との間に生まれた子どもです。

嬴政は他にもう一人、別の宮女との間に子供を身ごもっていたという記述はあるものの、嬴政の子どもとして登場しているのは現時点で麗だけです。

麗はキングダムの完全オリジナルキャラクターである可能性が高く、今後の登場や活躍もオリジナルで描かれるでしょう。

今後の麗の登場、活躍が楽しみです。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒もう一人の主人公嬴政(えいせい)!信と知り合ったきっかけは?嬴・・

⇒向はまるで少女漫画の主人公!?いつも一生懸命な宮女!向と政・・

⇒翡翠(ひすい)から信に猛烈アプローチ!信は無自覚だからタチが・・

⇒数少ない恋愛事情まとめ!カップル成立したのはだれ?気になる信・・

⇒ヒロインは1人じゃない!女性登場人物の中で押さえておくべき10・・

⇒キングダム登場人物一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です