【ダイの大冒険】勇者アバンの宿敵魔王ハドラー!成長したハドラーの変遷とは?ポップを救っていた?

スポンサーリンク

実力はあるが、ついつい油断や隙を見せてしまい実力を発揮できない魔王っぽくない魔王ハドラー

今回はそんな魔王ハドラーを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】魔王ハドラーと勇者アバン

15年前魔王として地上を征服しようとしたハドラーは、地底魔城奥深くで勇者アバンにアバンストラッシュと無刀陣の弐段構えによって倒されるが、大魔王バーンの超魔力によって救われます

そして地下へともぐり力を蓄え、魔軍司令ハドラーとしてアバンやその弟子たちと激闘を繰り広げます。

デルムリン島でアバンと対決します。

アバンの自己犠牲呪文で重傷を負い、ダイのアバンストラッシュを受けて撤退します

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】小物感漂う魔軍指令ハドラー

ハドラーは自分の力を過信したり、臆病だったり小物感漂っています

竜の騎士であるバランの存在が自分の地位を脅かすと思い、ダイが竜の騎士であることを隠します。

バルジ塔の闘いでは、実力が自分より下のポップにベギラマの打ち合いに敗北し、最後はベギラゴンでハドラーは勝利します。

大魔導士マトロフとの戦いでは、ベギラゴンの打ち合いで押し負けています。

メンタルの弱さがハドラー本来の実力が出ない原因となっています

それも読んでいる側からしたらとても面白かったですが、その後超魔生物になったハドラーはメンタルの弱さが無くなって凄まじい力を発揮してダイとバランの二人と激闘を繰り広げます

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】超魔生物化で退路を断つ

今の地位を守るためにザボエラとともにダイたちを奇襲しますが、返り討ちに遭います。

方法を選んでいられなくなったハドラーは自らを超魔生物化するようザボエラに命じます。

そして実験は成功して寿命わずかとなったハドラーは本当の戦士になりました

ハドラーは今までの自分を反省して、メンタルの弱さが改善されて風貌や雰囲気も変わり、竜の騎士とも並ぶほどの力を発揮します

反省して強くなるなんて人間みたいでいくら残酷でもハドラーは嫌いになれませんね。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】バラン・ダイ戦での横槍

ダイとバランの二人とバーンパレスにて戦います。

自身の体に黒のコアが埋め込まれていることを知らないハドラーは全力で戦い、逆にバランたちは気にして苦戦を強いられる。

竜魔人になったバランと戦いコアの存在を知り、バーンへ怒りを向けます。

その後、力を解放したミストバーンによって黒のコアが爆発し、ハドラーは生命維持装置がなくなったためもう長くは生きられないと知ります

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】己の矜持をかけた最後の戦い

ダイたちと戦い魔法力が減少しているバーン。

自力で死の淵から生還したことで力を増したハドラーは大魔王バーンを圧倒します

しかし、ザボエラの邪魔が入り状況は悪くなります。

回復呪文すら受け付けずにそのまま朽ち果てるだけの「魔獣の身体」となり最後の相手としてライバルのダイを選びます

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】魔王の最期と宿敵との再会

ハドラーはライバルのダイを最後の戦いの相手として選びます。

そしてバーンパレスでダイ達VSハドラー、新鋭騎士団が始まります。

ダイの新必殺技アバンストラッシュXの前に倒れますが、すぐに復活します

生命の剣を切り札に最後の攻撃を挑むもギガストラッシュによってハドラーは完全に敗北します

直後キルバーンの罠によって窮地においやられたダイたちを助け、キルバーンも退けます。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】成長と共に変化した部下の姿

超魔生物となったハドラーは、バーンによって与えられたオリハルコン製のチェスの駒から禁呪法によってハドラー親鋭騎士団を生み出します。

凄まじい力を持つ親鋭騎士団は、フレイザードとは違い、油断を見せず、さらに正々堂々と戦うボーンもいてハドラーの成長が感じられます

さらにハドラーのためなら死んでもいいと親鋭騎士団は思っているだけでなく、ハドラーの武人としての生き様すら尊敬しています

ザボエラなどの今までの部下とは違い、絆が見えますね。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】ハドラーの名言

ダイとの最後の戦いでの名言

大魔王のために戦う気など最早なれぬ!だからといって大たちの味方に付くこともできぬ!俺は奴らの最も大切なものを奪ってしまった男なのだからな!俺が取るべき道はひとつしかない!俺の心を最も沸かせてくれる者と戦い、自らの生きた証を見せる事だ!その相手は大魔王ではないはずだ!

 

超魔生物になる際のハドラー。

やつら「アバンの使徒に勝てるのならそれでもいい!!そうするだけの価値がある敵なのだと、俺は今更ながら気づいたのだ!!地位も名誉も生命さえもはや俺には不要!

たとえこの身を失おうともやつらに一矢をむくいねば。。

死んでも死に切れん!!

 

スポンサーリンク

まとめ

最初は小物の魔王でしたが、ダイたちと戦うごとに成長していくハドラーは人間みたいで、魔王軍側の主人公だと感じますね。

最後のポップがハドラーに「最後の瞬間アンタはまぎれもねえ仲間だったぜ、俺たちのな!」と言ったときは涙が出ました。

最終的に最高にカッコよい最後を見せたハドラー。

皆さんもハドラーを好きになってくれたことでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です